☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11
30
(Fri)

「海」 

小川洋子さんの深い文章が味わえる七編の短編集。


小川 洋子 / 新潮社(2006/10/28)
Amazonランキング:154454位
Amazonおすすめ度:



よくミステリーばかり読んでいて、他にはなにか読まないのか、恋愛小説は読まないのかと聞かれます。恋愛小説・・・たとえば、高校生の”純愛”ものや、壮絶な愛だとか、不倫だとかの本はあまり手に取りません。じゃぁ何を読んでいるかと聞かれて考えてこんでしまいます。たとえば、この小川洋子さんの作品は「THE恋愛小説」ではありませんよね。本を読むのは好きですが、なにに分類されるのかいまいち分かりません。確かに「ミステリー」「歴史」「恋愛」だと分かりやすい区分だけど、それだけじゃないでしょう。

 小川さんの書く話は不思議です。現実的な場面のように見えて、どこかでふっと幻想的で、秘密めいた世界が現れる。周りは学校や仕事がある、普通の世界のようなのに、その主人公のいる場所だけが、どこか違う異国のようで、切り取られているような感じがする。「バタフライ和文タイプ事務所」などはその典型かもしれない。タイプライターを打つ仕事の女性と、タイプライターの備品を管理する謎めいた男性の話で、とても淫靡な感じだ。それにしても、タイプライターが小川さんの話にはよく出てくる。
 
 かと思えば、とても暖かい話もある。「缶入りドロップ」なんかは、とても短くて単純な話なんだけど、ほっとしてなんだかいい。失語症?の少女と男性のやりとりがかたられる外国の童話のような「ひよこトラック」や、ガイドの母を見守る息子の話である「ガイド」も暖かい話だ。赤の他人の死を見取るという、なんともやるせない終わり方をする「風薫るウィーンの旅6日間」も好きだ。

 どの話もいいなぁと思える話ばかりです。
短時間で軽く読書で一息したい方にオススメです。
続きを読む »
スポンサーサイト
2007.11
26
(Mon)
安野モモコ「働きマン」プレゼンツ・働く女性への啓発本。キャラの紹介も楽しい1冊。



 
 安野モモコ作の大人気漫画「働きマン」の関連本で、漫画「働きマン」のキャラクター達の紹介と、働く女性の啓発の2つの内容になっている。

 雑誌「日経WOMAN」などで取り上げられそうな、働く女性の人間関係、健康、美容、食生活、時間管理、セックス、結婚の記事が前半にずらり。おそらく働きマンではない人、男性には関係のない章であり、その手の雑誌を読んでいる人には物足りないかもしれない。こういうのは、私は全然真に受けないけれど、読むのは嫌いじゃない。それぞれの記事には働きマンの登場人物たちの場合の例やイラストがふんだんに使われている。

 そのほかは働きマンのキャラクターの紹介。おもしろいと思ったのは、松方弘子の持ち物とファッションを紹介したカラーページ。漫画とは思えないほどリアリティのある持ち物。ファッションも一応現実にあるものに近いものみたいだ。ほかに編集長のおじさんと松方の恋人の持ち物紹介もある。

 買ってみたのはいいけれど、実は漫画「働きマン」を読んだことがない。

 働いているのでドラマも見てない。ただ、まえから読んでみたいなぁと思っていました。でも、働くことを取り上げた女性の漫画を私はみたことがなくて、ドラマみたいに実際こんな働き方ないよっていうのだったら読みたくないと思っていました。あと、もうさすがに諦めているけれど、編集者は自分がちょっとなってみたかった職業なので、のこのこ読むのもなんだなぁ…と。この本のキャラクター紹介なんかを読んでいると、少女マンガではなく「モーニング」掲載で、社会派内容もアリで、真面目に書かれているようで、読んでみようかなと思う。

 こういうの見ると「ぱしっと働く女になりたいぜ!」と思うが、大抵どこかで萎える。理想と目標はちがうし、そこに現状と、己の能力と、やる気(±)がミックスされて、いつも軌道修正をしなくてはいけなくなるため、これから働き方をうまく考えられない。2年目だから、もう少し働かないと分からないのだと思うことにしている。 まぁ軌道修正できるだけでもましかもしれない。自分の能力・努力と理想のギャップをみて軌道修正できなかったら、失意でニートになるか、夢を追いかけて転職を繰り返すかしているだけだろうから。
 
続きを読む »
2007.11
23
(Fri)

「Θ(シータ)は遊んでくれたよ 」 

Gシリーズ第二弾。連続して起こった飛び降り自殺の遺体に書かれた謎の「θ(シータ)」


森 博嗣 / 講談社(2005/05/10)
Amazonランキング:93790位
Amazonおすすめ度:



 Gシリーズ第2段「θは遊んでくれたよ」を読みました。図書館に珍しく揃っていたので、おそらく前に借りていた人が一通り読み終わったんでしょう。

 立て続けに起こった飛び降り自殺。最初は事件性はなかったが、一人目は額に、二人目は手に、3人目は足の裏に口紅で「θ」のマークが描かれていたことで事件性を帯びてきた。
 N大の医学部で研修医をする反町愛は、警察からN大教授・郡司に依頼された口紅の成分を分析。西之園萌絵にそのことを話すと、案の定彼女は話に興味を抱く。
 一方、一人目の被害者の姉から遺書などがないかPCを調べてほしいといわれた舟本とともに、山吹は調べてみることに。そこで「theta」を含むHPを発見。海月の助言でパスワードを解読し、アクセスした。そこは、人工ロボットのようなものと会話ができるようになっており、名前のないその相手は、自分達の関係のことを「θ(シータ)」と読んでいた。
 そのうち4人目の自殺者が現れ、その靴の中にも「θ」のマークが。
 4つのθを描いた口紅は同じ口紅。なぜ同じ口紅でθを描いたのか。θでつながった連続殺人なのか、それとも、θという神的なものを信仰した者達の自殺なのか。萌絵や加部谷達が推理する。

続きを読む »
2007.11
20
(Tue)
 モラルハラスメントに関する、簡潔で分かりやすい読み物


香山 リカ / ベストセラーズ(2007/02/09)
Amazonランキング:2369位
Amazonおすすめ度:


 セクハラ、パワハラ、アカハラ・・・。
多くの「ハラスメント」が登場する中、「モラルハラスメント」=「モラハラ」という概念が現れた。
ハラスメントとは、他者に対して、不愉快、もしくは威嚇的な態度を取ること。性的に不愉快を与えればセクハラであるし、圧力をかければパワハラである。
 モラルハラスメントは精神的な暴力、嫌がらせのことであり、本書も多く参考にされているイルゴイエンヌ氏の提唱によって知られることとなったそうである。
 2者、人間がいて関係があれば、上下関係ができてしまう。片方が、精神的に相手を打ち負かし、自分の思い通りに押しとどめようとする。加害者は自分が相手を傷つけているとは気づいていない。
 会社という場であれば、いやみを言ったり、冷たい態度をとったり、結果的に仕事を阻害したり、人間性を否定したりするような感じだ。夫婦の間でも起こる。暴力は振らないが、束縛したり、服従させたり、否定したりする夫などが典型的な例。その場合、被害者のほうは、自分に非があると思い、相手が悪いとは露とも思わないという精神状態に陥っているという。会社・家庭・母親同士の関係など様々な場所で起こりうる、衝突のひとつの「見方」であるような気がする。
 そして、この加害者というのが「自己愛」の強い自己愛性人格障害(自分のことにしか関心が無く、特別な存在だと思いこむ)であるという。出ました「自己愛人間」!大学のとき、読みやすいので参考程度に香山リカさんの本を読んだり、ネット社会関連の新書を読んだら出てきた表現だ。

 図書館の新刊で見つけたこの本。パワハラとモラハラをかねそろえた上司や、無気力モラハラ上司が社内で問題になっているため借りて見ました。
 本がもう手元にないし、大学のときほどじっくり考える時間もないので、ちゃんとした内容でかけなくて申し訳ありません。。新書って学術的にはどんどん参考にできない部類になってきている感じがしますが、社会人になって電車の中で読むには、ちょうどいい感じではあります。

 「ハラスメント」や「●●バイオレンス」や鬱など様々な病気、多くの名前を持つ問題が新しく現れている。なんでも名前をつければいいモンじゃないと思ってしまいがちですが、今まで日本の耐え忍ぶ精神論が若い人の中で根付かず、障害が起こって問題が表面化したり、これは問題だと考えられるようになった祥子でもあると思う。ただ、精神的なものとなると、セクハラ以上に分かりにくいという点で難しい問題だ。記録が取れない分法的実証も難しく、気づけば欝やノイローゼになっていたりするのだ。うまく逃げる、相談する術を普段からつけておかなくてはいけないのかもしれない。

 逆に自分が他人を傷つけている場合も多々あるわけで、そういう行動を省みるきっかけになりました。もっとも省みようとした人はモラハラなんてしないと書いてありましたが。話題の恋人間DVを自分がしているのではないかとヒヤヒヤしているところなので(笑)、言動・行動・態度には重々きをつけたいと思うよ。 
2007.11
16
(Fri)

「ホテルカクタス」 

ホテルカクタスという名前のふるいアパートに暮らす「きゅうり」と「帽子」と「数字の2」の友情のものがたり


江國 香織 / 集英社(2004/06/17)
Amazonランキング:69505位
Amazonおすすめ度:



 最近の4040にしては珍しい、秋の「和やかな」読書の時間にぴったりの本です。
この本の主人公は人間ではありません。きゅうりと帽子と数字の2という生物であり、モノであり、概念です。これらが同じアパートで暮らし、仕事をし、語らい、友情を育んでいるという変わった作品です。隣人のいさかいから出発した彼らの関係は、きゅうりの部屋にあつまり、お酒を飲みながら(2は下戸なのでグレープフルーツジュース)話をしあう仲になります。お互いのことを語り合ったり、故郷や家族の話や、眠れない夜、揃って旅に出たり、ちょっぴり苦い恋愛をしたりするというユニークな内容。

 きゅうりの中には食べられてしまうものはいないの?2の部屋にあるいすや毛布たちには人格はないの?などなど、設定の細かいところを疑問にもち、詰めていくとダメですよ。

 おもしろいのは、きゅうりや帽子や数字の2に与えられたキャラクターだとおもいます。
 「きゅうり」は運動が大好きで、とても健康的です。青々とした体を持ち、細かいことは気にせず、大胆でおおらかな性格の持ち主です。ガソリンスタンドで働く(!)若者です。そして故郷(南のきゅうり畑)や家族・親戚たちをとても愛しています。
 「帽子」は古い帽子で、中年から初老という感じでしょう。旅をしてきたのでしょう。豊富な人生経験を持ち、少し偏屈で、ばくちと酒とタバコが好き。とても汚いお部屋ですが、多くのカメを飼って暮らしています。
 「数字の2」は真面目で几帳面、神経質だけど、実は少し寂しがりやな青年です。役場で働いていて勤勉です。数字の14を父に、7を母に持ち、割り算で生まれ、兄弟たちもみんな2です。
 
 なんとなく、きゅうりや帽子や2というモノたちが、ひとだったならば、こういう性格をしていそうだと感じずにいられない。とてもうまく人格が与えられているなぁと感動してしまいました。

 江國香織さんはどちらかというと恋愛小説が有名なのですが、絵本やその翻訳なども書かれています。子どもももちろんですが、大人が楽しめる作品もあると思います。この「ホテルカクタス」は絵本ではありませんが、絵本みたいな感覚を味わえます。挿絵があるのですが、アパートの風景ばかりで、そこにきゅうりや帽子や2の姿はありません。もしかすると、人間の住んでいるアパートで、知らない間にきゅうりや帽子や2が仲良くなっているのかもしれませんね。
2007.11
13
(Tue)

「Φは壊れたね」 

「Gシリーズ」第一弾。芸大生が部屋で宙刷りになって殺害されていた。そこは密室で、発見までの部屋の様子がビデオで撮影されていた。タイトルは「Φはこわれたね」。


森 博嗣 / 講談社(2004/09/10)
Amazonランキング:79203位
Amazonおすすめ度:



 森博嗣さんシリーズもの「S&M」→「V」に続く第三弾「Gシリーズ」。Φ(ファイ)に始まり、「θ(シータ)」「λ(ラムダ)」・・とギリシア文字がつくため「G」シリーズというそうです。時間軸で言えば、「S&M」の後、「Xシリーズ」のちょっと前か同時期くらいじゃないでしょうか。

 今までのシリーズに比べて非常にあっさりしています。「X」もそうなので、そういう書き方に変えられたのかもしれません。前が2段組みなうえ、仕組みが難解で、色々な知識がぎゅうぎゅうに詰まっていて、キャラクターにも引き込まれるという凄い内容だった分、ちょっと拍子抜けしてしまうかも。でも奇抜ではない分、このシリーズから読んでも推理小説として楽しめるのではないかと思います。
 とはいえ、どうやって犯行が行われたかはそんなに複雑でもなく、あっさり解明されるのですが、なぜ殺されたか、なぜ「Φ」なのかなどという真相は語られません。なぜが知りたい人は、多分このシリーズ合わないかもしれないですね。

 
 今回は「密室殺人」です。

 被害者は芸術?に装飾をほどこされた部屋で宙刷りになり、胸にナイフが突き刺さった状態で発見される。発見者である友人の女二人は、管理人の合鍵で中に入る。部屋施錠されていて、密室だった。合鍵を作れば誰でも入れるが、問題は、2時間近く部屋ではビデオ撮影がされていたこところ。二人の女が発見するまで誰も写っていなかったのだ。遺体は死角で写っていないため、二人が友人の悲惨な状況を発見し、胸のナイフを抜き、混乱する「声」と部屋の一部が映し出されていた。そのビデオには「Φは壊れたね」と書かれていた。
 女二人の次に部屋に入り、現場を目撃した山崎早月。
友人の加部谷や海月、警察となぜかコネクションのある西之園達と事件について考える。
発見した二人の女や、事件前日に呼び出されていたという友人の男。彼らもいつでも入ったりすることはできたわけで、十分疑わしくはある。犯人はどうやって部屋を密室状態にできたのか、なぜこんな変な殺し方をわざわざしたのか、ビデオ撮影には、「Φ」にはどんな意味があるのか・・・。
続きを読む »
2007.11
10
(Sat)

「沖で待つ」 

亡くなった同期と交わしていた約束を果たすために彼の部屋に侵入する・・・。会社の同期との友情を描く一作。


絲山 秋子 / 文藝春秋(2006/02/23)
Amazonランキング:39226位
Amazonおすすめ度:



 2006年の芥川賞受賞作「沖で待つ」です。
角田光代さんのような感じかなと思って借りてみました。なんでそう思ったんでしょう。お二人の年齢が近いせいかも知れないし、芥川・直木賞を受賞されているからかもしれません。近からず遠からずで似た雰囲気があるんじゃないかなぁと思うのですがどうでしょうか。

 表題作「沖で待つ」は住宅機器メーカーに勤める主人公の及川という女性と、牧原太という同期入社の二人の話。二人は恋愛関係にあるわけではないが、入社直後から二人で福岡配属になり、苦楽をともにしてきた仲である。太は上司と結婚をするが、及川に互いが死んだ場合、恥ずかしい痕跡を消すために、残ったほうが部屋に忍び込み、パソコンのデータを消そうという約束をする。
 冒頭で分かることであるが、太は何らかの理由で(後に分かる)なくなっており、久しぶりに彼のアパートが会った付近に立ち寄った及川が、彼との思い出を述懐するという内容。
 業務内容の書き方が、働いた人じゃないと分からないような描き方だと思ったら、糸山さんは住宅機器メーカーIに勤められていたそう。おそらく、実体験もこめられているんでしょう。
 
 もう一作「勤労感謝の日」は、勤労感謝の日嫌々見合いをさせられる36歳・失業中の女性の話。女性は36歳という年がネックでなかなか再就職にありつけていない。それまではバリバリ働いていた女性のようである。上司と喧嘩し、また交通事故に会い、人生ストップしてしまった状態だ。そんな彼女が見合いしたのは、不細工で自称会社大好き・できる男という興ざめな男だった。見合いを投げ出し、昔の後輩や行きつけの古い居酒屋の親父に愚痴る、そんなとある「勤労感謝の日」を描いた一作。なんだかうまくいかないし、ついてないけど、ここまできたんだし、まぁなんとかなるでしょうというなんとなく前向きな話でした。
続きを読む »
2007.11
05
(Mon)

島本 理生 / 新潮社(2007/03)
Amazonランキング:110617位
Amazonおすすめ度:



 家(部屋)で二人で過ごすことをテーマに書かれたこの3編の恋愛小説。
 最初の2編はかなりドキッとさせられた。淡々と続く文章の中に突如として現れる衝撃。
幸福もしくは前向きな恋愛や、哀しい失恋などとも全然違う。
やりきれない、煮え切らない終わり方をする恋愛小説。
下手に幸せなのより、根暗な私はこういうダークな話が好きです。
 1篇目は、同棲する恋人が見せた凶暴さと弱さの中に、苦手だった父親の姿を見てしまい、深みにはまっていく恋愛に不安を抱いている女の子の話。2編目は、地味で真面目な女の子が、自分が苦手とする、周囲に気を使わず、お金持ちの苦労知らずの男の子に恋をして、傷ばかり増やしていく話。こう書くと微妙です。読んでみてください。
 
 最後の1編は、前の2編と同じように、昔の恋愛で傷を負った女の子の話。その傷の原因はなかなか重く、昔の後輩と出会い、いい感じにはなるのですが、恋愛に踏み出すのが怖い彼女。しかし、数日家で愛猫と彼と一緒に過ごし、人生に対してもまっすぐで、やさしい彼に心を溶かされていく。そんな幸せな終わり方をする話です。
 amazonなどの感想を見ると、苦手な方が多かったですが、短編でドキィッとなることは少ないのですごい作品かなと思います(DVとか出てきたら当たり前かな。)。それでなくとも、不安とか、正反対の人間に対する嫌悪と裏腹の憧れとかの表現がうまくておもしろいと思います。
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。