☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03
14
(Sat)

「声だけが耳に残る」 


山崎 マキコ
Amazonランキング:20655位
Amazonおすすめ度:



 表紙がキレイだったので買ってみましたが、だいぶ問題作だったようです。一番紹介・感想をどうかいたらいいのか難しいタイプの話です。

 26歳の椎貝加奈子は、風呂なしのアパートに引きこもり、親から金を支給してもらい、ご主人様の閣下に調教してもらい…の下品で堕落した生活を送っている。そんな生活を送るには大きな原因があった。厳格で不仲の両親の元に育ち、まじめな優等生でありつづけた加奈子。しかし、父親から母親への暴力が絶えず、目にしてきた体験が本人の気づかないうちに精神に陰を落とし、無気力、大学の中退、就職先での不遇が引き起こされていったのである。
 社会復帰をしたいと願う彼女が参加したとある集会で、自分の無気力・対人恐怖などの症状が「アダルトチルドレン」と呼ばれていることを知らされる。「AC」を治して社会に戻りたいと決意した加奈子は、集会で出会った重度のACのケイちゃんと、もがきながら回復の道をたどっていく。

 これだけ読んだら、いい話のようですが、彼らがたどる道はものすごくヘビーなのです。彼女の頭の中は、痛々しいほどの自分自身や社会に対する罵詈雑言で溢れています。他人を気にせず、金に目がくらみやすいのですが、その一方で、とても気を使って心配したりする面があり、客観的に自分を見ているのが特徴です。彼女はとある男性に近づき、痛い目にあわされ僕のような扱いを受けながらも、つつましい恋人を演じようとします。最初はその行動の意味が分からないのですが、(これがまた不快感の残る場面の連続です。)抑圧された心が引き起こした、恐ろしい行動だったことが分かります。

 集会には、自分をACだと自己憐憫で癒していく会と、「自分で理解するハイヤーパワーの力を借りて真の自分自身を理解し、自分がなすべきこととそうではないことを見分ける力と勇気を与えられるよう祈ることである・・・」と宗教かなにかと見まがうような会の2つがありました。加奈子とケイちゃんは前者を選びましたが、結果的に自分が受けた苦しみを他人に広げていく「負の連鎖」を引き起こしてしまうことになります。加奈子は、どうにかこうにか社会に復帰し、ケイちゃんが起こした事件を知ったとき、後者の会のいう意味を理解することになります。前半から中盤にかけて生々しい場面でいやーな気分になりますが、この最後のACとその再生についての解釈については、それが正しいのかどうかは別として、うなるものがあります。

 アダルトチルドレンとは、機能不全家庭で育ったことにより、成人してもなお内心的なトラウマを持っている人のことを指すということです。その内実はすごく複雑で、虐待のようなひどいケースだけが原因ではなさそうですし、症状も軽いものから鬱や精神病になるようなものまでいろいろあるようです。普通の人では理解できないような無気力感や恐怖感を持ち合わせて苦しんでいるようで、この本のケイちゃんのように犯罪に手を染めてしまう人もいるのでしょう。虐待する親、偏愛して周囲との調和を乱す親、無関心な親など「親の問題」と、すさみ、犯罪に手を染めたり、心を病んだりする子どもの問題には密接な関係があることは明白だなと思います。どうしたものでしょうかとしかいうことができません。
スポンサーサイト
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。