☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02
22
(Sun)


 毎週日曜日小説1冊・ビジネス本1冊を買い、翌週移動中に読むことにしています。(もっと読めますがお財布に相談したいところです。)

 仕事に関して読みたい内容としては3つあります。
①モチベーション・仕事をする女性の生き方
②仕事のさばき方・対応の仕方
③営業・マーケティング

 ①は、買ったことがありません。生き方っていっても「この人のように生きよう」みたいにはなりません。そういう人たちもいるのだと参考にする程度です。モチベーションは②でも③でもあがりますので特に今は読まなくていいかなと思います。

 ②は、効率であるとか、メモの取り方・文章書き方だとか、コミュニケーションや話し方、エクセル活用法、段取り術といったもの。まだまだ素人なので(3年たったけど後輩なし)。さほど高度な仕事はしていませんが、なかなか興味を惹かれます。話し方・聞き方は難しいので、この前1冊読みました。

 ③は一番難しいところ。あまたの本がありますが、自分の身の丈くらいの本を探すのが難しい。そこそこ以上バリバリ以下のOLなので、勝間さんなどすごいビジネスマン&ウーマンが書かれた本はハードルが高い・・!基本の営業・・どう話を持っていくものなのかとか知れたらいいのです。だめなやつだとかいわないでください。
 マーケティングについては、お客さんの商品を売るためのツールが商品なので2重の意味で売る方法を知っておかなくてはいけません。私は圧倒的に知識不足。ただ、会社自体、マーケティングに基づいた広告やブランディングのレベルまでは達していないので、基本が書かれたなかなかいい本がない。通販の本ってピンポイントであるわけじゃない。結び付けられる本をさがさないといけない。あとは、やはり経験なのでしょう・・。

 さて、この本は著者は「ブリタニカ」で29歳にして世界2位の売り上げを上げ、若くして営業部長を務めた方。③に届かない内容で、①に近いかなと思います。女性営業の経験を踏まえて、営業ってこいうものですと書かれています。

 目次と一部だけ書き出します。

1章 営業は、とにかくポジティブにいこう!
 …著者の考える営業という仕事について書かれています。

2章 売れる営業に必要な「三つの能力」と「五つの財産」
    「三つの能力」=「知識能力・情緒能力・意識能力」
    「五つの財産」=「時間・エネルギー・集中力・技術・想像力」

3章 「自分を上手に売り込める人」が数字を伸ばす

4章 売れる営業の陰には”マーケティング”あり!

5章 「商品・サービスのよさ」はこうすれば伝わる
    営業は「今困っている」「このままだと不安」「もっとよくなりたい欲望」を解決するためにある

6章 「さわやかな断られ方」ができますか

7章 部下がいる人、いつかは独立したい人へ

8章 営業の超・基本 8つのステップ
    1マーケティング
    2アポイントづくり
    3コミュニケーション
    4商品説明(プレゼンテーション)
    5他社との比較(セミクロージング)
    6金額の提示(クロージング)
    7契約
    8契約直前とその後のフォロー

9章 営業は「熱く」なくちゃ!
スポンサーサイト
2009.02
14
(Sat)


 営業コンサルタントの女性による本。オール電化の普及に勤めた人とのこと。

 仕事をする上の基本的な姿勢と、女性ならではのとりたい姿勢、陥りやすい失敗についてアドバイスされている。最低限のマナーや心遣い、上司や周囲とのコミュニケーションにより好かれる女性になること、「できる女を演出してどうどうと働きましょう」というようなことが書かれている。

 「○○したいものですね」で終わるこの本は、著者を含め、本当の意味でキャリアを重ねている人は読むまでもない話だと考えられる。

 入社3年目で、結構適当に振舞ってしまっている自分にとっては、しおらしくする戒めにはなったように思う。

2008.05
15
(Thu)


 お仕事の関係でビジネス本が続いています。
今回は、経営コンサルタント神田昌典氏の本。
「感情マーケティング」とあるけれど、情に任せて売るというものではなく、お客が自分の商品に興味を持つポイント、購入したいと思うポイントとなるような感情のスイッチをうまく見つけて利用するかというようなことだ。
 筆者は「MBAを取得したコンサルタント」であるけれど、そういう資格や経歴は全く役にたたないと言い放つ。ビジネスは実際にやらないとわからない。この本は全体を通して神田氏が体験してきた仕事や、コンサルしてきた事例も踏まえられている。
 ビジネスの本質は、最初は見込みでいいので顧客を集めることで、次に繰り返し買ってもらうことと述べている。継続して商品を買ってもらうにも、口コミなどで広めてもらおうにも、最初の顧客が集まらなければ話にならない。実はこの当たり前のことができない。それを乗り越えるための広告宣伝の使い方と、営業としてのお客さんに対するスタンツが説明されている。
 すぐに自分の仕事とリンクできてとても読みやすい。そして非常に参考になる必読書だと思う。
続きを読む »
2008.04
20
(Sun)

「オレなら、3秒で売るね!」 


マーク・ジョイナー
Amazonランキング:44054位
Amazonおすすめ度:



 先輩が本気で読むべきだと薦めてくれたマーケティングの本。
「3秒で売る」という挑戦的で、強烈な題名ですが、ほんとうに3秒で売ってもおかしくない気構えや自信があり、そこに至るまでの押さえておかなくてはいけないキモが説明されている。そのキモとなるものが「圧倒的なウリ(The Iresistible Offer)」だ。 
 私の場合、通信販売のお客さんに特に応用したい内容が盛りだくさんだった。いつもへたくそなお客さんに併せてきたけれど、自分達もウリなんてそもそも考えられてなかったなと猛省。モノを売ることにかぎらず、自分達の会社のサービスや技術にも、どんなビジネスにでも応用できそう。

 文章もアメリカのお兄ちゃんがファンキーなノリで語りかけてくる感じで読みやすくてオススメの本。読むだけじゃなくて自分のものにして早速実行しろという言葉通り、読むだけじゃいけないですね。

 もう、次の人に貸さなくてはいけないので、要点だけメモしておきます。

□圧倒的なウリの構成要素<高・売・心(購買心)>

1.高い費用対効果 (高い費用対効果のあるオファーを作る)
2.売り文句 (強力なウリ文句を作る)
3.信頼性 (信頼性を持たせる)


 ※2.売り文句
  明瞭さ、単純さ、簡潔さ、緊急性
 ※3.信頼性
  ①証明するもの(社会的証明、技術的証明、事実に基づく証明)
  ②信頼性の伝え方(推薦、有力なクライアント、資格、表彰状、理論武装)

□魔法の公式
1.「圧倒的なウリ」を作り上げる
2.それを「のどの渇いた人」にみせる
3.おかわり!を売る


 圧倒的なウリを持って、それを求める人、もしくはマッチした人に伝える。それで打っただけで満足せず、次回の購入、新たなる購入にすかさず結びつける。あたりまえのようでいて、意外となぁなぁになっているんだ。

 あとで、もう一度読みたいです。
 
2008.04
15
(Tue)

「頭のいい段取りの技術」 


藤沢 晃治
Amazonランキング:527位
Amazonおすすめ度:



  ビジネス書はカバンに入れると重いしかさばるし、電車で読んでいたら眠くなるから小説に走る。そしてちょっと高い気がして自分では買わない。いままでも何冊か読んだけれど面倒で紹介していない。ついでにいうと、ポップでデザインがよく、帯もいいコピーがついていたりして惹かれる本があるが、読んだらたいしたことなかったりして残念な目にもよくあう。ジャケット買いはやめたほうがいいようだ。

 この本は とある若い社長さんに薦められた本であり、経費で買ってもいいということを知り、ばっちり手に入れた。

 よんだはいいが、内容は忘れてしまい、すでに会社に寄贈してしまったので、内容の紹介ができない。申し訳ない。

 藤沢さんは、元大手メーカーのソフトウェアエンジニアで、退職後、コミュニケーションなどの研究や講演を行っているそうだ。仕事を通して培ってきた彼自身の仕事の進め方がここには紹介されている。
 覚えているのは、最初のあたり。「段取りをよく物事を進める際、何を一番最初に優先させるか。それは他人の作業に影響を与えるものからやりなさい」というもの。周りに段取りが悪い人がいて、よく考えたら、仕事を放置することで周りの仕事が滞ったり、後に迷惑をかけたりしている。成程と思う。
 段取りがいいか悪いかといわれたら、悪くはないけれど、よくもないと思う。段取りというほどの仕事量がないような気もする。一度にワークが襲ってきて慌てふためくけれど、書き出して落ち着いてみれば、実はそうでもないことも多い。

 ライトな自己啓発・howto的なビジネス書は全部読んで、全部習得する必要はない。自分に合うなと思うところだけ拾ったらいいと思う。速読ができれば便利そうだ。
2008.03
27
(Thu)

「佐藤可士和の超整理術」 


佐藤 可士和 / 日本経済新聞出版社(2007/09/15)
Amazonランキング:243位
Amazonおすすめ度:



 グラフィックデザイナー、アートディレクターとして有名な佐藤可士和さんの著書。

 誰かに「こうしたほうがいいぞ」といっている本ではない。

 アートディレクターとして、佐藤氏がどんな考え方をして取り組んでいるかが書かれている。アートディレクションならではの内容もあれば、普通の仕事でも転用できる考え方もある。
 彼の考え方では、どんなことでも整理していくことがミソだ。ひとつのデザインを作るためにはクライアントの欲求や情報を整理する。物事を考えるときも、状況把握、視点導入、課題設定と、順序良く整理しながら考えていく。職場環境、PC、持ち物にも整理が必要である。

 佐藤氏のデザインしたもの、有名なものではSMAPやDOCOMOの広告、TSUTAYAなどがあるけれど、どれもとても洗練されていてスタイリッシュ。本書で紹介されている「極生」や「StepWagon」の広告の秘話などを読んでいると、徹底的に情報を整理しつくしてでてきたデザインのようだ。
 無機質なデザインが多いので、苦手な人もいるかもしれないけれど、私は彼のデザインを見るといつもすごいと唸ってしまう。無駄がなくてカッコいい。ただシンプルなだけじゃ相手には通らない。そこに確固たる根拠が存在するデザインなのだ。本当にすごい。
 
 整理ができたところで佐藤可士和にはなれないけれど、いつもコテコテの印刷物ばかり作っているので、ハイクオリティな感覚を持つ人の本を見ると刺激になるものです。
(購入)
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。