☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12
31
(Wed)

「夜は短し歩けよ乙女」 

「ハッピーエンドだ。誰もが赤面すること間違いなしだ!」


森見 登美彦
Amazonランキング:304位
Amazonおすすめ度:



 2008年最後の読書は、森見 登美彦さんの「夜は短し歩けよ乙女」。

 黒髪の「彼女」に惹かれ、ひたすら外堀を固めていくだけに徹する「先輩」と、新しく出会う人や珍事件に目を輝かせながらのんびり渡っていく「彼女」の、恋愛コメディであり、甘酸っぱすぎる恋愛のお話である。 古風な文体なのに、出てくるキャラクターは強烈、シュチュエーションは京都を舞台としたファンタジー。ハチャメチャに見せかけてラストはかなり甘酸っぱーい恋愛話になっている秀逸な一作なのだ。期待しておいてよかった!こんなにぶっ飛んでいるのに、楽しくて、最後はほっとする作品も珍しい。

 第一章では、彼女は夜の木屋町・先斗町に酒精を求めて歩き回り、男気あふれる羽貫さん(女性)や、自称仙人・浴衣姿の樋口さんに出会い、飲み歩くことに。夜の木屋町には、李白という金貸しの仙人のような翁が3階建ての幻想的な電車に乗って姿をあらわす。めちゃくちゃ酒が強い彼女は出会った人々の借金帳消しをかけて、李白と酒飲みの対決をする。一方「先輩」は、「彼女」を見失い、ズボンを奪われ、悪い酒を飲まされ、ようやく彼女に出会えるが不運が彼を襲う。つくづくついていない。木屋町・先斗町の夜は長い。

 第二章では、糺の森で行われる古本市で彼女を待ち伏せする先輩。たまたま同じ本に手をのばし、ゆずるというベタなシュチュエーションを狙っているのだ。そこにあらわるるが李白氏。彼の所有する珍しい古書を手に入れるためには、真夏の極限に暑い部屋で火鍋なる激辛鍋を食べて戦いに勝ち抜かねばならぬ。偶然参戦することになった先輩は、そこに彼女が恋焦がれる絵本を発見する。

 第三章は京大学園祭で、これまたやはり彼女の姿を追う先輩がいる。学園祭には、謎の「韋駄天コタツ」が現れるわ、「偏屈王」のゲリラ演劇が随所で行われ、実行委員との戦いが繰り広げられていた。彼女は、色々な人と出会い、射撃で当てた緋鯉の人形を背負い、「偏屈王」のヒロイン役に抜擢される。
ここでは、「パンツ総番長」という新キャラが現れるのであるが、文中に何度もパンツ総番長と現れるたびに、自分は一体何を読んでいるのだと疑問がもたげてくる・・・。

 第四章。外堀を固めるだけ固めているのに、中に進めない先輩。自分の事を男として・・・以前に一人の人間として見てもらえているのか皆目見当つかず、そこに流行風邪に冒され万年床で過ごすクリスマスは心がズタズタである。一方、彼女は流行風邪に倒れていく周囲の人を次々と見舞っていく。そして、よく「偶然」出会う先輩の姿を見ないことに気がつく。

 あとがきは羽海野チカがイラストを書いています。青春の煩悩と甘酸っぱさを面白く書いたところ、おもしろくて濃いキャラクターがいるところ、学生なのに学生生活は一切かかれていないあたり、ハチクロとこの作品共通するにおいがあるのかもしれない。無邪気で超マイペースな彼女もいいし、不思議な自由人樋口さんもいいし、謎の李白爺もいじわるなんだか奥が深いのかわからないところもいい。サブキャラも面白い。とにかくこの空気、読んで味わってください。もう一度戻りたいぜ、大学生・・・。
 
スポンサーサイト
2007.08
17
(Fri)

「太陽の塔」 


森見 登美彦 / 新潮社(2006/05)
Amazonランキング:1117位
Amazonおすすめ度:




 女性に縁のない、妄想と幸せそうな男女を恨む、男汁あふれる京大生たちのファンタジー小説!?

 ちょっと変な本を手にしました。新潮文庫夏の100冊の中の1冊。

 主人公は京大農学部を休学中(5回生)の男。バイトと、元彼女の水尾さんの「研究」をしてすごしている。水尾さんにはクリスマスに振られてしまい、いまだその影を引きずっている。飾磨や井戸、高藪といった、同様に女気のないモサイ友人たちと、幸せであることを主張しあう浅はかな男女達に憂いを感じながらたくましく暮らしている。(勝手なイメージだけれど)京大生っぽい、やたら無駄に理論的な主人公たちの、くどくどしい語り口がおもしろい。
 ずっとグダグダな生活やモサイ大学生たちの生活描写の小説なのかと思いましたが、水尾さんに関しては別。大坂万博の「太陽の塔」の魅力にとり憑かれ、叡山電鉄に乗って遠くを眺める不思議な印象の彼女。夢に入り込むといった不思議な場面もあります。
 独り身にはこたえるクリスマス。四条河原町で「決起」するモサイ男集団。その喧騒の中、水尾さんを失った喪失感を1年たってようやく実感するラストはとてもしんみり。ここまでアホパワーあふれるないようだったのに、切なくなり、とても不思議でした。

 四条河原町、吉田山、北白川別当交差点、叡山電鉄、「鴨川等間隔の法則」(笑)・・・・・。京都(特に京大付近)を中心とした舞台は近辺を知っている人にとってはとても親しみを感じます。
 特に内容がある話ではなかったのですが、くどい文章がおもしろかったです。 私は京大生でも京都人でもありませんが、左京区大好きなので、そういう意味でもおもしろい本でした。
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。