☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12
18
(Tue)

「初恋温泉」 

温泉を訪れた男女が題材の短編集


吉田 修一 / 集英社(2006/06)
Amazonランキング:149406位
Amazonおすすめ度:



 実在する温泉地を訪れた5人の男女の物語が収録されています。
 別れる間際の男女もいれば、一人できてしまった男、初々しい高校生などいろいろなシチュエーションの話があってなかなかおもしろい本だと思います。

「初恋温泉」(熱海「蓬莱」)
 重田は妻の彩子と熱海を訪れる。数日前に彩子から突然離婚したいと告げられていた。一生懸命働き、居酒屋が軌道に乗り始めたころで、互いに幸せだと思っていただけになぜなのか分からない。

「白雪温泉」(青森「青荷温泉」)
 おしゃべりな辻野は、同じくおしゃべりな若菜と温泉地にやってきた。バスから雪景色の外にでた瞬間一切の音が消えてしまう、不思議な感覚を味わう。その晩、古風な旅館でふすま一枚隔てた隣の客の不思議な雰囲気が気にかかる。その客のおかげで言葉がなくても通じ合えるのだと感じた辻野の話。

「ためらいの湯」(京都「祇園畑中」)
 勇次は和美と京都で落ち合い、旅行することに。二人は互いに配偶者がおり、不倫の関係である。二人とも互いの家族に、そして互いに罪悪感を持ち合わせている・・・。

「風来温泉」(那須「二期倶楽部」)
 恭介は保険の外交員をしている。妻の真知子と温泉に行くつもりが一人で来ている。旅行の前、仕事のことで妻とけんかした。あらゆる伝手を駆使して保険の売り上げを1位に保ち、妻に不自由のない生活を与えているつもりだったが、妻からそんなのなくても幸せなのにといわれ、激高してしまった。温泉に来て、出会った女社長にまた営業をかけ始める恭介・・・。

「純情温泉」(黒川「南城苑」)
 高校生の健二は親に内緒で、彼女の真希と温泉に行くことにする。未成年のこっそりの計画であり、下心もあいまってウキウキしている健二。温泉で、永遠に一緒にいられるなんて思えなくてナーバスになっている真希であるが、一緒にずっといたいと心から思う健二のなんとも初々しい話。
スポンサーサイト
2007.07
25
(Wed)

「日曜日たち」 


吉田 修一 / 講談社(2006/03/15)
Amazonランキング:152345位
Amazonおすすめ度:


5人の、ちょっと寂しい感じの人たちを描いた連作小説です。個々に関連のない話のようですが、彼らには共通したある記憶がありました。なんてことのない1日(おそらく日曜日)に出会った二人の兄弟の記憶。この二人の家出していると思われる謎めいた兄弟に出会ったことだけが、この短編をつないでいました。

「日曜日のエレベーター」
 30代で無職の男・渡辺。昔付き合っていた圭子という医者を目指す女性を思い出している。

「日曜日の被害者」
 夏生は友人の千影が強盗に入られた連絡をもらい、とても不安に陥る。千影と疎遠になった友人との最悪の旅を思い出す。

「日曜日の新郎たち」
 東京で一人暮らしをする健吾。九州から親戚の結婚式に、妻を亡くし、一人で暮らしている父親がやってきた。前回父親が来たときのことを思い出す。

「日曜日の運勢」
 銀座のクラブでアルバイトをしている男・田端。彼は女性に振り回されて堅実な生活というものから遠ざかってしまった。そして今度も恋人からサンパウロに行こうと言われる。何もやり通したことがないなと思索しているときに大学時代のある出来事を思い出す。

「日曜日たち」
 地元の名古屋へ引っ越そうとしている乃里子。彼女は昔付き合っていた男に暴力を振るわれ、相談に行った先で救われ、そこの仕事を手伝うようになった。引越しの途中昔であった人物に再会する。


 表紙もそうですが、どことなく武骨で、昭和というか90年代初頭というような空気を感じました。(わけわかんないですね)
 少しさびしい、華のある生活の人々ではないですが、その分とてもリアルな感じがしました。吉田修一さんの話は、時代やその人々の書き方がリアルでおもしろいなと思います。
2007.06
05
(Tue)

「パレード」 


吉田 修一 / 幻冬舎(2002/01)
Amazonランキング:381571位
Amazonおすすめ度:



吉田修一さんの作品が図書館に結構あったので借りてきました。ちなみに山本周五郎賞受賞作とのことです。ちなみに、またまた装丁が鈴木成一デザイン室さんのものでした!

2LDKに共同生活をしている若者5人のそれぞれの胸のうちを綴った作品です。

<目次>

杉本良介  21歳・H大学経済学部3年
      現在、下北沢のメキシコ料理店でバイト中

大垣内琴美 23歳・無職
      現在、若手人気俳優「丸山友彦」と熱愛中

相馬未来  24歳・イラストレーター兼雑貨屋店長
      現在、人生を見つめて深酒中

小窪サトル 18歳・自称「夜のお仕事」に勤務
      現在、無駄な若さを切り売り中。

伊原直樹  28歳・インディペンデントの映画配給会社勤務
      現在、第54回カンヌ映画祭パルムドールの行方を予想中。


 血のつながりもなければ、親友といったわけでもなく、年齢職業もばらばらな5人。最初の杉本君は、大好きな先輩の彼女に一目ぼれし、あろうことかその彼女とこっそりつきあうことに。その顛末や杉本君の言動がなかなか面白い。
 面白い出だしで、楽しい共同生活か・・?と思ったのは最初のうちで、結構誰もがドライな感覚で生活していることが分かってきます。
馬鹿なことで一緒に騒ぎつつも、一番弱いところは見せられなかったり、上辺だけの関係でいいから楽と思っていたり。
実は心では馬鹿にしていたり、親身なふりだけだったり…。
 現代の若者らしい心境(と簡単に表現しちゃうのもなんですけど)がとても面白く読めました。
  
続きを読む »
2007.05
23
(Wed)

「パーク・ライフ」 


吉田 修一 / 文藝春秋(2002/08/27)
Amazonランキング:267664位
Amazonおすすめ度:



 吉田修一さんの本ははじめて読みます。
図書館でよく目にするので借りました。
短編2編収録です。

「パーク・ライフ」

 恋愛の「はじまり」を絶妙に描いた作品。
あらすじは、「僕」がある日、電車の中で誤って話しかけてしまった女性。その女性とばったりと日比谷公園で会い、幾度かお昼を共にする仲になります。仕事や知り合いの夫婦、母親などの日常出会う人々などとの交流を描きつつ、特別波乱も変化も起きないまま話は進みます。いつこの2人は恋愛を意識するのかな・・・、と読者が期待を徐々に抱き始める矢先、恋愛が始まりそう!なところで話は終了。

 始まりそうで始まらない。
とても心憎い1作でした。


 この作中で「僕」がやっていた、「分身」が世界中を旅するネットの遊び。スタバやらプラトニックセックスやら固有名詞が出る作品なので、きっとホンモノがあるに違いないということで探したら、あっさり発見。「美穂の旅」というサイトでした。
早速登録してみる。
私の分身は、まず京都へ向かったようです。
なんとも地味なものですが、こういうの嫌いじゃないです。
続きを読む »
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。