☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.01
29
(Sat)

「9月11日からのぼくのこと」 


小林 紀晴 / 講談社(2003/09)
Amazonランキング:313,481位
Amazonおすすめ度:



今日は暖かい一日だった。
布団でも干したいくらいだったのに、今日はバイトで干せなかった。
バイトは、学校の図書館のカウンター。
外は晴れているのに、暗くてじめじめしてて、暖房から冷風が出てくる図書館の中。
そとは暖かそうな日差しがみえる。せつない。
1時から5時半まで、ただひたすら、すわるだけだ。
テスト前といえども、うちの学校の図書館に人が来るはずもなく・・。来館者は延べ人数14人。
暇だ。

持ち込んだ本を読んだ。
小林紀晴の「9月11日からのぼくのこと」。
彼自身の話かと思いきや、小説のようだった。
ニューヨークに住む少年と、911の話。彼は父親が日本人、母親が中国人。
中国語と日本語をある程度話せて、英語はすこししか話せない。
アジア人など移民が多く働く地帯でバイトをしている。
民族としてのアイデンティティの確立が難しく、悩んでいる。
そこにおきた、アメリカ同時多発テロ。
言葉がわからない、テレビのない彼には何が起こったのかあまり把握できない。
日本や、アメリカの外では、報道がしっかりなされ、飛行機が飛び込むところ、人が飛び降りる光景、そういうものが見れる。
でもニューヨークでは、ちゃんとした情報が流れてこない。
見えるのは煙。逃げる人々。戦争が起きる、逃げなくては。ここは戦争地帯。はいってはならない。
彼の知り合いは、ニューヨークから逃げ、日本に帰った。
心配した父親が日本からやってきた。
でも彼は帰る気はない。
好きだった女の子の写真と特徴が書かれたビラが貼られていた。

短い話だった。1時間でよめた。
ニューヨークのなかであの事件を体験したら、本当にこんな感じだったんだろう。
何が起こったかわからない。「I have no idea.」。

読んでしまった。
さぁ暇だ。
新聞ダイジェストの別冊・時事問題の本をながめる。
夏に出たものだから、ちょっと結果がわかっていたり、変わってしまった内容もある。
後で確認しなくてはいけない。
わたしは、金融・経済が苦手だ。
仕組みがわからない。
まだ、政治のほうがわかる。がんばって読まなくちゃね。

ほとんど人が来ないまま一日が終わってしまった。
もっと本を持ってくればよかったかなと・・。

スポンサーサイト
2004.11
11
(Thu)

「アジアロード」 

写真家小林紀晴がアジアの国々、タイ・ベトナム・ラオス・ネパール・中国・台湾・沖縄といった場所を旅しながら出会った人々とその写真がつづられている。彼は、会った人々に声をかけ、写真を撮る。自分の国について、シアワセについて、そして日本について短くたずねる。それ以上、彼の意見や見解はない。ただとおりすぎていくものを見守るだけだ。

小林 紀晴 / 講談社(2004/10)
Amazonランキング:165,919位
Amazonおすすめ度:


アジアは近いのに遠いところだ。多分文化もファッションも日本に多く入ってくるのは欧米のものだ。どこか発展途上で貧しい・・・そんなイメージが拭い去れない。『観光』では、カルチャーショックは受けてもそこに生きる人たちのことはかかわらない限り伝わらない。
この本で見たアジアは、急激な発展をとげ、雑踏に溢れる都市や、発展と隣り合わせにある貧しさ、社会主義や戦争時代の傷跡が残る町、昔の宗教を守り続ける町・・様々な面があった。彼が会った人も、修行僧や学生、若者、女優、難民、老人・・・。将来、豊かになるために頑張る人々、豊かな人の反面、貧しい中で生きる労働する若者、宗教に身をささげた人、子どもをさらわれた親子、昔の日本を知る老人・・本当に様々だ。
日本もアジアの一部だ。しかしこの本に出てくる『日本』がどんな国か考えてみると複雑だ。日本は昔、アジアに戦争で侵略し、それが傷としても「なつかしさ」としても残っている。彼らの多くが正規の手続きで日本に来ることはできない。アジアの都市の急激な発展はそのうち東京を越すだろうと若者は言っていた。本当にそうかと疑ってしまう。でも、日本という国、東京は、成長しきって安定という段階にきてしまい、もっと上へという気迫は見られない。この本の中に出てくる若者の何人かは、とても気迫があった。これを見ると東京なんてすぐに追い越されてしまうに違いないと感じた。
この本に結論というものはないけれど、なにかアジアとか日本について考えさせられる面白い本だったと思う。

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。