☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08
07
(Thu)

「まほろ駅前多田便利軒」 


三浦 しをん
Amazonランキング:84823位
Amazonおすすめ度:



 直木賞を受賞した三浦しをんさんの「まほろ駅前多田便利軒」を、ようやく図書館で発見し読んでみた。「直木賞」ときくと重々しいが、非常に、それも拍子抜けするくらいライトな口当たり(?)の本だった。
 
 便利屋を営む多田の元に、高校の同級生だった行天が転がり込んでくる。ぶっきらぼうな多田も職業が怪しいが、行天は風貌もさることながら、仕事も帰る家さえもなく、この上なく怪しい。高校のときは全く喋らない変人だった行天は、意外にも喋るときはたくさん喋る。行動はぼーっとしていたり、危険も冒すほどハチャメチャであるが、意外に気を使っていることもある。
 この二人が便利屋の仕事を通して、色々な人の問題や事件に出会っていく様子が、短編の連作の形で書かれている。棄てられた犬の引き取り先を探したり、小学生の送り迎えの仕事から小学生を使った麻薬密売を知ってしまったり、風俗嬢の男女のいざこざに巻き込まれたりする。
 便利屋という雑務と探偵的な事件が起こるところがおもしろく、男と男の友情が美しい話であるが、家族の愛情の話も大きな要素になっている。多田は子供を亡くし、離婚した過去を持ち、行天は体外受精により同性愛の女性の子供の「親」になったようである。家族という面で二人とも寂しい経験を持っている。行天は謎だったけれど、多田がひたすら真実に向き合うことができずに破滅を招いてしまったと自分を責めている心情などはうまいなぁと思った。

 この話は、キャラクターがつぼにはまる人も多いかもしれない。飄々と常識とズレて生きる行天のような男は実際にいたら大変だけれど、好かれるタイプのキャラクターである。
 でも、もしかしたら男性にはおもしろくないのかもしれない。よく、異性が描く異性は同性から見ると「いないよ、そんなやつ!」みたいになるように思うが、離れても最後は元に戻ってくる男の友情なんてそうそうないのではないかと思うのだ。べつにBLではないけれど、男と男の距離がちょっと近い雰囲気を感じられないこともない。
 
 
 直木賞の重みを一切感じず、らく~に楽しめる1冊です。
スポンサーサイト
2007.08
23
(Thu)

「私が語りはじめた彼は」 

 

三浦 しをん / 新潮社(2007/07)
Amazonランキング:5266位
Amazonおすすめ度:


 
 大学教授の村川融。不倫を経て、家族を捨て、新たな家庭を持った奔放な男である。彼を取り巻く女や男、息子や娘たちは、彼を通してどのような愛を求めていたのだろうか・・・? 

 三浦しをんさんの作品で読んだのはこれが2作目です。前に読んだむかしのはなしが幻想的な感じだったので、リアルな社会が舞台で淡々とした文体で書かれた本作は意表をつかれた感じがしました。すべての短編の中心人物、村川融は幾人もの女性と不倫をし、とうとう妻や家族を捨て、別の女性と家庭を持ってしまう男です。不倫をテーマにした話はあまり好きではないのですが、この作品のいいところは、単に妻と愛人が男を取り合う話ではないところ。村川の不倫・離婚という一連の行動により、人生になんらかの影響を与えられてしまった人々の視点の短編で構成されています。
 彼女を村川に奪われた大学の助手、村川と怪しい関係にあるらしい妻を持つ資産家の夫、村川の息子、村川の義理の娘を監視する男、村川の実の娘と交際する男。彼らが村川と、または村川にかかわる誰かとかかわる中で、それぞれの人間関係や恋愛に悩み答えを探していくような内容です。村川や、その妻、愛人の視点がでてこないのに、女たちや彼らに振り回されてきた人々の感情が伝わってきて、おもしろい作品でした。
 
続きを読む »
2006.02
14
(Tue)

「むかしのはなし」 


三浦 しをん / 幻冬舎(2005/02/25)
Amazonランキング:46,918位
Amazonおすすめ度:


<収録作品>
ラブレス
ロケットの思い出
ディスタンス
入江は緑
たどりつくまで

懐かしき川べりの町の物語せよ


 三浦しをんさんの本ははじめて読みました。
表紙がいい感じだったので借りたのですが、それもそのはず。
私の好きな装丁家鈴木誠一デザイン室のものでした。

 この短編集は、日本の昔話にヒントを得て、いま、昔話が生まれるとしたら、こうなるだろうなと考えて作られた作品だそうです。
昔話たちになんとなくヒントを得ているなと感じ取れるものもあれば、どのあたりがそうなのか、あまりよく分からないものもありました。
 全てばらばらの作品かと思えば、最初のほうは、ある男性、後半は、地球があと3ヶ月でなくなるという設定で繋がっていました。
 地球がなくなるというなさそうで誰もが考えたことがある瞬間。そのときの人々の思いや寂しい雰囲気が感じられる本でした。
まだコレしか呼んでいなくて、ほかにどんな作品があるのか知らないのですが、この現実とギリギリのところで離れている感じの文章はいいなと思いました。
続きを読む »
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。