☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01
28
(Mon)

「とるにたらないものもの」 

とるにたらないものを江國香織が輝かせるエッセイ


江國 香織 / 集英社(2006/05)
Amazonランキング:132486位
Amazonおすすめ度:



 ほんとうに取るに足らないものなのだ。信号に始まり、輪ゴム、食器棚、フレンチ・トースト、洋画劇場、ピンクなど生活の中で使ったり見たりしているものたち。それらがたとえば不便である、便利である、もしくは、好きだ、嫌いだという印象を述べるだけでも、江國さんが書くとやわらかく素敵なものに思えてくる。たとえば、嫌いなものだとしても、それに対する恨みごとではなく、好きだと感じられる人間になりたいとか、嫌いだけどどうしても気になるとか、そういう否定ではない表現になる。
 それでなくとも、彼女がそれらに持っている印象は、普通に暮らしている人では持ちえない印象であると想う。ユーモアがあって、ちょっと世間からずれているというか、ゆったりしているところが微笑ましい感じがする。
 自分がたまに断片的に思い出す、昔見ていたもの、感じたものを、こんなふうにあらわせたら素敵なことだと想う。でも、自分が書いても、きっと「だからなんなのだ」とおもしろくもなく、輝きもしないような気がする。
 江國さんが感じ、書くものだから読んでみたいと想うのだ。
(江國さんに思い入れがなかったら、やっぱりツマラナイのかもしれないけれど)

 この本を読んでいると、ゆったりした気分になり、生活のいろいろなものがいいものに思えてくる。心が豊かになるような気分だ。でも、この本を読んでいたのは移動途中の電車の中だった。それも、大阪で最も煩雑な環状線。「京橋」というアナウンスを聞いたあたりから現実に戻り始める。雑居ビルの立ち並ぶ風景に、騒がしいおばさんやうつろなおじさん。失礼な話がっかりする。「玉造」で電車を降りるころには、仕事のことを思い出し、キリキリ歩きはじめなくてはいけない。非常に残念だ。
 やっぱり、江國さんの短編やエッセイは、家で、それも寝る前に読むのがベストに違いないと思う。
 
スポンサーサイト
2007.11
16
(Fri)

「ホテルカクタス」 

ホテルカクタスという名前のふるいアパートに暮らす「きゅうり」と「帽子」と「数字の2」の友情のものがたり


江國 香織 / 集英社(2004/06/17)
Amazonランキング:69505位
Amazonおすすめ度:



 最近の4040にしては珍しい、秋の「和やかな」読書の時間にぴったりの本です。
この本の主人公は人間ではありません。きゅうりと帽子と数字の2という生物であり、モノであり、概念です。これらが同じアパートで暮らし、仕事をし、語らい、友情を育んでいるという変わった作品です。隣人のいさかいから出発した彼らの関係は、きゅうりの部屋にあつまり、お酒を飲みながら(2は下戸なのでグレープフルーツジュース)話をしあう仲になります。お互いのことを語り合ったり、故郷や家族の話や、眠れない夜、揃って旅に出たり、ちょっぴり苦い恋愛をしたりするというユニークな内容。

 きゅうりの中には食べられてしまうものはいないの?2の部屋にあるいすや毛布たちには人格はないの?などなど、設定の細かいところを疑問にもち、詰めていくとダメですよ。

 おもしろいのは、きゅうりや帽子や数字の2に与えられたキャラクターだとおもいます。
 「きゅうり」は運動が大好きで、とても健康的です。青々とした体を持ち、細かいことは気にせず、大胆でおおらかな性格の持ち主です。ガソリンスタンドで働く(!)若者です。そして故郷(南のきゅうり畑)や家族・親戚たちをとても愛しています。
 「帽子」は古い帽子で、中年から初老という感じでしょう。旅をしてきたのでしょう。豊富な人生経験を持ち、少し偏屈で、ばくちと酒とタバコが好き。とても汚いお部屋ですが、多くのカメを飼って暮らしています。
 「数字の2」は真面目で几帳面、神経質だけど、実は少し寂しがりやな青年です。役場で働いていて勤勉です。数字の14を父に、7を母に持ち、割り算で生まれ、兄弟たちもみんな2です。
 
 なんとなく、きゅうりや帽子や2というモノたちが、ひとだったならば、こういう性格をしていそうだと感じずにいられない。とてもうまく人格が与えられているなぁと感動してしまいました。

 江國香織さんはどちらかというと恋愛小説が有名なのですが、絵本やその翻訳なども書かれています。子どもももちろんですが、大人が楽しめる作品もあると思います。この「ホテルカクタス」は絵本ではありませんが、絵本みたいな感覚を味わえます。挿絵があるのですが、アパートの風景ばかりで、そこにきゅうりや帽子や2の姿はありません。もしかすると、人間の住んでいるアパートで、知らない間にきゅうりや帽子や2が仲良くなっているのかもしれませんね。
2007.07
30
(Mon)

江國 香織 / 光文社(2007/06)
Amazonランキング:630位
Amazonおすすめ度:



江國香織さんの最新文庫の「思いわずらうことなく愉しく生きよ」です。

 3姉妹のそれぞれの結婚・恋愛を描いた作品です。
次女の治子は外資系企業で働くキャリアウーマン。仕事もさることながら恋愛にも力を注いでいて、売れないライターの熊木と同棲している。熊木の存在がとても大切で好きで好きでたまらないという感じであるが、熊木のプロポーズは断り続けている。結婚そのものに興味がない(仕事の邪魔だからとかいう理由ではない)。
 三女の育子は、自動車教習所で働いている。決まった恋人というものがなく、色々な男性と付き合い、肉体関係を持っている。それは友情のひとつ。愛情はなく、愛情やそのようなものにあまり期待を抱いていない。昔から男女の関係にとても興味を持って、考えて、行動してみた結果という感じ。三人の中で一番母親や父親と連絡をとっている。
 そして、長女の麻子は結婚七年目で、夫から暴力を受けている。夫は少しでも気に入らないこと、自分の思い通りのことをしなかったとき、激高し、麻子に暴力を振るう。殴られたり、首を絞められたりするが人にばれるほどの暴力は振るわない。暴力を振るわれる恐怖よりも、夫に見放される恐怖のほうが勝るという悪循環に陥っている。

 江國さんの長編は、ちょっと風変わりな価値観をもった女性が出てくるような気がします。とてもマイペース。この作品の3人も、すこし変わっているそれぞれ違っているタイプの女性です。
 ドメスティック・バイオレンスという江國さんにしては、とても読むのにパワーのいる題材が使われているのが特徴でしょうか。DVという思い問題の行く末が気になってしまい、読むのが少しつらいけれど読まずにはいられないという感じでした。
 
続きを読む »
2007.03
17
(Sat)

『ぬるい眠り』 


江國 香織 / 新潮社(2007/02)
Amazonランキング:159位
Amazonおすすめ度:



 ラブ・ミー・テンダー
 ぬるい眠り
 放物線
 災難の顛末
 とろとろ
 夜と妻と洗剤
 清水夫妻
 ケイトウの赤、やなぎの緑
 奇妙な場所


 江國香織さんの久しぶりの短編小説集です。
名作の「きらきらひかる」の十年後を描いた「ケイトウの赤、やなぎの緑」が収められているので、すぐに買いました。(いや、収められてなくても買っていましたが。)
 ちなみと朗という夫婦、同性愛者のちなみの弟。ちなみと夫の朗が出会った「奇妙なサロン」。そこにいるのが徐々に睦月と笑子であること、ちなみの弟が紺くんの新しい恋人であることが分かってきます。
分かりやすい完結をしなかった物語は、その後の彼らがどうしているのか気になってしまいます。
だからちょっとうれしい作品でした。

 他には「江國香織とっておき作品集」に収録されていたものが5作。これらの多くが初期の作品になります。
 蚤に悩まされるうちに、恋人にも愛しい猫にも愛着を抱けなくなった女性を描いた「災難の顛末」は、なぜか印象的でした。
 江國さんはこういう短編が、ちょっとずれた不思議な世界があって好きです。
2006.11
26
(Sun)

「赤い長靴」 


江國 香織 / 文藝春秋
Amazonランキング:151519位
Amazonおすすめ度:



 ひさしぶりに江國さんの作品を読みました。文庫になると買うんですが、なかなかならないので図書館で借りました。
 内容とは関係がありませんが、表紙の絵が不思議で奇妙でいいですね。
羊のような獏のような四肢の動物が円形にならんで歩いている。
転がっているものもいて、虫のようでもあります。
エッシャーみたいだなと思いましたが、井上信太さんの「群像」という絵だそうです。 

 装丁はいいとして、「赤い長靴」は短編小説からなりたつひとつの長編小説です。
 夫婦の話です。
そこには暖かい家庭もなく、熱烈な愛情もなく、喧嘩や憎悪や不倫・浮気といった危機的な状況もありません。少し冷めた、微妙な温度で漂う夫婦の姿が描かれています。

 妻の日和子と夫・逍三の間には子どもはいません。
仲が悪いわけではないのですが、意思疎通がうまくいっていない様子です。
 仕事から帰ってきた夫に、日和子はその日にあったことをつとつとと話します。(日和子はおしゃべりずきのうるさい女ではなく、おっとりとした女性です)。
しかし、夫からの反応はありません。
たまに帰ってくる返事は「うん」。
 ご飯や飲み物のこと、承諾に関しても、質問をYESで答えられるものにしなければ、返事は来ず、全く違うことを切り出されます。逍三はあまり話を聞いていないのです。日和子に興味がない、ほかに女がいるというわけではないのですが、そういう性質の男のようです。
 伝えたことが全く伝わらない、もどかしい感じがとてもこんな夫婦は嫌だと思ってしまいます。
 しかし、そんな態度に頭にくることがある日和子ですが、「あなたっておもしろいのね」と、諦めというか許してしまうのです。逍三に関しても、家からたまに開放されたいなと思ってみても、会社や外の人間とつきあうのにはすぐ疲れてしまい、結局は日和子がいる家に安堵をいだいているようです。

 なんとも日々のやりとりにいつまでたっても慣れない二人が、たんたんと暮らしていく風景が、大逆転や危機、山場を乗り越えていくことなく過ぎていく。そして、微妙な感覚を持つ女性が出てくる、江國さんの小説らしい小説でした。
 そのため、はっきりとした恋愛小説が好きな方にはオススメできないかもしれませんね。
2006.02
17
(Fri)

江國 香織 / 朝日新聞社(2005/11)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:




緑の猫
テイスト オブ パラダイス
飴玉
雨、きゅうり、緑茶
櫛とサインペン


 江國さんには珍しく、全て女子高生の視点という短編集。
3人称ではなく、1人称だ。
 殆どの話が、同じ高校を舞台に繰り広げられる。例えば、一目置かれた存在である高野美代のように、複数の話にまたがって出てくる少女もいる。
 これも雰囲気を楽しむ小説だと思う。
大人でもなく子どもでもない。友達や家族のこと。恋愛。自分自身のこと。そんな少女の微妙な時期の日常を切り取っている。

 現代の女の子の姿だけれど、殺伐としていたり、生々しかったりはしない。自分もそうだっただろうかと考えながらゆっくり楽しめる本でした。
続きを読む »
2005.11
29
(Tue)

「スイートリトルライズ」 


江國 香織 / 幻冬舎(2004/03)
Amazonランキング:79,960位
Amazonおすすめ度:



 くまちゃんの表紙がかわいくてずっと読んでみたいなと思っていた本です。でも内容は「The・不倫」。

「人は守りたいものに嘘をつくの。あるいは守ろうとするものに。」
 テディベア作家の瑠璃子は、夫・聡との結婚生活にそれなりに満足して暮らしている。聡にしても同じで、大きな不満も公開もない。ただ、近すぎず遠すぎずの関係の生活。お互いの世界にはあまり立ち入らない。例えば、瑠璃子は聡のゲームやスキーに、聡は瑠璃子のテディベアに興味を示せない。
 お互い、二人での生活を尊重しているにもかかわらず、二人とも不倫をしてしまう。瑠璃子にとって、それは聡との生活の中になかった「」だった。
 瑠璃子はテディベアを買ってくれた客の春夫と。
 聡は大学時代の後輩のしほと。
パートナーにない部分を恋人に見つける。パートナーといると恋人のことを、恋人といるとパートナーのことを知る。
恋人とずっと一緒にいたい、会いたいという情熱を感じる。
でも、浮気をすることで、なぜか夫婦での生活が潤滑にいくように感じる。

「人は守りたいものに嘘をつくの。あるいは守ろうとするものに。」

 瑠璃子とって守りたいものは夫との生活だった。
瑠璃子は聡に浮気の事実を、聡は瑠璃子に浮気の事実を隠す。小さな嘘がたくさん増えていく。意外と隠せるもの。でも、その嘘は恋人のためではなく、夫婦の生活を守るためにある・・・。

 なんだか矛盾しているような嘘の考え方。でも、夫婦関係が守りたいものではなくなったとき、嘘は入らなくなる。だから、たしかにそういえるような気がする。

 浮気をしたいと思ったことは(多分)ない。
この二人の生活がうらやましいとも思えない。でも、結婚生活のなかに次第に「恋」はなくなっていき、スパイスのような恋を求めるようになる、というのはなんとなく分かるような気がする。恋することに執着がないので自分にそれが訪れるかは分からないけれど。

 江國さんの作品にしてはストレートな恋愛(不倫だけど)に属する作品でした。ただの不倫話じゃないかと言ってしまえばそうなってしまうけれど。修羅場なんかなくても十分危うい心情をやわらかく描写しているところは、やっぱり江國香織さんだと思う。
2005.10
25
(Tue)

「つめたいよるに」 


江國 香織 / 新潮社(1996/05)
Amazonランキング:12,411位
Amazonおすすめ度:



 また昔に読んだ本を紹介します。
 「つめたいよるに」は「つめたいよるに」と「温かなお皿」の二つの短編集が収められた短編集です。
 江國さんの作品のなかで、いちばんこの本が好きです。
とてもみずみずしくて、おちついた心になることができます。
 ゆったりした話、元気な話、面妖な話、切ない話。
「つめたいよる」にのほうは、絵本にしたら、大人も、こどもも好きになりそうな話がたくさんです。実際に絵本になっているものもあります。
江國さんのデヴュー作も絵本でした。その「草之丞の話」も収録されています。
「温かなお皿」は恋愛というか愛がテーマな作品が多いです。
 やっぱり江國さんは、ひらがなの使い方が、絶妙に上手いですね。とてもやさしい文章です。
寝る前に1作ずつ読んで寝るのがお勧めです。

続きを読む »
2005.10
23
(Sun)

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 


江國 香織 / 集英社(2003/06)
Amazonランキング:27,842位
Amazonおすすめ度:


出版社/著者からの内容紹介
恋は世界を循環するエネルギー。日常というフィールドを舞台に、優しく、ときに物憂げに、何ものをも畏れず繰り広げられる、9人の女性たちの恋愛。都会的タッチの「恋愛運動小説」。(解説・唯川 恵)
 
 これは、かなり前に読んだ本なのですが、さらっと再読したので、紹介します。

 9人の女性たちと、その恋愛模様を描いた長編小説です。
 それは、純粋に愛情を求めるものであったり、日常の役割から各別した恋愛であったりします。
 9人の女性と、そのパートナーがいて、その人たちがどこかで絡まりあっているところがおもしろいところです。小刻みに視点が変わりながら物語は進んでいきます。
 序盤は9人のそれぞれの不安定ながらも、ゆっくり進んでいく立場が描かれ、中盤から、それが少しずつ崩れ、方向が変わっていく様子が描かれます。
 
 立場が変わると求めているものも当然変わってきます。誰一人と、満足した愛のある生活なんて送っていないみたいです。恋愛して、結婚したら、それは恋愛ではなくなり、また新しい恋愛がほしくなる・・・。不倫の構造って単純で、悲しいですね。
 下の説明だけ見るとどろどろしている不倫話・不和話にしか見えませんが、そこは江國さんの作品。綺麗な言葉と、ディティールまでこだわった世界観で、さらさらと、単調に流れていきます。
続きを読む »
2005.01
23
(Sun)

「間宮兄弟」  


江國 香織 / 小学館(2004/09/29)
Amazonランキング:10,330位
Amazonおすすめ度:


江國香織の「間宮兄弟」を買いました。
珍しくハードカバーで。高いからいつも文庫本になるのを待っているのですが、 如何せん、江國さんは最近たくさん本をお出しになる。
「おもいわずらうことなく愉しく生きよ」「雨はコーラが飲めない」「赤い長靴」「スイートリトルライズ」・・・。
「東京タワー」も出た頃から、文庫版になるのを待ち続けていたら、映画になってしまった。
読みたいのに読めないというのは痛い!
ということで、何を買うか吟味した結果「間宮兄弟」を買うことに。
理由は、その設定と、「小学館」だから。来週提出のESの読んだ本欄にかくぞ!ということで・・。

いつもの江國さんの本には出てこない人が主人公のこの話。
「そもそも範疇外、ありえない」男達の恋愛小説だ。
30代で、独身。ずっと兄弟仲良く暮らしている。細くて、7・3分けの兄。小太りで人付き合いが苦手な弟。恋人がいたことはない。
失恋をしたら、兄は酒を飲み、弟は新幹線を見に行く。
そんな彼らが、大学生の姉妹や小学校の先生、同僚の妻などと関わる中で、恋をして・・・・。その恋の結果は言いませんが。
決して、かっこよくないし、地味で、不器用。でも、他人を穏やかにさせてくれるなにかがこの兄弟にはある。

鉄道模型に2千ピースのジグソーパズル。野球のスコア表にたくさんの本。懐かしいボードゲーム(人生ゲームやダイヤモンドゲーム)、たくさんのプラモデル。
毎年、写真館で写真を撮り、母親に送るのが恒例だ。
たくさんのディティールが、彼らの素朴さというか、こんな人「いそう」というかんじを出している。
悲しい思いも、つらい思いも、うれしくて舞い上がってしまうこともある。ちょっと悲しいけど、暖かい話だ。カッコイイ、美男美女のハッピーエンド、病気を乗り越えて・・・だけが"純愛"ではない。とても「愛」を感じる話だ。



♪BGM♪ nil  garden
 | ホーム |  »
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。