☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09
27
(Sun)

「中庭の出来事」 


恩田 陸
Amazonランキング:46869位
Amazonおすすめ度:



 これは難しい話でした。小説を読むときは、いくら謎があったとしても、出てくる登場人物なり話の筋などをしっかり追いながら読めるものですが、ふわふわと何が起こっているのか、誰なのか、どこに行き着く話なのかがつかめないまま読まなくてはいけない不思議さがありました。入れ子の箱をどんどん重ねたり、また開けて散らかして・・・を繰り返しているような印象です。

 話は「中庭にて」という章と、「旅人たち」という章と、『中庭の出来事』という台本の3つのが入れ替わりに現れます。簡単に説明すると、この「中庭の出来事」という小説の中の「現実」の中に『中庭の出来事』という劇中劇があり、その中に『告白』という劇中劇中劇があるという形になっています。
 女優が脚本家を殺す事件、女優の目の前で女優がなくなる事件、脚本家が自宅で死亡していた事件、オフィスビルの中庭で若い女性が心臓麻痺で亡くなった事件・・・。たくさんの事件が、「現実」「中庭の出来事」「告白」のなかに現れ、どれがどの事件なのか、こんがらがってしまいます。
 
 これが、なんの説明もなく始まるためなにが起こっているのかわからない。何度も繰り返し現れるキーワードや話(とれたボタン、紅茶のスプーン、ビルの間で突然死した若い女性など)に惑わされ、次第にでてくる登場人物の「名前」にしがみついて・・・。その上で、劇中劇中劇・・・という構造が分かってくるのです。しかし、分かったとたん、手からするっと逃げて、わからなくなるような難しさがあります。だから詳しいことはかけないです。

ラストに、あぁ、これらは劇だったのだ、こちらの人々が「現実」だったのだと納得しそうになるのに、彼らもまた劇の中に閉じ込められてしまう。劇というもの、「見られる」ということをつきつめた結果できた、非常に難しく、凄い作品です。時間を置いて、もう一度読んでみたいと思います。
スポンサーサイト
2009.09
20
(Sun)

「赤い指」 


東野 圭吾
Amazonランキング:51位
Amazonおすすめ度:



 東野圭吾さんの作品にも「刑事もの」があったんですね。この「赤い指」で7作目になるようです。機能していない家族から生み出された事件という、最近よく起こっているように見える犯罪を反映した作品になっています。
 
 サラリーマンの前原昭夫は、妻と中学生の息子と、アルツハイマーの母親と暮らしている。妻は姑を昔から敬遠しており、介護は一切せず、昭夫の妹に任せている。息子はいじめに会っており、家ではゲームばかりをし、臆病なのに不都合なことがあると暴れて手を焼き、昭夫はかかわらないようになっていた。
 ある日、その息子が小学生の女の子を殺してしまったのである。警察に届けたら昭夫を刺すとまで言って息子をかばおうとする妻におされ、家族は遺体を公園に捨て、殺人を隠すことを決意する。警察に万が一疑われた場合にと、非常に姑息な決断をする。

 刑事の松宮は、少女の殺人事件で、旧知の加賀恭一郎と組んで捜査に当たることになった。松宮は、上司から「加賀の捜査をしっかり見ておくように」といわれていた。加賀は松宮が気にしないところを気にかけており、前原という何の変哲もない一家に目をつける。

 警察の捜査を欺こうと画策し、嘘を塗り重ねていく前原家。その家族の不完全さもあわせて非常にふがいなさを感じる。加賀は、事件を隠そうとしている嘘の過ちに、犯人自身から気がついてほしいと、手をうつ。典型的な、冷え切った普通の家庭に隠された重大な悲しい事実に非常に驚かされる。

 一方で加賀と家族についても描かれている。松宮はおじであり、癌で入院している加賀の父親を見舞っている。一度も見舞いに訪れない加賀に反発を覚えている。この加賀の行動にも秘密が隠されている。

 そんなに長くない話なのですが、しっかりとした内容になっています。アリバイ崩しとはまたちがう、面白さがありました。

 
2009.09
08
(Tue)

「美丘」 


石田 衣良
Amazonランキング:34235位
Amazonおすすめ度:



石田衣良さんの本はそういえば1冊くらいしか読んだことがない。
「美しい子ども」を読んで面白かった記憶があるのですが、なかなか出てくる人物が「THEワカモノ」だったりして、ちょっと敬遠していました。
で、この本は家にあって、「病気で主人公が死ぬ典型的な話だけど面白い」という感想を聞いて、手ごろな重さ(笑)だったので借りて帰りました。

 大学生の「僕」が、「美丘」という女の子に出会い、恋をして、そして美丘が病気で去っていくまでの濃く、短い時間を述懐している話です。発言も、行動も、性に関しても自由奔放な美丘。優等生で美女のお嬢様と付き合うも、この女の子に心を奪われ、のめりこんでしまいます。
しかし、彼女は「ヤコブ病」を患っており、付き合い始めてすぐに発症してしまうのです。
ヤコブ病はBSEのように脳がスポンジ状になり、当然、体の機能、思考までもがじわじわと蝕まれ、最後には死にいたる謎の恐ろしい病。その病の中、残された時間を全力で愛し合おうと苦難する二人の姿が描かれています。 
 美丘は、弱々しく儚い美少女タイプではないので、あからさまなお涙頂戴な話ではない。前向きだけど、当然弱いところもある、破天荒だけど好感を持てそうなタイプ。一生懸命、とにかく二人はこぼれる時間を生きたという愛情が描かれているのですが、恋愛小説をあまり読まないので受け止め方がよくわからない(笑)。やはり、高校生くらいの若い人に書かれた話でしょうか?
 「僕」は若くして、おぼれるほど愛する人を手に入れた途端失った喪失感から抜け出せないようである。今後どうやっていきていくのだろうというのが気になってしまうのでした。
 
2009.09
03
(Thu)

「片眼の猿―One-eyed monkeys 」 



 勝手に想像したものだから、書かれていない事実に驚かされる本を続けて1冊読みました。

盗聴専門の企業スパイの三梨は、楽器メーカーのライバル会社調査をするために企業にもぐりこんでいる。偶然、とある同じような境遇にある女性・冬絵と出会い、パートナーとして雇うことに。その調査中に殺人事件に遭遇してしまう。殺人事件を調べるうちに、冬絵の秘密や、探偵社通しのしがらみが見えてきて・・・と、結構ハードボイルドな感じの話です。
ただ、三梨のすんでいるアパートには、老夫婦や、知的障害を持つがトランプ芸に長けた男、双子の子どもなどユニークな仲間が住んでおり、無骨だけど明るい人間関係が描かれたりもしています。

 「片眼の猿」とは、99匹の片目の猿の中に1匹だけ両目を持つ猿がいたが、最終的には「正常」な両目の猿は片眼をつぶしてしまう―という話の一説に出てくる話。
三梨も冬絵もなんらかのハンディキャップや悩みを持っていることがうかがえ、それもラストで一気に明かされ、驚きを与えます。
 

2009.08
29
(Sat)


 小説は視覚情報がないので、書いてあることから登場人物や風景を思い描きながら読んでいく。そして、往々にしてだまされるのだ。「え、そんなの書いてなかった!」。書いていないけれど嘘はついていない。だからだまされているわけではない。勝手に読者が思い込んでいただけ。
そういう性質があると分かった上で、この本は読みました。
 「葉桜の季節に君を想うということ」というしおらしいタイトルですが、なかなかファンキーな主人公が、老人に対する詐欺集団に立ち向かう話であろ、恋愛も混じっている話です。主人公成瀬将虎は知人から、家族が詐欺にあったあげく、疑惑の事故死をしたということで相談を受ける。郊外の集会所に人を集めてモノを売りつける「霊感商法」をするその集団は、目をつけた老人に巧妙に取り入り、保険金殺人を犯す最悪の集団なのである。
 線路に飛び込もうとしていた麻宮さくらと「運命的な出会い」を果たした将虎は、さくらとの逢瀬と事件の調査を並行しながら、だんだん悪の組織の真髄に迫ってく。

 ここまできたらだまされないほうがおかしい。
ラストは圧巻です。とある登場人物が組織の人間であるということが分かってきますが、この本の「だまされた」はそこではないのです。そこから先はいえません。注意して呼んでも無駄です。フェアじゃないかもしれませんが、最後まで読んで、驚いてもう一度読む。それがこういう本の楽しさだと想います。
 
2009.08
12
(Wed)

「始祖鳥記」 


飯嶋 和一
Amazonランキング:104825位
Amazonおすすめ度:



本町の紀伊国屋の一角に「飯嶋和一」のコーナーがありました。パネルと、その横には編集者が作った「飯嶋和一の読み方です」という、彼の作品をどの順番で手に取ったらいいかが説明されたチラシ。初めて聞いた作家で、こうやって目に留めなければ、自ら興味を持って手に取ることはなかったでしょうということで買ってみました。

19世紀、江戸時代の備前(岡山)にいた、備前屋幸吉という「空を飛ぶこと」に魅入られた男の話です。幸吉は備前の八浜という町で生まれ、若くして表具師として名を馳せます。昔から芸術的なセンスを予感させる子どもであり、イソップ物語に非常に興味を持ち。鳥寄せにたけているなどの特技がありました。その幸吉は、鳥のように空を飛びたいという願望を持っており、鳥の体の構造を調べ、大凧を作っては、屋根から飛び降り、飛行を図る実験を繰り返します。今で言う「グライダー」を日本で始めてつくった実際に伝承が残っている人物なのです。

 当時、このようなことをするのは、奇人。奇人で話が終わらないのがこの話のすごいところ。岡山城下は衆愚政治により産業・商業は衰える一方で民の不満は最高潮でした。そこに謎の怪鳥の噂が出ます。その空とぶ人間の噂は、ひいては政治の不満を訴える存在として民から尊敬され、鬱憤を晴らしたい市民を暴徒と至らしめようとしていました。役所は当然、民を扇動するものとして捕まえにかかります。そう、ただ飛びたかった幸吉の行為は、とんでもない騒動に発展します。

 2章では、岡山を離れた幸吉が、幼馴染の廻船に乗り、旅をする数年間が描かれます。江戸では、塩の流通を、一部の問屋と役人が握り、粗悪な塩が高値で売られ、塩商人たちがその悪政にあえいでいました。遠い備前の国で「処刑された」悪政を訴えた勇敢な空飛ぶ男に励まされ、政府の目を欺き、新たな塩の流通ルートを作ろうとした、塩問屋の若旦那と、それに加勢した船乗りたちの熱い話です。

 3章は、船を降り、木綿問屋を営む幸吉が描かれます。表具師と航海で培った技術で、商いをそつなくこなす幸吉。そこによく飛ぶ「凧」の製作依頼が舞い込み・・・。

 話は2つの面を持っています。ひとつは、江戸時代末期の腐敗した幕府体制にあえぐ市民と、それを打開しようと画策する人々の姿です。2章の塩にまつわる騒動は、書き込みが詳しくて、作者の調査に驚愕です。はらはらと、浪漫を感じるテンポのよい話です。
 もうひとつの面は幸吉の人生です。空を飛びたいと思った若い幸吉は天才でした。天才がやることは周りが理解できず、狂人に見えます。一般社会の常識にはまれぬ、窮屈さを感じる幸吉。しかし、年を経て、若い自分は受け継がれてきた表具師の名から飛び出したかったのだと感じます。自分の力を生かした生業で、堅実に生きる日々。表具師を捨て、海の男にはなれず、堅実だが、なにか強い信念を持ち国を変えようとするものたちともちがう。そんな幸吉に安心を感じる一方、物足りなさを感じてしまいます。「空を飛ぼうとした男の話」はどんどんスケールが大きくなり、どこに行き着くのだろうとただページをめくりましたが、最終的には、幸吉の忘れていた「空を飛びたい」という夢に行き着きます。

 江戸時代に、時代より先にいってしまった一人の男の冒険奇譚。長いですが、つかみどころのなかった幸吉が、徐々に気に入ってくるのが不思議で面白い話です。
2009.08
07
(Fri)

「さがしもの」 


角田 光代
Amazonランキング:2990位
Amazonおすすめ度:



「この本が、世界に存在することに」という題名でもともと発刊されていた、本にまつわる短編集。

角田さんが、作家だから当たり前という感じではなく、ごく自然に本が好きなのだと愛情が伝わってきます。最初は角田さんのエッセイかな・・?と思ってしまうほど、日常の中や恋愛の中にポンと存在する本と登場人物のかかわりが書かれています。
「旅する本」は、昔読んだ、紛れもなく自分が売った本が、世界各地の古本屋で何度も目の前に現れるという話。舞い戻る感動もさながら、読むたびに違う感覚を得る驚きは体験してみたいもの。
他にも、旅館においていかれた本に、元の持ち主の人生を思う話や、人々の記憶が書き込まれた「伝説の古本」にまつわる話などが。私は、買った本は手放さないのですが、旅をさせるのも、また一興だなぁと思いました。(ブック○フじゃ味気ないかな。できればいろんな人の手を渡る方法がいいな)

表題作「さがしもの」は、余命わずかの祖母から探してほしいといわれた1冊の本を孫が探し続けるはなし。大型書店から古本屋まで探す中で、少女にとって本がなくてはならない存在に。そして何年もたってようやくその1冊にめぐり合います。

「だってあんた、開くだけでどこへでも連れてってくれるものなんか、本しかないだろう」

というその祖母の台詞があります。本は自分の見知らぬ土地、考え、体験、人生を体験したかのような気分になる、お得な存在です。ただ、私は、どこか違う世界に連れてってくれるという感覚はあまりないのです。おもしろい、かっこいい、怖い、考える、とりあえず普段の思考をシャットダウン、すばらしいストーリーをつむぎだす作者に感嘆する。あらためてなぜ本が好きなのだろうと考えてみたけれど、ただ「おもしろいから」というほか言いようがないのです。
2009.08
01
(Sat)

「ベーコン」 


井上荒野
Amazonランキング:21798位
Amazonおすすめ度:



 食べ物がモチーフになっている話がたまにありますが、なぜか気になってしまいます。
江國さんの作品では、とにかくおいしいものをじゃんじゃん食べるのが好きな恋人たちを描いた短編がありました。筒井 ともみ の「食べる女」という本もありましたね。それと、川上弘美の「先生の鞄」は、もう食事とお酒が本当においしそうで・・・。(愛の話でしたが)。一番好きなのは宮部みゆきの「初ものがたり」も。江戸時代が舞台なのですが、素朴だけどすごく食べ物に惹かれます。

 「ベーコン」も食べ物と女と男の愛情を描いた短編になっています。
愛情を感じたとき、失ったとき、記憶と一緒に残った食べ物たちが添えられています。比較的、不倫をしている人や、パートナーから別の人のもとへ行こうとしている人、別の人が気になっている人たちなどが登場します。普通のしあわせではなくて、ちょっと強がったり苦い思いをしている人たちばかり。そこにさりげなく、でも鮮やかに食べ物が現れる。
あとがきで、井上さんの小説は「ふりをしている」人々が書かれていると書いてありました。(あまり深く考えずに読んでしまうのであとがきの言葉を借りますが・・・)
確かに、周囲や自分の気持ちに嘘をついているさまざまな人がでてきました。先に書いてしまいましたが、どんな「ふり」をしているのだろうと考えて読んでみてもいいかもしれません。

不倫やうまくいかない愛情の本は、がっつり長編だと苦手ですが、もうちょっと読みたいなと思わせるくらいの、これくらいのボリュームがちょうどいいですね。

2009.07
20
(Mon)

「アホアホ本エクスポ」 


中嶋大介
Amazonランキング:121655位
Amazonおすすめ度:



こんばんわ。更新が5冊くらいストップしています。どうしましょう。

そんな先日、久しぶりに「恵文社一乗寺店」まで行ってきました。
今回は、せっかくなので、普段買わない本をかってみようということで、
路線を大幅にずらし、この「アホアホ本エクスポ」を手に取りました。

デザインがなかなかおしゃれで、素敵なタイポグラフィが使われていますが、
題名のとおり、古今東西のアホアホな本を紹介している本です。
ここで言うアホは、関西で言うほめ言葉の「アホ」だそうです。

プロレス、アイドル、バレーボール、エロ・・・なぜこんな本が・・・
とあきれてしまうけれど、いたって真面目に発刊されている本ばかりだそうです。
特に、時代を感じるものがとても味があって楽しい。

バレーボール選手のアイドル本や八名信夫氏解説の悪役指南から、格闘技やコアな入門書まで、
ちょっと見ていて恥ずかしくなる本が多いのはなぜでしょうか?

もともと「ahoaho-expo」というブログから作られたこの本。
ブログよりもより深く紹介されていて非常にオモシロいです。
http://ahoaho-expo.com/

恵文社をはじめ、全国で実際にアホアホ本の展示が行われています。
恵文社のは去年くらいにやってたみたいですが、いけなかったので、
今回購入したしだいです。

たまにはこういうのも買ってみるものです。
2009.07
10
(Fri)

「誰よりも美しい妻」 


井上 荒野
Amazonランキング:70416位
Amazonおすすめ度:



 井上荒野さんの話を始めて読みました。「いのうえあれの」さんなんですね。「あらの」さんと呼んでいました。、『切羽へ』で第139回直木賞受賞をされていて、女性誌に載っていた「ベーコン」の表紙がなぜだか好きで、ずっと読んでみたいなと思っていました。

 読んでみて、江國香織さんの本を思い出しました。江國さんの作品を真似ているとかいうのではなく、主人公の女性が、江國さんの作品にたまに現れる女性たちと似ている気がしました。
 夫を深く愛しており、美しく、どこか優雅な雰囲気を醸し出す、彼女たちの小説に出てくる妻たち。愛し方があやうく、持っている感覚が現実にいる普通の女性とはまったく違う、どこか理解できない雰囲気を持っている。
 「美しい妻」の主人公の園子は、ヴァイオリニストの安海惣介の妻で、12歳の息子・深がいる。惣介はもとの妻と別れて園子と結婚した。しかし、園子にべた惚れにもかかわらず、浮気を・・・たとえば生徒の女子大生とか・・・・重ねるのである。園子はそのことに確固たる直感で気がついている。惣介はちっとも隠すことができないのだ。目の前で夫が恋をしている姿を見つけてしまうにも関わらず、園子は浮気にあせったり、問い詰めたり、憎んだりしていない。あろうことか、知らぬふりを押し通すのだ。

 そんな両親の様子に気がついている息子は、園子のことを「怠惰だ」という。夫の浮気・・・それも長期間にわたり、他の女と姿を消してしまう・・・に対して、何もアクションを起こさない園子は、誰が見ても怠惰だと感じるでしょう。かといって、浮気されることは、もう諦めていて、実利(お金とか)を得るためだけに一緒にいるというわけでもない。痛いほどに惣介を愛しているのには間違いないのです。
 こういう女性はどうなのでしょう?何も気づいていないと鷹をくくっている男性にとっては「怖い」存在なのでしょうか。園子は幸せなのでしょうか。不幸せなのでしょうか。
 こんなに穏やかに書かれてしまっては、実際にこういう女性がいたら、自分がこの立場だったらどう思うかが分からないですね。少なくとも理解はできないなと思います。
 
 | ホーム |  »
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。