☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01
25
(Thu)

「I’m sorry,mama.」 


桐野 夏生 / 集英社
Amazonランキング:148346位
Amazonおすすめ度:



 「グロテスク」で気になって、そのまま図書館で借りてみました。
ショッキングピンクの表紙、廃墟に少女、ゴシックで「I'm sorry mama」の文字。もう、それだけでなんかすごそうだこの本…と惹きつけられてしまいますね。新聞の2面に広告が出たとき、読んでみたいと、そういえば気になっていたことを思いだしました。

 グロテスクほどの緻密さはありませんが、主人公・アイコの破壊的な悪役っぷりがパワフルな作品です。さえない見た目のアイコ。話ではすでに中年の女性。人生の中で、盗み、売春はおろか、実は殺人まで何度も起こし、それも足がついていない。根から腐ったような人間です。救いようのない、潔すぎる悪役ぶりです。
 この悪役が、悪事をエスカレートさせ、どうやって追い込まれていくのか。このまま悪事がばれずに逃げおおせられるのでは!?とハラハラするようなスピード感もよかったです。

 アイコは、娼婦のいる宿で生まれ、親は誰か分からぬまま、娼婦たちと過ごしていました。宿主の死で、児童施設で暮らし始めますが、普通ん子供とは違う、妙に大人っぽいというか、大人のずるがしこさを持った奇妙な子供でした。
 前半では、アイコにかかわってきた人がアイコについて思い出したり、アイコを中心に事件が起きたりします。
 後半は、アイコの視点です。アイコは実は殺人事件を起こすのですが、それから逃れるために居候の地を離れ、昔からの知り合いの老婦人の元を尋ねていきます。娼婦だった老婦人、昔の娼婦たち、新しい働き口。そういうものと関わるうちに、アイコは自分の出生の秘密を辿っていきます。


 快か不快かだけで生きているようで、怒り、苛立ち、狂気、敵意。そういうものの塊のよう。悲しみなどが全く感じられない。そんなアイコなのですが、ひとつだけ弱点のようなものがあります。それは、母親の存在です。生まれたころから娼婦の元で暮らし、親はだれか分からない。捨てられて蔑ろにされてきたアイコ。彼女の支えは宿主からもらった母親の肩身という白いハイヒール。
 世を捨て、悪事を働きながら生きる大人になっても、それを大事に持ち続け、そして話しかけ続けているのです。

 この話には、色々な女性が出てきます。どれも、一般的な「まっとうな人生」を送っている人ではありませんが、色々な母親の形が見えるような気がしました。
 桐野さんは女性を、すごい角度からばっさり切り取って表現する作家さんなのでしょう。他の作品も読んでみたいです。

 
スポンサーサイト
2007.01
15
(Mon)

「グロテスク」 


桐野 夏生 / 文藝春秋
Amazonランキング:2799位
Amazonおすすめ度:


グロテスク〈下〉


 今年初めて読んだ本が「グロテスク」です。
実家で父が読んでいたものを発見しましたので、借りてみました。
下巻だけ持って帰りました。ごめんなさい。
新年早々エグイ本を選択してしまったものです。

 恐ろしいの美女であった娼婦のユリコ。
 大手企業の会社員の裏で娼婦をやっていた和恵。
 秀才で優等生だったミツル。
 そして、ユリコの影で目立たずに生きている「私」。

 この4人の女性の生き様を描いたこの作品。基本的に、名を明かさない「私」の独白で進められます。
 娼婦だったユリコが何者かによって殺害されます。1年後、ユリコの姉の知人だった和恵がアパートの一室で殺害されます。一流企業に勤めていたにもかかわらず和恵は娼婦をしていたことが明かされます。「私」は事件を静観しつつ、過去のことを振り返ります。
 この事件は「東電OL殺人事件」として、実際にOLと娼婦を両立させていた女性が殺害された事件をモチーフとしたものです。ずいぶん、OLの過去についてマスコミがセンセーショナルに報じたようです。
 この作品は、誰に、何故ユリコや和恵が殺されたのかではなく、社会的な役割を得ながらも、娼婦に身を落とした女性(=和恵)の心理を表した作品です。

 親子兄弟姉妹、学校、家庭、会社、社会の中、様々なところに現れる階級や差。残酷なまでの格差をこの小説は描いていて、空恐ろしかったです。
 一番痛々しかったのは、認められたいがために、ひたすらズレたまま突っ走った和恵。(それを、どこか小気味よく感じてしまうのも恐ろしい)。
 一番悲しいのは、和恵やユリコと距離をおいているようでいて、その自分との違いにずっと固執し続けていた「私」でしょう。
 グロテスクという言葉がぴったりの、女性の人生を描いた、読み応え十分の作品でした。
続きを読む »
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。