☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02
28
(Thu)

「ビッグ4 」 


アガサ・クリスティー
Amazonランキング:174178位
Amazonおすすめ度:



 早川書房のクリスティー文庫4の「ビッグ4」。
今作のエルキュール・ポワロの敵は世界をまたにかける犯罪組織「ビッグ4」。犯罪組織の壊滅に向けてポワロが挑む、スリリングでダイナミックな作品だ。

 ポワロの元をアルゼンチンから一時帰国してきたヘイスティングズが訪れる。ポワロは事件の解決のためにちょうどアルゼンチンへ向かおうとしているところだった。その二人のもとに、突然英国情報部員が命絶え絶えに駆け込んでくる。彼は「4」を書きなぐるだけで死んでしまう。
 ポワロは、「4」はビッグ4という犯罪組織のことを示すだと察知する。
 ビッグ4とは、ナンバー1の中国人のリー・チャン・イェンを筆頭にした世界的な犯罪集団。ナンバー2は財力、ナンバー3の女性は科学に長けており、そしてナンバー4の殺人者であるという。
 ポワロたちは、この世界支配を目論み、動き始めたナンバー4を追い始める。組織に命を狙われ、大掛かりな罠を何度もしかけられ、絶体絶命という状況に何度も陥る。しかし、常に先を読み巧妙に振り切るポワロ。最後にはポワロから大掛かりな罠をしかけ、とてもスリリングな闘いを挑む騙しあいがおもしろい作品だ。

 この作品でもいい味を出しているのはヘイスティングズ。ポワロに負けじと頭を働かせて動くが、まんまとビッグ4に騙されるのはおろか、ポワロが仕掛ける罠にも騙されている。ポワロはヘイスティングズの行動も加味したうえで罠を仕掛けているのだ。とてもいたたまれない可愛そうなヘイスティングズ氏だけれども、正義感とポワロに対する友情が素晴らしい。
 初めて読んだ3冊に、彼がたまたま出ていたので、ヘイスティングズがいない作品は少し寂しい。あまり探偵ものを読まないので例が変だけれど、ホームズのワトソン君であり、陰陽師の博雅みたいな存在であると想う。うまく使われてしまう彼が私は大好きだ。


 設定がダイナミックな割には、そんなに長くないので読みやすい作品だとおもう。
スポンサーサイト
2007.07
20
(Fri)

「青列車の秘密」 


アガサ・クリスティー, 青木 久恵 / 早川書房(2004/07/15)
Amazonランキング:4736位
Amazonおすすめ度:



 
 アメリカ人の富豪オールディン氏は、娘のために「火の心臓」というルビーを手に入れます。ルビーの受け渡しをめぐる数人の名前が伏せられた怪しい人物たちの動きから話は始まり、ちょっとスリラー。
 オールディンの娘、ルース・ケタリングは、父親の勧めで夫のデリクと離婚することに決めます。一方のデリクは、ミレーユという女性と愛人関係にありますが、財政的に危機的な状況にあり、離婚はあまり望まれるものではありません。いっそルースが今死んでくれれば莫大な遺産が転がり込むのに…と考えてしまいます。

 イギリスのセント・メアリ・ミード村では、とある老婦人が亡くなり、キャサリンという世話をしてきたコンパニオンに遺産をすべて相続するという大ニュースが起こります。慎ましく暮らしてきたキャサリンは、村を出て、知らなかった世界を見てみることに決めます。遺産の一部をどうにかして掠め取ろうという欲望が見えていましたが、彼女は親類誘いを受けて、リヴィエラに向かいます。

 キャサリンは、ブルートレインの中で、見知らぬ貴婦人と言葉を交わしました。婦人は今からリヴィエラへ恋人に会いに行くこと、夫とは離婚調停中であること、恋人のことは父親が認めていないことなどを話しました。
 翌朝、キャサリンはその貴婦人-ルース・ケタリング-が客室内で殺されていたことを知らされます。

 同じ列車には、偶然夫のデリクやミレーユがのっていました。警察の聞きこみからデリクに疑いがかかります。しかし、ルビー「火の心臓」が失踪していたことからも、他にも疑わしい人物が何人か現れます。
 痴情のもつれか、秘宝をめぐった犯罪なのか。
 同じ電車に乗り、オールディンから依頼を受けて調べているポワロは、意外な人物を犯人だと考えます。


 

2007.06
16
(Sat)

「ひらいたトランプ」 


アガサ クリスティー, Agatha Christie, 加島 祥造 / 早川書房(2003/10)
Amazonランキング:70272位
Amazonおすすめ度:

 

 トランプ・・・最近やっていない・・・というか家の中にトランプがないですね。残念ながら私はトランプのゲームをあまり知りません。多分家族の誰もがトランプに詳しくなかったためだと思います。最後にやったのは「大富豪」でしょうか。大学のとき一世を風靡しておりました。
 この小説に出てくる「ブリッジ」というトランプのゲームを知っている人にとっては、楽しい作品だったでしょう。ブリッジのルールを知らなければ分からない作品ではありませんが、途中少し詳しくゲームの敬意が語られ、その部分だけ分からないというのが残念でした。
 この事件では、ブリッジのプレイの仕方から当人の性格と、犯しそうな犯罪のタイプを考察し、また、プレイの進み方から殺害を犯した四角ともいえる時間を、ポワロは探し出します。

 この作品ではポワロさんはどんな事件にあったのでしょうか?
夜な夜なパーティーを開く悪評高く、気味の悪い男シャイタナ氏(サタンみたいな名前ですね)のパーティーに呼ばれたポワロ。そのパーティは昔完全犯罪の殺人事件を起こした者を集めたという異様なパーティでした。
 そのパーティに呼ばれた8人の人々は、4人ずつ別々の部屋でブリッジを楽しみますが、その片方の部屋でシャイタナ氏が殺されているのが発見されます。必然的に同じ部屋にいた4人のうちの誰かが犯人ということになります。もう片方にいたポワロや、バトル警視、レイス大佐、小説家のオリヴァ婦人はめいめい事件を調べていきます。
 シャイタナ氏の言っていた通りに、4人には「殺人」の前歴がありました。殺人とはいえ、殺人とも受け取れたり、過失であったりしますが、ポワロはひとつひとつ各人の過去の疑惑を洗い出し、事件の犯人を突きとめていきます。
 ラストに犯人はこいつか!と思うたびに実は違った…と二転三転するところは本当にやられた!!といった感じです。
続きを読む »
2007.05
26
(Sat)

「ナイルに死す」 


アガサ クリスティー, Agatha Christie, 加島 祥造 / 早川書房(2003/10)
Amazonランキング:37097位
Amazonおすすめ度:



 エジプト・ナイル川をさかのぼる豪華客船のなかで、若く・美しい資産家のリネットが銃で殺されます。犯人は同乗していた、リネットのかつての友人で、リネットの夫の恋人だったジャクリーンかと思われました。ジャクリーンは新婚の二人を追い回し、殺意を抱いていたからです。しかし、状況から彼女にはアリバイがあり、他に犯人がいることになりました。資産家のリネットには恨みを持つ人間や、財産を狙う人間がたくさんいる。一体誰が殺害したのか、旅行中のポワロが謎を解いていきます。

 クリスティの話の中でも長いこの作品は、20数人もの登場人物がでてきます。全員があたりまえですが外国人の名前なのでわかりにくく、登場人物一覧なしでは読めません。
 はじめの200Pくらいは、これら登場人物がエジプトへの旅へ出る前の前置きになります。彼ら一人一人の誰もが話の中でも重要であり、この前置きにはたくさんの「伏線」が張られています。
 前置きもかならず読んでおいたほうがいいと思います。もしくは後からじっくり読んでみてもいいかもしれないですね。

 中でも注目すべきは、リネット、ジャクリーン、サイモンの3人。この3人の愛憎が必然的に話の中心になってきます。
 
続きを読む »
2007.05
14
(Mon)

アガサ クリスティー, Agatha Christie, 矢沢 聖子 / 早川書房(2003/10)
Amazonランキング:111066位
Amazonおすすめ度:



 アガサ・クリスティと探偵・エルキュール・ポワロのデビュー作である「スタイルズ荘の怪事件」です。
クリスティは中学のころ好きだったのですが、よくよく考えるとあまり作品を読んでいません。
「そして誰もいなくなった」を先日読んだので、今回は最初の作品を読んでみることにしました。

 内容はこのような感じです。
 ヘイスティングスは旧友の招きでスタイルズ荘に招かれます。しかし、屋敷の女主人の不信感を抱かせる新しい主人が、周囲の反感を買い、そのおかげで屋敷の中は張り詰めた空気になっていました。
ヘイスティングスが招かれてしばらくたったある晩、女主人は何者かによって毒殺されてしまいます。
その捜査を、ベルギーから亡命し、偶々近くに住んでいたエリキュール・ポワロが探ることになります。
ポワロは元警察の私立探偵で、ヘイスティングスの親友でもあります。
遺産をめぐり怪しい人物は此処彼処に。誰が老女を殺害したのか・・・・・・?

 屋敷に遺産という推理小説の典型でありきたりなんじゃ・・・と思ったらそんなことはありません。
クリスティの作品は誰がやったのか、気になって引き込まれてしまいます。
コミカルなポワロと、負けず嫌いのヘイスティングスのコンビも面白い。ポワロに認められるべく知恵を絞ったり、ポワロにそれくらい気づくだろうと子馬鹿にされていらだったりするヘイスティングスにはちょっと驚きましたが。
 舞台が非常にダイナミックなオリエント急行などと比べたら、基本という感じですが面白かったでし。
2007.01
20
(Sat)

アガサ クリスティー, Agatha Christie, 清水 俊二 / 早川書房
Amazonランキング:3322位
Amazonおすすめ度:



 前回は森博嗣「そして二人だけになった」を読みましたが、このタイトルを見るとどうしても読まずにいられない作品がありますよね。
そう、アガサ・クリスティーの名作「そして誰もいなくなった」です。
クリスティは中学生のころ嵌りました。文庫はオリエント・ABC・アクロイドのみで、あとは児童向けの本の短編しか読んだことがないですが、ミステリーを好きになった・文庫本という小さな本を読んだ、貴重な出会い(笑)を作ってくれた人です。

 内容は、もう語ることもないでしょう。
インディアン島に集められた10人の人々。お互いも、そして自分を呼んだ人物のこともよく知らずに集まった10人に突きつけられたのは、裁きの宣告。過失や罪にならない事柄で結果的に他者を死に追いやってしまった。その「殺害」したという罪で10人は、次々と殺害されていくのです。
 最初から結末が見えるタイトルに、内容。一人一人インディアンの童謡にあわせて殺されていく。居間におかれたインディアンの人形はひとつずつ減っていく・・・。数が減るにつき人々を襲う、猜疑心と死の恐怖!
 展開がわかるのに犯人がわからないというところもすごい。

 この本だけは絶対に、後ろのページ、あとがきの前は見てはいけません。犯人がわかってしまいますから。一度読んだ後、犯人を知ってから読み直すとまた面白そうです。
続きを読む »
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。