☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05
24
(Sun)

「吉原手引草」 


松井 今朝子
Amazonランキング:2135位
Amazonおすすめ度:



第137回直木賞を受賞した作品が文庫化されました。

 江戸時代、栄華を誇った遊郭が並ぶ「吉原」。そこで店のトップクラス「呼び出しの花魁」として有名だった葛城という花魁が、何らかの事が起こり、姿を消したらしい。葛城はなぜ姿を消したのか?多くの周辺の人物たちの言葉で、葛城の人物像と、姿を消した血腥い出来事の真相が明かされていく。

 話は、とある若い男が、廓遊びがはじめての人物を装い、引き手茶屋や遊郭の使用人たちを次々と訪ね、葛城のことを何とか聞き出していく形で進んでいきます。吉原の中ではタブーとされている葛城の話題を、男はたくみに聞きだします。殿方相手に一歩も引かず、翻弄した頭のいい女性であった葛城の人物像や、身請けをかけた周囲の男たち、彼女の過去に関する謎がじわじわと浮かんできます。
吉原・花魁・遊郭・・・とはいえ、読者にはほとんど知識がないといっていいと思います。たまたま「さくらん」を見たので、なんとなく分かる程度でした。それを、話を通してこの「若い男」だけではなく読者にも吉原という世界の仕組みが、説明的ではなく分かるようになっているところが凄いと思いました。


-卵の四角と女郎の誠はないものだ-

という言葉がでてきます。「ありえないこと」の例えとして辞書にも載っているほどの言葉でした。
四角い卵がないように、女郎が本当の心で客と接することはない。廓の中で起こったことはすべてかりそめの出来事。その嘘で塗り固められた廓の中で、男たちが本性をむき出しにする。誰よりも嘘が巧妙で大胆だった葛城が突き通したひとつの真実。廓には人間のどろどろとした世界が広がっているけれど、なぜかドロドロとしたものより悲哀を感じさせられた作品でした。

 非常に面白い作品でした。ぜひ読んでみてください。
スポンサーサイト
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。