☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12
19
(Mon)

「スノードーム」 

 

アレックス シアラー, Alex Shearer, 石田 文子 / 求龍堂(2005/01)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:


話は、科学者であるチャーリーの語りから始まる。
チャーリーの同僚、若い科学者のクリストファー。彼は「光の減速器」という途方もない研究をしている変わり者だった。人付き合いがなく、研究ばかりしている。その彼が、ガラスの置物と原稿を残し、突然失踪してしまった。ガラスの置物は、よくある液体と雪に見立てた飾りがはいったドームによく似ているもので、クリスはそれを誰にも触れさせず、机に固定するほど大切にしていた。異常なくらい大切にしていたドームなのに、クリスはそれを置いて消えてしまった。そして、原稿のほうにはクリスが書いたある物語が書かれていた。

 その物語が話の本編。
 話には、幼いクリス、売れない画家の父。踊り子をして生計を立てる女性ポッピー。ポッピーに思いを寄せる彫刻家エックマン氏。
 すばらしい微細な彫刻を作るエックマン氏の憎しみ、クリスの愛。
 彼らの信じられないような話がそこには描かれていた。
 
 話を読み終えたチャーリーはなにを思っただろうか。
 ただの研究に失敗し、失踪した科学者の戯言か。
 悲しい運命と愛の真実か。
 残された選択肢はとても大きかった。

 
 「チョコレートアンダーグラウンド」「青空の向こう」など、シアラーの作品は児童文学というイメージが強かった。子どもはもちろん大人もおもしろいと思える作品。でも「スノードーム」はすこし違う。人間の悲しい面や、そこから生まれる愛情について描かれていて、子どもには難しい内容だと思う。家族愛や、別れを書いて愛情を単に表現しているものとはすこし違う。人間の本質的な所、醜いところ、そういうところを描くことで愛を表現している。

 原題は『The Speed of the Dark』~闇の速度~。
「スノードーム」はエックマンとクリスにとっての重要な世界。
闇の速度はその鍵となるキーワードだ。
 彼らの運命がだんだん暗い方向に進んでいる雰囲気をかもし出している題名だと思う。

 話の展開もおもしろかったし、とても心に残る内容でした。
寒い冬に、しんみりする話はどうでしょうか。
続きを読む »
スポンサーサイト
2004.07
30
(Fri)

アレックス シアラー, Alex Shearer, 金原 瑞人 / 求龍堂(2004/05)
Amazonランキング:8,446位
Amazonおすすめ度:


新幹線の中で「チョコレート・アンダーグラウンド」をよんだ。
本の装丁はもちろんチョコレート色で、渋い男の子の絵がかかれている。
本の表紙は私の買い物の目安の大きなファクターで、この表紙はお気に入りだ。

内容は・・・
現代のイギリスと思われる国で、<健全健康党>なる政党が主導権を握り、チョコレートその他甘いもの、健康を害するものを禁止し,厳しく取り締まるという、犬公方・徳川綱吉もビックリな法律が制定された。
そんな滅茶苦茶な法律にはむかい,二人の少年がチョコレートの密売を行い、仲間と共に政府に立ち向かうというお話である。

内容は難しいところが全くない、大人も子供も楽しめるものだ。
微妙に政治的なアピールが有るようにも見える。
チョコなんて突拍子もないし、最後の展開も、実際そんなうまく行くものでもないと感じるけれど,ユーモアな作品だし、こどもも読むものだと考えると面白くていいと思う。
読んだあともすっきりできる。
最近暗いというか大人の本しか読んでいないからこういうピュアな本も久々読むとおもしろいものだ。

チョコレート禁止なんて私にとっては死活問題だ。
なかったらすごくいやではあるが、別になくても生きていけないことはないだろう。かといって禁止されると食べたくなるのが人間だ(?)
これ読んだ後は(読みながらすでにチョコアンパンをたべていたけれど)かならずチョコレートが食べたくなること間違いなし。

2004.01
19
(Mon)

「青空のむこう」 


アレックス シアラー, Alex Shearer, 金原 瑞人 / 求龍堂(2002/05)
Amazonランキング:15,921位
Amazonおすすめ度:


 前買った「チョコレートアンダーグラウンド」のあれlルクス・シアラーの作品。
 交通事故で死んでしまったハリーという少年が主人公。ハリーは心残りになっているおねえちゃんに謝ることを果たして、「青空のむこう」に旅立つために、「生者の国」に降り立つというお話。
子供向けといった話で、幽霊だけど悲観的過ぎるわけでもなく、こどもだからユーモアのある話の内容。死後の世界というところについてや、ハリーが自分が死んだ後の世界が普通でがっくりするというあたりは、ふーん、って感じで読んでた。
セカチューとかみたいに流行の「感動押し付け」みたいな感じかなと思ったんだ。
 でも、最後おねえちゃんにナントカして自分の気持ちを伝えることができて、ハリーは「青空のむこう」へ旅立つ決意をする。それはもう「ハリーとして」は二度とみんなに出会えないということも意味している。両親やお姉ちゃんやともだちに「ありがとう」「心配しないで」という気持ちをもって、次の世界を目指して「さよなら」をいうラストシーンはなぜか感涙。希望に満ちているのにとても悲しい。
 いつも、近くにいる人は、失ってしまったらその大切さに気がつく。それを考えさせてくれる本でした。読みやすいし簡単な内容なので是非。

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。