☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05
10
(Sun)

「鉄鼠の檻」 


京極 夏彦
Amazonランキング:16650位
Amazonおすすめ度:


 
 京極堂シリーズ第4弾「鉄鼠の檻」です。

  今回も相変わらず京極さんは冷たく、関口氏はウジウジしており、エノさんは言い間違いを多発していました。木場修さんは出てきませんでした。
 
 箱根の山奥にある禅寺で起こる殺人事件と、寺と人々に巣食った憑き物を京極堂が落とします。

 中尊寺敦子と鳥口は取材先の寺に行くために仙石楼という旅館に立ち寄ります。その雪の降り積もった庭先に、突如として僧の遺体が現れる。座禅を組んだ姿のままで・・・。
 敦子と、足を突っ込むことになった関口らは、亡くなった僧がいた取材先でもある明慧寺を訪れます。
 そこは俗世と隔別された修行の地。座禅に禅問答を行い、大悟を目指して僧たちが厳しい修行をしている。文明社会をまったく受け付けない雰囲気を持っています。そこで第2の殺人が起こっていきます。
 どこかシンボリックに捨て置かれた遺体の謎に、僧侶たちに動機となる確執はありそうだが、調べども真相は見えず、警察は次から次へと容疑者を増やしていくばかりです。

 この禅寺・明慧寺の存在も不気味な謎を秘めています。京極堂ですら知らない、存在するはずのない寺なのです。いつからそこにあるのか、何のために作られた寺なのか、資金源はどこなのかがまるでわからない。檀家を持たず、葬式をあげたりもしない。純粋に修行のみをしている寺など、この世の中で存在するのか、事件と並んで大きな謎で、事件の真相より気になるところです。
 そこにこの世のものか、違うものなのか。「年をとらない」、恐ろしげな歌を唄う振袖少女がそこかしこに姿を現し、人々をぞっとさせる。「姑獲鳥の夏」で出てきた人物も現れ、殺人に寺の謎、幽霊のような少女・・・The京極堂シリーズといった舞台装置があらわれます。

 この本で深く語られているのが「禅」についてです。禅は言葉を排除していくため、言葉を巧みにに操って人の認識を崩していく京極堂はまともに戦うことはできないと、事件への関与を固く拒否します。
日本の禅宗といえば栄西の臨済宗と、道元の曹洞宗、というのは誰でも知っている知識。中国で発生したこの禅がどのような派閥の分かれ方をして日本に伝わったか、この2つの違いは何なのか。そして禅とは何なのかについて、僧侶や京極堂の口を通してみっちり説明されているのが大きな特徴です。(自分は曹洞宗なのですがほとんど知らないことばかりなのでかなり勉強になりました。)
 
 
 これまでの作品と比べるとえぐさは少ないけれど薄気味悪い作品でした。

 どうやって?<何故?<誰が?<この寺は一体・・・?

 という感じで、寺の存在が一番気になったし、おそらく一番手の込んでいたところだと思います。


 今回は文庫版を買いました。厚さが53mmもあるという非常に読みにくい読みごたえのある製本になっています。気に入った1行を探したいと思いながら読むのですが、いまだかなわずです。

スポンサーサイト
2008.11
08
(Sat)

「前巷説百物語」 

青臭い又市の、御行の又市誕生までの道筋

京極 夏彦
Amazonランキング:71456位
Amazonおすすめ度:



 御行の又市が活躍する「巷説百物語」の最終巻。
「巷説百物語」→「続巷説百物語」→「後巷説百物語」と続いていますが、これは時系列でいくと「巷説」の前。
 若い又市が御行姿で暗躍するまでの話が描かれている本編だけど番外編ともいえる、素敵な1冊。
 若い又市は、まだ「裏」ではなく堅気ではないにしろ「表」の世界にいる。上方を終われ江戸に来た股市は、その「青臭さ」(笑)が買われ、損料屋「ゑんま屋」の仕事を手伝うことになる。
損料屋とは、衣類や布団、食器などをレンタルする職業で、使われることで商品についた傷の「損」に対する料金をもらうという商売。「ゑんま屋」は幅広い商品を貸して損料を頂くだけではなく、「あらゆる損」を引き受ける稼業まで営んでいた。
 ゑんま屋の女主人お甲が持ち込む「損」。靄船の林蔵や、暗殺者の山崎寅之助、からくり道具制作を得意とする長耳の仲蔵らと協力して損を八方丸く収めて行く。その方法は、妖怪物の怪でカモフラージュしていくシリーズでおなじみの方法。本草学者の久瀬棠庵が怪異の裏づけをし、同心の志方がうまくだまされて公に解決とみなされるという流れである。
 又市は損とそれを埋める仕掛けは同じ重さでなければならず、また死人を出さないようにしたいという信念を強く抱いていた。 しかし、「稲荷坂の祗右衛門」にちょっかいを出してしまったばかりに、表だけで活動してきたゑんま屋に闇が襲い掛かる。そのことで仲間を多く失ってしまった又市は、「裏」の世界で生きることに決めるのである。
 口先で人を操り、仕掛けていく又市の駆け出し時代。既刊では完璧ともいえる仕事をしていたが、多くのものを失い、悲しみ、悔やんだ過去があったのである。切ない最後の章は、身分制度にかまけて人を見失った人々に怒り、感情をあらわにする又市が印象的だった。

 前の3巻の話にリンクした部分がたくさんあって、もう一度頭から読み直したくなる1冊。少女のおぎんや、名前は出ないが百介も登場。本当は文庫で買いたかったけれど、我慢できず図書館で借りてしまいました。

■寝肥(ねぶとり)
 女を何度も売りさばく極悪非道の色男。又市が入れ込んでいた女郎がその男の妻を殺害してしまったと自決しようとしていた。あまりにも不憫な女の人生に、又市は長耳や知り合った角助と事件を丸く隠蔽してしまうことに。「寝ぶとり」という東北に伝わるという病に似せて・・・。
 この1件で、又市は「ゑんま屋」の下で損料を補う仕事を手伝うことに。

■周防大蝦(すおうのおおがま)
 兄を殺した仇を敵討ちすることになったが、敵討ちをしたくないという侍。どうやら仇は濡れ衣を着せられているらしい。どちらに転んでも誰かが死ななければならないこの「損」を、大蝦の怪物で丸め込むことに!相手の武器で敵を倒す刺客・山崎寅之助登場。

■二口女
 前妻の子を虐待して死なせたという女。誰からも愛される働き者の女の依頼は、それを公にしてしまうと、家族が悲しみ、家はつぶされ、子供が不幸になるので公にできないが、心のうちにしまっておくことができない・・・。そんな分かりにくい「損」を埋める仕事が舞い込んだ。よくよく調べると女の罪ではないことがわかってきた。又市らは、頭にもうひとつの口ができるという怪異を仕立てて真相を暴く・・・。

■かみなり
 女をさらっては犯していた藩の留守居役をなんとかしてほしいという百姓の依頼で、その老侍を辱めた又市たち。その老人が自決したことで、又市は「やりすぎたのでは?」と感じていた。その不安は的中した。老人は百姓達のために、飢饉にそなえて米をプールしていたのである。老侍の恩恵を受けられず、これから予想される飢饉に絶望した百姓たちが、逆に又市たち一味を殺害する依頼を闇の者に依頼してしまった。仲間を助けるために3日の猶予を得た又市の前に救いの手を差し伸べたのは、江戸の悪党で有名な「御燈の小右衛門」だった。

■山地乳
絵馬に名前を書いてそれが黒く塗りつぶされると、その人物が死ぬ。そんな江戸版デスノート的な絵馬が世間を騒がせ、実際に何人もの人間が死んでいた。本当に神によるものか、誰かが操っているのか、奉行も手を出せない。
ゑんま屋・又市のもとに、上方での仲間文作と玉泉坊が現れ、絵馬の事件は「稲荷坂の祗右衛門」が絡んでおり、上方の一文字からの絵馬の事件だけでも止めてくれとの大きな依頼を持ってきた。山地乳という怪物を使い、表面的には上手く絵馬の噂を丸め込んだ又市たち。しかし・・・

■旧鼠
まかしょう―御行―が札を撒き散らす様を見ながら久世と将棋を指す又市。
表だけということで受けてきた損料の仕事がどこか大きすぎて狂ってきていると感じていた。小さな事件も「祗右衛門」に繋がるのではといぶかしむ。
その矢先、ゑんま屋に異変を感じとる。そして、ゑんま屋に関わる人々が次々に惨殺され、又市たちの身にも何度も危険が襲い掛かる。それは、祗右衛門に操られた無宿人や非人たちといった、階級の外に置かれた者達の犯行だった。あっという間にゑんま屋は廃業。仲間を失った又市は、御燈の小右衛門と組んで、祗右衛門の姿を必死で追い、非人たちの説得にでることに―。

祗右衛門の3回目・4回目の死の謎を描いた 「後巷説『狐異者』」の過去の話。2回目の死の真相と、又市が経験した苦々しい「失敗」を描いている。裏の世界だけで生きることを決意し、御行姿になったきっかけも祗右衛門にあったのだ。
2007.10
31
(Wed)

「狂骨の夢」 


京極 夏彦 / 講談社(2005/08/12)
Amazonランキング:96725位
Amazonおすすめ度:



 人を殺したことがあるという、他人の記憶が入り混じり、混乱した女。「骨」に魅入られてしまった人々から京極堂が憑き物を落とします。

 京極堂シリーズ第三弾「狂骨の夢」です。
「匣」の次は「骨」です。不気味なことこの上ありませんが、「匣」のほうがグロかったとは思います。匣も映画と聞きましたが、映像化に耐えられるのでしょうか。
 この作品も長いので、ざくっと説明いたしますと、関口や木場やその他の人々が方々でであった事件がつながったり、もしくはつながりがなさそうでも京極堂につながっているといわれ、なにがなにやら分からなくなったところで、京極堂がばっさりと糸をまとめて、ほぐして真相を説明する。「憑き物落とし」と称し、人の心を捕らえている何かを取り除いてくれるという話です。はい、これじゃぁ内容は分かりませんね。あらすじを書いてもなぁという感じがするので、後ろのほうで書いておきます。

 今回の謎解きは下巻1冊分。京極堂の薀蓄満載でした。フロイト・ユングの精神分析や、南北朝が分かれたときからの因縁や神社や密教のことまで。事件の解決というより薀蓄は薀蓄でおもしろいのでそれでおなかがいっぱいになりそうでした。複雑怪奇なわりに、驚きは少なめでしたが、まさかこのせいではあるまいか。
 
 この作品は、京極堂の次に好きな榎木さんが結構出てきてうれしかったです。発言が多かったんですよ。蘇ってくるという死人の話に対して「その死人は双子だったのだ」と言い切る榎さん。素敵過ぎる。新登場の人としては、旅館の息子で釣堀を営む、ぼさーとした伊佐間さん。榎さんや木場の戦友になるそうで、そのぼさっと加減がよかったです。
  
 
 ところで、おもしろいHPを見つけたので、勝手にですがリンクをはってみます。
「狂骨の夢」のあらすじを「レゴ」で作ったジオラマで表現するというシュールかつ画期的なページです。
榎さん満載です。是非ご覧くださいませ。
http://na4-ymc.hp.infoseek.co.jp/kyo3.htm
続きを読む »
2007.08
06
(Mon)

「魍魎の匣」 


京極 夏彦 / 講談社(2005/06)
Amazonランキング:117554位
Amazonおすすめ度:



京極 夏彦 / 講談社(2005/06)
Amazonランキング:110532位
Amazonおすすめ度:



京極 夏彦 / 講談社(2005/06)
Amazonランキング:110097位
Amazonおすすめ度:





 京極夏彦さん京極堂シリーズ第二弾、魍魎の匣(もうりょうのはこ)を読んでしまいました。文庫版は分厚すぎるため、高くつくけれど分冊版です。図書館で借りるつもりが読みたい誘惑に駆られて買ってしまいました。

 木場が関わることにした美少女転落事件。その瀕死の少女が、入院した美馬坂研究所から忽然と姿を消した。一方では連続バラバラ殺人事件が発生。体の一部は箱に詰められていた。そして信者を増やす「御筥様信仰」。「はこ」にまつわるこれらの事件は関係しているのか?京極堂が重い腰をあげて解明していきます。

 テーマは「ハコ」。
そして刑事・木場修太郎の恋に始まり、霊能者や超能力者らの違い、はたまた医学と倫理の問答まで、ものすごく濃い内容になっています。
いくつかの犯罪や出来事が重なり合い、誰が犯人なのか、何が真相なのか・・・。
 バラバラ殺人に始まるグロテスクな事件や、近代の幻想小説のような雰囲気が醸し出されていて、涼しい話というよりも、じっとり不気味な雰囲気を持った作品です。
 またもや暗い話を読んでしまいましたが、
すぐに全部読みきらないと気がすまないくらいおもしろかったです。

以下、無駄に長いです。

 
続きを読む »
2007.05
06
(Sun)

「後巷説百物語」 


京極 夏彦 / 角川書店(2007/04)
Amazonランキング:805位
Amazonおすすめ度:



 「巷説百物語」「続巷説百物語」に続くシリーズ第3弾です。
本屋さんで見つけて即購入してしまいました・・・。また怪しい小説ブーム再来のようです。


赤えいの魚  
天火
手負蛇
山男
五位の光
風の神


 「後巷説百物語」。「のちのこうせつひゃくものがたり」と読みます。続巷説の最後「老人火」で、又市とおぎんと別れ、旅をやめてしまった百介。読者にとっても寂しい結末でしたが、この後巷説百物語は、時代は明治、一白翁と称し隠匿生活を送る老人になった百介が若い人に自らの体験と見聞を語るという後日談的なものです。百介と又市のまだかかれていなかった事件や後日談、そして次の「京極堂シリーズ」につながる話というなんだかすごい本です。

 ここでの百介は、小夜という若い娘と二人で九十九庵というところに住んでいます。小夜はおぎんの孫にあたる娘で、なぜ百介が小夜と暮らしているのかもこの本を読むうちに分かってきます。与次郎をはじめとする若者達が明治の世に起こった怪事についての知恵を借りにやってくるのを、百介おじいさんは楽しみにしています。

 「後巷説」は少し寂しさを感じます。
又市のような影で暮らすものがいて、妖怪がたとえいないとはいえ、「機能」していた江戸時代。それが維新後急速に文化が変化し、妖怪という存在が必要ではない時代になってしまった。80を超えてしまった百介は、大好きな怪異譚が必要でなくなってきていることを実感し、若いころの又市との体験を何度も思い出しては寂しく思います。何十年たっても百介の耳には ーりんー という鈴の音が時折聞こえてくるのです。なんともその寂しさにホロリと来そうになります。

 すこし怖くて、とても切なくて面白い一冊。
最後の「前巷説百物語(さきの)」が文庫化されるのを心待ちにしておきます。(又市と百介がであう前の話だそうです)

 
 
続きを読む »
2007.02
16
(Fri)

「姑獲鳥の夏」 


京極 夏彦 / 講談社
Amazonランキング:159368位
Amazonおすすめ度:



分冊文庫版 姑獲鳥の夏 下

とうとう足を踏み入れてしまいました。京極夏彦さんの「京極堂シリーズ」。
去年の夏あたりに、「巷説百物語」に嵌っていたのですが、他作品紹介で、多分こちらのシリーズも嵌るだろうなぁと薄々感じていました。作品数もそこそこあって、レンガのように分厚いこのシリーズ。森博嗣さんのシリーズも嵌りこんで読み進めていることを考えると、こんなにダークなものばかり読んでいていいのか自分…という問いかけがあったので、とりあえず読まないでおいたのですが…。

 終戦直後の昭和の東京。
 物書きをしている関口は、とある病院でたっている噂について耳にし、友人で古本屋を営む京極堂(中尊寺)に話をします。その久遠寺という病院では、赤ちゃんが消える、主人である医者が失踪しているらしい。そして、最も奇怪な噂が、その妻が20ヶ月ものあいだ子どもを孕んだままの状態でいるともののでした。
 失踪している医師が二人の旧友であることがわかり、どうしても調べたいという関口に、京極堂は探偵の榎木津に相談するように言います。
 奇遇なことに、榎木津の元に、久遠寺の娘・涼子が相談に訪れます。妹・梗子の失踪した夫がどうしているのか知りたいというもの。梗子はショックからか寝たきりになり、噂どおり、20ヶ月も孕んだままだといいます。関口、榎木津、京極堂の妹・敦子の3人は病院を訪れることになります。

 関口の頭から消えた過去の記憶と、久遠寺姉妹との関係、失踪した藤牧の生殖に関する研究、久遠寺の忌まわしい家系、赤子失踪…となにやら色々なものが錯綜し、わけの分からなくなったところ、陰陽師である京極堂が「憑き物落とし」をするに至るというのが
話の流れです。

 「姑獲鳥」(ウブメ)とは、出産で命を落とした女性の無念を形骸化したものであると作中では説明されています。赤ちゃんを抱いて、恐ろしいことをする妖怪かと思っていましたが、厳密には違うようです。表紙にも、栞にもおどろおどろしいウブメが描かれ、文の冒頭のウブメの古典からの説明がされていますが、作中に妖怪が出てきて、妖怪が事件を起こすような話ではありません。
 子どもを産むということ、産んだ子どもと引き裂かれた女の無念が恐ろしい事件になった…とすれば、ここで姑獲鳥が引き出されたことはおかしくないと思います。

 探偵役の京極堂が陰陽師とはいえ、本当に呪術を使って事件を解決するのではなく、そういう知識をもって巧みに語ることで真相を皆に知らしめるという感じです。
 なぜかほとんどお見通しなのには、突っ込まない、突っ込まない。下巻になるまで事件の現場に京極堂は現れないので、早く出てきて解決してくれという一心で読むので、その辺は気になりません。

 冒頭、心理学や宗教・科学、民俗学的な問答が70ページ近く続いたりして、苦手な人は苦手だと思います。私は、妖怪という存在が人間の心の処理の結果のひとつの形だったというようなくだりなどに、なるほどーと唸ってしまったのですが。事件の真相も予想外の展開でとても面白かったのですが、この思想的なところも面白かったです。これで初作品というところが、また驚き…。
 嵌ってしまう人には、心をつかんで話さないような作品だと思うので、ぜひ読んでみてください。
続きを読む »
2005.08
25
(Thu)

「続巷説百物語」 


京極 夏彦 / 角川書店(2005/02/24)
Amazonランキング:4,686位
Amazonおすすめ度:


巷説百物語に続く第2弾。第百三十回直木賞を受賞 。

 御行の又市・おぎん・治平の一味と、考物の百介の暗躍。
個々は違う問題を追っているようでも、全てつながっているという、深い構造の話になっています。
前章に出てきた人が出てきたり、諸悪の根源に当たり者が現れたり。
おぎんの過去や、もっと深くかかわってくる小悪党も登場して、いろいろな裏話が出てきます。
仕掛けもダイナミック。
前作の事件のすぐあとに起こる事件などもあって、時系列をたどるのもおもしろそう。

 最後のほうは、6年の空白を飛んで、その後の話、結末が書かれています。
百介が、日のあたる世界と、影の世界のどっちつかずの立場から、ようやく離れる決心をつけます。
6年間に何があったかは、詳しく書かれていないので、かなり気になります(^^;)
なんだか寂しくなる結末です。
(後巷説~もあるらしいので、そこで少しはわかるかなぁ?百介が語る昔話らしい)

 ただ、760ページ近くあるので、時間がある時に読みましょう!
新幹線の中で読み始め、気になって、鹿児島ついてからも読んでたくらい。
わくわくします。
気になって寝られないって・・・。はまります。

2005.07
25
(Mon)

「嗤う伊右衛門」 


京極 夏彦 / 角川書店(2001/11)
Amazonランキング:99,400位
Amazonおすすめ度:


どぅも。京極ワールドにどっぷりつかり始めている4040です。
まだ2作しか読んでいませんが、とりあえず、御行又市さんがでてくるシリーズは
この夏読破しようと目論んでおります。

この嗤う伊右衛門は四谷怪談の俗に言う「お岩さん」のお話。
四谷怪談読んだことないのでよく知りません。
お岩さんは、夫の伊右衛門をものすごく愛していたけれど、伊右衛門はお岩さんにひどい仕打ちばかり。
結局お岩さんは殺され、伊右衛門への恨みをもって祟るということだそうです。

しかし、この話の「岩」も「伊右衛門」も全く違った視点で書かれています。
「岩」は、美しかった顔が疱瘡でただれ、醜い容姿。
しかし、見かけを気にしたりせず、いつも凛としている正しい女性として描かれています。
「伊右衛門」は、寡黙で、真面目な浪人。
小股潜りの又市の計らいで、伊右衛門は岩のいる民谷家に婿入りしますが・・・。
伊藤喜兵衛の極悪非道さ、妹を自殺でなくした直助の復讐、喜兵衛に人生をめちゃくちゃにされたお梅。
いろいろな人の思惑や憎しみ、企みのなかに巻き込まれて、岩と伊右衛門はすれ違っていきます。
どこでよじれてしまったか分からないくらい、心と関係はめちゃくちゃに。
最後まで読んで、そういうことだったのか・・・と。

伊右衛門の幸せを願って潔く身を引いたお岩さん。全然伊右衛門を愛しているそぶりを出さない不器用な人です。
しかし、伊右衛門の現状と、自分の行動が無駄だったことを知り、
「伊右衛門様は何故幸せにならぬ」と狂乱して走り出すところはとても悲しいものがありました。
(鬼女と化した岩と伊右衛門が再会したとき、何があったのかが気になります。)

恐ろしいシーンもありますが、これは「怪談」じゃないですね。
悲恋というか、純愛(!?)というか・・・。
なんでうまくいかないんだろうと、悲しくなりました。
切なくて、ものすごく奥深い話でした。

映画にもなっていますね。
岩が小雪で、伊右衛門が唐沢寿明。
しばらくして「伊右衛門茶」が出て、混乱した覚えがあります(笑)
ちなみに、私が買った本の表紙は、写真のものではありません。女の人が達磨抱いているやつです。

時間をちょっとづつ埋めるために買ったのに、読書のために時間を使う感じになってしまいました。(夜中3時まで一気に読んでいました)。
続巷説と後巷説はバカみたいに分厚いので、(睡眠時間)覚悟しなくてはいけません。
姑獲鳥の夏の「京極堂シリーズ」も読みたいー・・・。
脱ミステリーはまだまだ先のようで。

♪BGM♪ L'Arc~en~Ciel 抒情詩
2005.07
12
(Tue)

「巷説百物語」  


京極 夏彦 / 角川書店(2003/06)
Amazonランキング:3,395位
Amazonおすすめ度:


ミステリー大好きなのに、実は読んだことなかった京極作品。
夏の100冊にもあるということで読んでみました。
500ページもあって読み応え抜群!(といっても一日で読了・・・。)

小豆洗いに柳女・・・・。
「百物語」ということで、妖怪の話かと思いきや違いました。
(そいや、私は小学校のとき妖怪大辞典という怪しい本をよんでおりました;;;)
妖怪の仕業に見せかけて、人間の問題を、裏で公にせずに解決していくという、まさに「必殺仕事人」のような小説でした。
御行乞食・小股潜りの又市、山猫廻しのおぎん、事触れの治平という小悪党一味と、考物(作家)の百助が、悪事を闇に葬っていきます。

妖怪が最初から存在のではなく、人がそう思うから存在する。
どの話も人間の悲しい一面、ゆがんだ一面が描かれていました。
だから、すべてが丸く、ハッピーエンドに終わるわけではありませんでした。
なんだか、夢枕獏の「陰陽師」に書かれてることと、本質は一緒かなと感じました。

時代物のミステリーっていいですね。
平安時代の「陰陽師」、江戸時代の京極夏彦と宮部みゆきの作品。
どれもツボにはまっています。
現代のミステリーもおもしろいけど、時代モノのほうが人間のいいところ・わるいところがストレートに伝わってくる感じがします。

今度は又市が出てくるシリーズの「続巷説百物語」「嗤う伊右衛門」をよみたいですね。
後巷説のほうが有名でおもしろそうだし。
あと、「姑獲鳥の夏」!こちらは映画で公開されるそうですが、京極堂という人が事件を解決していく話ということですごく気になります。

・・・・。でもこんなのばっかりで、本棚がなんだかダークになっていきそうです・・・。
なにかもっと別のジャンルのよい話教えてください。

♪BGM♪ 矢井田瞳 孤独なカウボーイ
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。