☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10
31
(Wed)

「狂骨の夢」 


京極 夏彦 / 講談社(2005/08/12)
Amazonランキング:96725位
Amazonおすすめ度:



 人を殺したことがあるという、他人の記憶が入り混じり、混乱した女。「骨」に魅入られてしまった人々から京極堂が憑き物を落とします。

 京極堂シリーズ第三弾「狂骨の夢」です。
「匣」の次は「骨」です。不気味なことこの上ありませんが、「匣」のほうがグロかったとは思います。匣も映画と聞きましたが、映像化に耐えられるのでしょうか。
 この作品も長いので、ざくっと説明いたしますと、関口や木場やその他の人々が方々でであった事件がつながったり、もしくはつながりがなさそうでも京極堂につながっているといわれ、なにがなにやら分からなくなったところで、京極堂がばっさりと糸をまとめて、ほぐして真相を説明する。「憑き物落とし」と称し、人の心を捕らえている何かを取り除いてくれるという話です。はい、これじゃぁ内容は分かりませんね。あらすじを書いてもなぁという感じがするので、後ろのほうで書いておきます。

 今回の謎解きは下巻1冊分。京極堂の薀蓄満載でした。フロイト・ユングの精神分析や、南北朝が分かれたときからの因縁や神社や密教のことまで。事件の解決というより薀蓄は薀蓄でおもしろいのでそれでおなかがいっぱいになりそうでした。複雑怪奇なわりに、驚きは少なめでしたが、まさかこのせいではあるまいか。
 
 この作品は、京極堂の次に好きな榎木さんが結構出てきてうれしかったです。発言が多かったんですよ。蘇ってくるという死人の話に対して「その死人は双子だったのだ」と言い切る榎さん。素敵過ぎる。新登場の人としては、旅館の息子で釣堀を営む、ぼさーとした伊佐間さん。榎さんや木場の戦友になるそうで、そのぼさっと加減がよかったです。
  
 
 ところで、おもしろいHPを見つけたので、勝手にですがリンクをはってみます。
「狂骨の夢」のあらすじを「レゴ」で作ったジオラマで表現するというシュールかつ画期的なページです。
榎さん満載です。是非ご覧くださいませ。
http://na4-ymc.hp.infoseek.co.jp/kyo3.htm
続きを読む »
スポンサーサイト
2007.10
28
(Sun)

「予知夢」 


東野 圭吾 / 文藝春秋(2003/08)
Amazonランキング:18位
Amazonおすすめ度:



 物理学者・湯川学が事件を解明する、ガリレオシリーズ第2弾。

 「ガリレオ」に引き続き、物理学者の湯川氏が事件を解決する短編の第二弾です。

□夢想る(ゆめみる)
 少女をストーカーし、部屋に侵入した男が逮捕された。彼は、被害者の少女が生まれる前から、彼女の氏名と全く同じ女性と結ばれる運命だと言い続けていた。この変質者的な発言から意外な事件の真相が明らかに。

□霊視る(みえる)
 女性が殺害され、恋人の友人の男が逮捕された。衝動殺人ということで片付けられそうだったこの事件。しかし、女性が殺害されていた時間に、犯人の家で女性の恋人が女性の姿を見たという。このオカルトみたいな話は事実なのか??

□騒霊ぐ(さわぐ)
 草薙は姉の友人の夫が失踪したと相談をうける。女性とともに夫が立ち寄ったと思われる老女の家を訪れた草薙。老女は亡くなり、代わりに柄の悪い4人組が暮らしていた。4人がいない間、家が揺れ、ポルターガイストのようなことが起こっていた。果たして夫は中にいるのか?

□絞殺る(しめる)
 ある小工場の社長がホテルで首を絞められて殺されていた。多額の生命保険をかけ、アリバイがすくなく、不審な動きをしていた妻が疑われていたが、決定的な証拠がない。湯川男性の首の絞められた跡に注目する。

□予知る(しる)
 男の向かいのマンションで不倫相手の女性が首をつって自殺した。男やその妻、訪ねてきていた友人がその瞬間を目撃。痴情のもつれの自殺と思えた事件だったが、隣の部屋の少女が、2日前に女性が首をつるのを見たと証言する。これは予知夢なのか?
 
 「霊視る」「騒霊ぐ」「絞殺る」は湯川の、研究またはちょっとマニアックな科学知識による事件の解決。工学部出身の著者ならではのトリックだ。「夢想る」「予知る」は、非科学的に見える予知夢などの現象を、人間関係や行動を考えることで解決している。科学知識だけではなくて解決する目を湯川が持っているという話だ。

 おもしろかったのですが、短編は若干淡白な感じがするので、長編である第3弾「容疑者xの献身」を読んでみたいです。しかし、ドラマ化の次に映画化されるそうなので、文庫になるのはまだまだ先のようで非常に残念。
2007.10
25
(Thu)

松尾 スズキ / 文藝春秋(2007/08)
Amazonランキング:1048位
Amazonおすすめ度:



 オーバードーズで精神病院に送り込まれた明日香の、自分と向き合う怒涛の14日間。


 劇団・大人計画の松尾スズキ氏による小説です。芥川賞候補作でもあったそうです。内田有紀主演で映画かもされるようです。(最近見もしないのにエンターテイメント関係のよく読んでるなぁ)

 薬の大量摂取(オーバードーズ)で死にかけた明日香が担ぎ込まれたのは精神病院。目を覚ましたら手足を拘束され、「クワイエットルーム」という特別病室に入れられていた。冷たいナースに、拒食・過食・自傷などの複雑な状態の患者達。私は正常でこんなところにいる必要はない!という明日香だが、恋人の鉄夫に迎えに来てもらえず、しばらく入院する羽目に。

 奇想天外な発想をする松尾スズキ氏のことである。冒頭の明日香の夢がはちゃめちゃだったり、精神的に弱い人達の話であるので、どんなエキセントリックな話になるのかと不安な読み出しだったのですが、全然違いました。終わり方がすっきりした決別というかんじで、とても気持ちのよい話でした。
 
続きを読む »
2007.10
21
(Sun)

「リトル・バイ・リトル」  


島本 理生 / 講談社(2006/01)
Amazonランキング:41473位
Amazonおすすめ度:


 
 
 自分と同じ年齢の小説家がいるということが凄く新鮮に思える。島本理生さん、綿矢りささんの二人は私と同じ学年に当たる小説家だ。24歳というと、若いような気でいるけれど、結構若いともいえない。プロ?アマ問わず、たくさん小説を書いている人はいるわけで、24歳の作家がいても何の不思議もない。でも、芥川賞などに何度もノミネートされたり、受賞されるような殊勝な人がいるというのは、やっぱり凄いなと思うし、うらやましい。
 自分も何か書く能力があればいいのにとよく思うけれど、到底無理。なんにも浮かばないし、書いたら目も当てられないような陳腐なものが出来上がるに違いない。なんてことない人々の日常会話を書いてあるだけでも、彼女達の書く文章は深いのだ。何人もの人間の性格と人生とコミュニケーションを作り出せる、それを物語りにできる、その能力は羨望の的だ。
 
 この本の主人公ふみは、高校卒業後アルバイトをしながら、母親と、父親違いの妹と3人で暮らしている。ふみの人間関係はいたってシンプルだ。あまり多くの人と関わるのが苦手な人である。そんな彼女に、周というボーイフレンドができる。キックボクシングをやっているひたむきで、優しい男の子である。周との出会いや、彼のお姉さん、習字の柳先生との関わりの中で、いなくなった父親に対するふんぎりをつけて進んでいく様子が描かれている作品。

 表題の「リトル・バイ・リトル」、すこしずつというのがしっくりくる。
出てくる人々みんな、どこか好感が持てるのもよかった。悪人も、ひどい怠け者も、偏屈もいない。かといって殊勝な人たちでもないけれど。
 ひとつ前に読んだ柴崎友香さんの作品もそうですが、褒め称えて、心を突き動かされ、感嘆し、ドキドキしてしまうようなドラマチックな話じゃなく、こういう現代の普通の若者の一面を書く作品もなかなかおもしろいなと最近思います。
続きを読む »
2007.10
16
(Tue)

一条 ゆかり / 集英社(2000/05)
Amazonランキング:320位
Amazonおすすめ度:


「有閑倶楽部」はブルジョアジーな高校生の友情と冒険があふれた学園もの?の漫画

 珍しくまんがを買いました(Bookoffですが)。
一条ゆかりさんの「有閑倶楽部」。(ドラマになると騒がれており、ジャニーズ好きの同期が持っていたその手の雑誌を見たところ、噴飯もののキャスティングでドン引きしました。)ドラマはさておき、懐かしくて読みたくなったので買ってみました。 小・中学生のころに「りぼん」でたまに掲載されていて、なぜかコミックスの2巻だけ買ったことがあります。今回、文庫版の2巻をいきなり買いましたが、1巻があれば1巻を買いたかった…。

 聖プレジデント学園の生徒会の6人は、財閥の娘、大病院の息子、日本画・茶道の家元の娘、警視総監の息子、宝石商の娘、スウェーデン大使の息子という生粋のお金持ちです。みんな道楽が大好き・暇が嫌いで、海外で賭博したのがバレて、成績TOPもいるにも関わらず留年してしまったりします。名字が、剣菱、菊正宗、白鹿、松竹梅、黄桜、美童・・・と全部日本酒だと気づいたのはつい最近です。
 少ししか読んでいないのですが、行く先々で、強盗や麻薬などの密輸、殺人事件に巻き込まれるか、なぜか幽霊に遭遇しています。日本に限らず、海外にも行くのでかなりダイナミックな事件に巻き込まれたりもします。それを機転、派手なアクション、もしくはお金、もしくはなぜか暴走族などの人脈を駆使して解決してしまう、ゴージャスで痛快な内容。絵は古風ですが(ちょっと苦手な部類)、結構内容はコメディだったりするところも面白いです。
 少女マンガですが、男性でも読める、いい作品だと思います。

 19巻くらいまであるらしいですが、やはり、ずっと高校生のままなのでしょうか?連載開始が1981年なので、いまやずいぶん世相が変化しましたよね。現代の高校生の設定(たとえば携帯を持っている)とかになるのでしょうか??多分、漫画でその辺のことを突っ込んではいけないのでしょうが。

 19巻分読むのかは謎ですが、たまに漫画もいいですね。

 
2007.10
12
(Fri)

柴崎 友香 / 河出書房新社(2006/03/04)
Amazonランキング:95330位
Amazonおすすめ度:



 ちょっと身勝手な男の子の横恋慕。いつでもどこでも寝てしまうマイペースな女の子。関西弁でリアルなワカモノの恋愛の一風景を描いた短編2編。


「次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?」は、東京へ旅行へ行こうとするカップルの車に、友人男二人が便乗してしまう話です。
 小林は、ルリちゃんと話をしたいがために、無理やり友人の「コロ助」を引き連れて、恵太とルリちゃんの車に乗り込んだ。進路変更、アレが食べたいだの、コロ助に迷惑をかけるだの、最初から我侭ばかりでドライブを邪魔する小林にイライラすることこの上なし。誰の目に見ても分かるくらい、ルリちゃんの機嫌をとろうとするが、ルリちゃんは、そんな小林には興味を示さず、恵太にめろめろという感じである。挙句に自分勝手な小林に「そんな人嫌い」と一撃。
 大阪から東京までのドライブという短い時間で、彼らの恋愛や、小林くんの将来への迷いなどが詰まっているという青春な一遍です。

 「エブリバデイ・ラブズ・サンシャイン」は、失恋を気に寝てすごすようになった女子大生の話です。
 工藤さんは、花田君という男の子に失恋してしまった現実から目をそらすように、寝てすごすようになった。久しぶりに大学に出てきた彼女だが、気がつくとすぐに眠りに落ちてしまう。寝ないと今年の抱負を掲げたにもかかわらず、寝る。これもまた、こちらがイライラするように何処でも、どんなときでも寝てしまうのです。そんな超マイペースな彼女も新しい恋を見つけます…。
2007.10
10
(Wed)

「ほぼ日手帳2008」 

 2008年の「ほぼ日手帳」が届きました。 

 2008年の手帳を最初に店頭で見たのは8月くらいだった。いくらなんでもフライング過ぎるだろう。5ヶ月も先に使うものを買ってしまった場合、よほど欲しかったものならばよいけれども、途中で沸くように発売される新商品を見てしまうと後悔してしまうようなきがする。
 そう思いながら、私は9月頭にこの手帳の予約を入れてしまった。
 本当は本体だけにしようと思っていたけれど、カバーも買ってしまった。カバーが汚れてきたことと、水玉が今のピンストライプより女性っぽくてかわいかったから。前回は1週間でなくしたボールペンも、今年は紺色だから人にぱくられても取り返すことができる。

 2007年9ヶ月と10日この手帳を使ってきたけれど、とても使いやすい。もしかしたら他の手帳でも同じように活用できるのかもしれないけれど、使いやすい手帳だ、と思わせる何かがこの手帳にはある。一大プロジェクト仕立ての糸井重里の術に嵌っているだけかもしれない。

 書く内容は主に仕事のことで、たいした仕事もまだしていないため、どんな些細な予定も書いておくことにしている。1日1ページで欄が広いため、方眼に合わせて「□」(チェックボックス)を書いてやることを箇条書きにしている。仕事用なため、いつも休日が空欄だ…。

 この手帳の気に入っているところは、サイズや質感が文庫本と同じところ。ちょっと分厚いけれど、小ぶりだからいい。すべてのページ開いても閉じないところも素敵だ。会議中に手帳を見る振りして、下に書かれている格言やいいまつがいを読めるのもいい。
 1月まであと3ヶ月。
内容はほぼ変わらないけれど、新しいものを早く使いたいなぁという気持ちになっている。来年はカバーをつけて、もう少し綺麗に使いたいと思う。


☆「2008年 ほぼ日手帳」 サイト☆
2007.10
03
(Wed)

「探偵ガリレオ」 


東野 圭吾 / 文藝春秋(2002/02)
Amazonランキング:46位
Amazonおすすめ度:

 
 警視庁捜査一課の草薙俊平のもとに舞い込んでくる難事件の数々。彼が相談したのは帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。物理学者がスマートに事件を解決するミステリー小説!


 東野圭吾「探偵ガリレオ」です。続編として「予知夢」、直木賞受賞作「容疑者xの献身」があります。
 刑事の草薙が、解決が困難な事件たちを、物理学者である友人の湯川に相談して解決していく短編集です。謎をよんでいるのは「いかにして殺したか」であり、ナゼ殺したかは痴情の果てなど結構単純なものです。
 突然頭が燃えて死亡した若者の事件、アルミでできたデスマスクの謎、心臓だけが腐っている遺体や、爆弾もないのに海中で爆破がおこった殺人事件。はたまた、事件を左右する証言は幽体離脱により見られたものだった…など、草薙の元には不可解な事件が舞い込んで来る。それが起こりえるものなのか、草薙は友人の湯川の研究室を訪れる。湯川は知っている知識から、または実際に現地に足を運び、実験をして確実であることまで突き止めて事件を解決していきます。
 事件を見抜く「天才」=湯川がいて、相談する「助手」=草薙がいる実にシンプルというか古典的?なパターンでとてもスマートな作品です。つい複雑な人間関係に、奇怪な設定のダイナミックな推理小説を読んでしまいがちですが、こういうシンプルなのもいいですね。

□第一章 燃える もえる 
 たむろしていた若者の頭が突然炎上し死亡した!

□第二章 転写る うつる
 池からアルミでできた行方不明者のデスマスクが発見される。

□第三章 壊死る くさる
 一見心臓麻痺で死んだ男。しかしその心臓部分だけが腐っていた。

□第四章 爆ぜる はぜる
 女性が生みの中で起こった謎の爆発で死亡。

□第五章 離脱る ぬける
 容疑者のアリバイの証言は幽体離脱による目撃証言!?
続きを読む »
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。