☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12
31
(Mon)

「スカイ・クロラ」 

僕は永遠に大人にならない「キルドレ」。戦闘機に乗り、たまに人を殺す。それをただただ繰り返す毎日―


森 博嗣 / 中央公論新社(2004/10)
Amazonランキング:3858位
Amazonおすすめ度:



「僕はまだ子供で、ときどき、右手が人を殺す。

 その代わり、誰かの右手が、僕を殺してくれるだろう。」


 この話は感想を書くのが難しいので、まずどんな本かだけ紹介します。
森博嗣さんの「スカイクロラ」シリーズの第一巻であり、完結編です。
後の4巻のほうが話の順番では先に来るらしいです。
 どこかそう遠くない未来の戦争で、淡々と空を飛び、人を殺している僕。僕はずっと大人になることがない「キルドレ」という特別な存在だという。なぜ生きるのか、キルドレとは何か、そしてもう一人のキルドレ・草薙水素との関係を描いた作品です。
 ミステリで有名な森博嗣さんですが、SFというより、哲学的な雰囲気を持つこの本。表紙のデザインのように研ぎ澄まされています。飛行機の知識もさることながら、森さんの思考が他作品より色濃く出ていてその辺も面白い本です。

 どこか、そう遠くない未来の日本のような国。そこでは戦争が行われている。
 「僕」カンナミ・ユーヒチは戦闘機のパイロット。もちろん人を殺すこともある。同じパイロットがトキノを含めあと3人、整備士の笹倉、そして上官の草薙水素が同じ職場だ。出撃し、ソロを飛び、偵察し、時には人を殺す。ただただ淡々とそれが繰り返される日常。
 
続きを読む »
スポンサーサイト
2007.12
27
(Thu)

「重力ピエロ」 


伊坂 幸太郎 / 新潮社(2006/06)
Amazonランキング:1894位
Amazonおすすめ度:



 「重力ピエロ」はミステリィだけど、「いい話」だった。放火とグラフィティーアートの出現の関連性や、そこに秘められた遺伝子に繋がる複雑な暗号など、ミステリィ的な要素は流石なもので、よくそこまで調べられたものだと驚いた。でも、放火や、人が死んだりするのを解明するストーリーとは別に、登場人物たち家族のつながりがとても心地よかった。

 泉水と春は2つ違いの兄弟だ。二人は父親が違う。それは、春は母親が強姦されてできた子どもだから。それでも二人の両親は春を生むことを決めたのだ。周囲の目から春を守り、非常に仲のよい家族であるけれど、もちろん複雑な思いがある。母親を傷つけた犯人がにくいけれど、ソレがなかったら春は存在しないのだ。春自身にも色々と葛藤があり、性的なものを嫌悪している。家族と血のつながりについてよく考えるためか、泉水は遺伝子を扱う会社に勤めている。

 春はグラフィックアート(スプレーによる壁の落書き)を消す仕事を一人でやっている。仙台市内では放火事件が相次いでいた。放火が起こる前に近くにグラフィックアートが出現するという法則を見つけた春は、泉水にその現場を押さえようと誘いをかける。
 一方で泉水はとある男に接近し、うまく騙して遺伝子鑑定をしようとしていた。その男はもちろん春の「父親」であると考えられ・・・。
続きを読む »
2007.12
25
(Tue)

「絵描きの植田さん」 

寂しさで閉ざした人の心を溶かす、雪国のものがたり。


いしい しんじ, 植田 真 / 新潮社(2007/11)
Amazonランキング:96777位
Amazonおすすめ度:



 いしいしんじさんの作品で「絵描きの植田さん」の文庫版です。
タイトルと同じく、表紙や、最後の挿絵は画家の植田真さんによるものです。
繊細で暖かく、かわいらしい絵なので、女性が好きなのではないでしょうか。

 この植田さんとは違いますが、主人公は絵描きの植田さんです。
彼は火事(?)で妻を亡くし、その事故で植田さん自身も耳がほとんど聞こえなくなっています。とある雪国の「湖の向こう側」に移り住んで、ほそぼそと絵を描きながら暮らしています。
 その小さな町に、湖のあちら側から、親子が二人移り住んできます。凍った湖を歩いて渡ってきたのは、母親のイルマと娘のメリでした。
 妻と聴覚を失って以来、ふさぎ込んだり、他人を拒んだりしたわけではないけれど、植田さんの心はしぃんとしていて、閉ざされていました。それは絵にも表れていました。しかし、メリが遊びに来るようになってから変わります。鳥や生物を愛し、勇敢で利発なメリ。植田さんの心は徐々に溶かされ、忘れていた世界をとりもどします。

 やさしい植田さん、利発なメリ、元スケート選手の定食屋のおばさんや、武骨だけれどいい人であるオシダさんなど、出てくる人が素朴で嫌なところがないところがいい。厳しく危険を孕む一方で、雪国の美しい光景や動物たちの描写がとても綺麗で、植田さんの「絵」も暖かい。雪に飲まれたメリの回復を祈って植田さんが描いた、小さな町の冬の情景は、美しい景色と、鳥や鹿などの動物と、遊びまわる女の子たちという、綺麗で楽しい絵です。植田真さんの絵で、最後に載っています。

 たまにはこういう複雑でもなんでもない、暖かい話もいいですね。
 クリスマスシーズンや冬にぴったりの素敵な本です。
2007.12
22
(Sat)

「εに誓って」 

「Gシリーズ」第4弾。山吹と加部谷が乗ったバスがバスジャックされた。バスには「ε(イプシロン)」というネットを介して集まった団体が乗っていて・・・。


森 博嗣 / 講談社(2006/05/10)
Amazonランキング:47839位
Amazonおすすめ度:



 Gシリーズ第四弾は「バスジャック」です。ミステリという感じではありませんが、文章に騙されることができておもしろかったです。

 山吹と加部谷は東京発中部国際空港行きの夜行バスに乗り込んだ。二人とも遅れそうだったが、バスの遅延でなんとか乗り込めたのだ。(ちなみに加部谷は一人で?TDLへ、山吹はアキバまで姉のために同人誌を買いにきたという設定(笑))。
 バスが走り出してしばらくして、男が立ち上がった。「どうか冷静なご判断をよろしくおねがいいたします。実はこのバスは、私が乗っ取らせていただきました。」
 妙に丁寧な口調で話す犯人は、バスと都内に爆弾を設置した、むやみに危害は加えないが、不審な動きがあれば射殺すると告げる。バスの発車前に、バスの運転手が殺されており、第一発見者の同僚が無断でバスを代行運転しているということも判明。山吹と加部谷は、携帯で西之園萌絵や赤柳、海月と連絡をとりあいながら、バスの様子を見守るしかなかった。
 萌絵は二人を非常に心配するが、警察に少し詳しい状況を聞く以外、何もすることができない。警察は事前にこのテロ行為を察知していたのか、爆弾の処理を始めているという。そして、バスには「ε(イプシロン)」という団体が乗っていることが分かる。彼らは「θ」のときのようにネットでの関係で集まったものたちらしい。
 ほかにバスの乗客として、柴田久美、矢野繁良、榛沢通雄、倉持晴香、大泉芳郎という人々が登場するが、誰もが一様にこのバスに乗ったら最後、という気持ちを抱いている。イプシロンは集団自殺のサイトなのかもしれないことが読み取れる。
 警察は、イプシロンが真賀田四季と関わっていると見ており、四季のことをよく知る犀川のもとに公安の刑事が話を聴きに来る。特に突っ込んだ話はなかったが、犀川は四季が指示してこんな馬鹿なことはやらせることはなく、もし関連しているのならただ放任しているだけだろうと述べる。
 この爆弾テロとイプシロンにはどのような関係が・・・と思わせるのがこの作品の罠である。


  
 途中バスが爆発してしまったり、逃げ出した二人の男女が山吹たちではなかったり、ハラハラさせる場面もあり。最後は文章の構成に騙されてしまった・・・ということになる。
 そして、またもやギリシャ文字の登場。(イプシロンと読むのか・・・。)
「四季と関係があるらしい」ということ以上は分からない。集団自殺のサイト?と四季に一体どのような関係があるのかは謎のまま。
 次にも期待しましょう。
2007.12
18
(Tue)

「初恋温泉」 

温泉を訪れた男女が題材の短編集


吉田 修一 / 集英社(2006/06)
Amazonランキング:149406位
Amazonおすすめ度:



 実在する温泉地を訪れた5人の男女の物語が収録されています。
 別れる間際の男女もいれば、一人できてしまった男、初々しい高校生などいろいろなシチュエーションの話があってなかなかおもしろい本だと思います。

「初恋温泉」(熱海「蓬莱」)
 重田は妻の彩子と熱海を訪れる。数日前に彩子から突然離婚したいと告げられていた。一生懸命働き、居酒屋が軌道に乗り始めたころで、互いに幸せだと思っていただけになぜなのか分からない。

「白雪温泉」(青森「青荷温泉」)
 おしゃべりな辻野は、同じくおしゃべりな若菜と温泉地にやってきた。バスから雪景色の外にでた瞬間一切の音が消えてしまう、不思議な感覚を味わう。その晩、古風な旅館でふすま一枚隔てた隣の客の不思議な雰囲気が気にかかる。その客のおかげで言葉がなくても通じ合えるのだと感じた辻野の話。

「ためらいの湯」(京都「祇園畑中」)
 勇次は和美と京都で落ち合い、旅行することに。二人は互いに配偶者がおり、不倫の関係である。二人とも互いの家族に、そして互いに罪悪感を持ち合わせている・・・。

「風来温泉」(那須「二期倶楽部」)
 恭介は保険の外交員をしている。妻の真知子と温泉に行くつもりが一人で来ている。旅行の前、仕事のことで妻とけんかした。あらゆる伝手を駆使して保険の売り上げを1位に保ち、妻に不自由のない生活を与えているつもりだったが、妻からそんなのなくても幸せなのにといわれ、激高してしまった。温泉に来て、出会った女社長にまた営業をかけ始める恭介・・・。

「純情温泉」(黒川「南城苑」)
 高校生の健二は親に内緒で、彼女の真希と温泉に行くことにする。未成年のこっそりの計画であり、下心もあいまってウキウキしている健二。温泉で、永遠に一緒にいられるなんて思えなくてナーバスになっている真希であるが、一緒にずっといたいと心から思う健二のなんとも初々しい話。
2007.12
14
(Fri)

「嫌われ松子の一生」 

存在を知らされていなかった松子という叔母。殺された彼女の過去を探っていくと、失踪、水商売、覚せい剤、そして殺人…ととんでもない不幸な過去が隠されていた。


山田 宗樹 / 幻冬舎(2003/01)
Amazonランキング:216657位
Amazonおすすめ度:



 どこで人生の階段を踏み外すか分からない、という表現があるけれど、普通の人はそういう危機感を持っていないと思う。多感で悪ぶりはじめた子どもに対してならそういう気持ちも起こるかもしれないけれど、自分はきっと悪い方向に足を踏み入れていくだろうなんて一般人は思わないような気がする。しかし、不幸だったらどうだろうか。自分に不幸や災難が降りかかることは、自分で避けようと思っても避けられない。事故や犯罪に巻き込まれることが凄く低い確立ではあるが、ないとはいえない。でも、これもあまり過敏だと生活できないので、そう気にしている人はいない。
 親の期待を裏切らないよう、真面目に勉強し、国立大に進み、中学教諭になった松子。松子もよもや自分が刑務所に入り、最後には殺されてしまうなんて考えもしなかっただろう。 松子の人生の転落は、不幸が引き金だった。他人によって陥れられた災難に、自分の弱さがあいまって、どんどん、深みにはまってしまっている。災難が引き金となったとすると、自分にも起こりかねない。すごく恐ろしい。松子のような人生は十分避けたいところだ。それが読んでいて悲惨な気持ちにならずにテンポよく読み終えてしまったのが不思議な本だった。

 この作品は、叔母の松子の知り合いだった人物に次々と出会い、松子のことを聞き出していく大学生の笙と、松子自身の視点で松子の人生が語られる。

 東京の大学生の川尻笙のもとへ、福岡から父親が急に訪ねてきた。笙は、自分には松子という、30年くらい前に蒸発した叔母がいたということを知る。父親は、その叔母(姉)が殺されため、仕方なく遺体を引き取りにきたのだという。その存在を知らなかった笙は、自分の叔母である人物が、何者かに暴行の末殺害されたという事実にショックを受ける。
 妙に松子のことを気にする恋人の明日香に押され、笙は松子のことを調べることにする。
 松子の元生徒だったという龍洋一や、親友だったという沢村めぐみなどに出会い、話を聞いていくうちに、松子がものすごい人生を送っていたことを知る。
 中学教師を窃盗の罪で辞して蒸発し、その後中洲でソープ嬢になり、覚せい剤と殺人で服役。その後美容師となるも再び逮捕され、最後はみすぼらしい引きこもりの生活をし、53歳で殺害されて人生を終えたという人生だった。男と男を渡り歩き、堕落して行ったような彼女の人生。自分の父親や親戚、晩年の松子を知る人物達は松子を嫌っていた。しかし、笙には松子の人生が、不器用で愛する人を求めてまっすぐにぶっかっていった、一所懸命な人生だったのではと感じる。
 そして、松子の人生を知り終えた彼は、今度は明日香の決意と向き合うことになる。(これはまた別のお話があるそう) 
続きを読む »
2007.12
10
(Mon)

「τになるまで待って 」 

「Gシリーズ」第3弾。森林の中にある「伽羅離館」で超能力者が殺される殺人事件が起こった・・・。

森 博嗣 / 講談社(2005/09/06)
Amazonランキング:74109位
Amazonおすすめ度:



 Gシリーズ第3弾、「τ(タウ)になるまで待って」です。

 この作品は館モノの密室殺人。

 山吹早月と加部谷恵美、海月及介の3人は、探偵赤柳初朗によるバイトで、愛知県の山奥にある「伽羅離館」を訪れる。そこにある文献の調査を手伝うのだ。
 館には館の主である神居静哉を訪れていた新聞記者らがいた。神居は超能力者なのだという。窓が極端に少ない、その変わった館で、赤柳と3人は仕事に取り掛かる。
 晩餐の場で、加部谷は神居の「超能力」で、同じ部屋に居るのに他人には見えない「異世界」に行くということを体験する。これはマジックなのか、それとも本当に超能力なのか?
 その晩、神居が自室で殺害されているのが発見される。部屋のドアは中から閂で閉ざされ、窓も小さな鉄格子しかなかった。つまり密室殺人だったのである。そのうえ、館の入り口2箇所は何者かによって閉ざされ、中に居る7人は外に出られなくなってしまっていた。そして、被害者と、その使用人二人が直前までに聞いていたのは、「τになるまで待って」というラジオドラマだった。なんとかつないだ携帯で、加部谷達は西之園萌絵を通して警察に通報する。
 
 前までのシリーズに近いテイストの話です。主な話を書くとこのような普通のミステリーですが、普通に読んでしまうとおもしろくないと思います。

 まず、前までの20冊+4冊の続きである人物・話が多くて、ここから・これだけ読むのはオススメではないですね。
あと、はっきり書いてしまいますが、犯人が誰だったか分かりません(^^;)
森博嗣さんの作品では犯人が不明なまま終わることが多いのでご注意です。
続きを読む »
2007.12
05
(Wed)

「泣かない女はいない 」 


長嶋 有 / 河出書房新社(2007/10)
Amazonランキング:5400位
Amazonおすすめ度:



 表題作「泣かない女はいない」と、「センスなし」の2編を収録した、長嶋有さんの本。河出書房新社から出る女性作家の作品は、素朴な女性の淡々とした話が多くて好きだ。

 「泣かない女はいない」

 主人公睦美は、大宮の郊外にある下請け物流会社に就職したばかりである。おそらく年齢は30歳くらいで、リストラされたばかりの恋人と暮らしている。伝票処理の仕事を毎日して、昼休みは一人、公園まで散歩に出る。自分より若い先輩社員の女の子達とはいまいちなじめないけれど、変わってはいると思われてはいるが嫌われることはない。「牧歌的な」ゆるりとした職場に毎日通い、真面目に目立たないように働いている。
 そんなさえない職場で、代わり映えのない日々を送っている睦美はある男性が気になりだす。倉庫で働く樋川さんという男性で、しばらくは「声」しか聞いたことがなかった。初めて会って、話してみると非常に飄々とした男だった。彼はカラオケでKISSの「NO WOMAN NO CRY」・・・・「泣かない女はいない」をうたった。泣くという行為をしない睦美はそれがとても心に残った。
 
 明確に好きだとかいう言葉や行動はなくても、睦美が樋川さんを意識しているというのがじんわり分かる。会社での日々や、人の描写がとても細かく、その中で微妙な睦美の心を書いていてとてもうまいなぁと思いました。哀しいけれどやさしい話です。

 
続きを読む »
2007.12
03
(Mon)

「人生を救え!」 

 パンクな人生を突き進む町田康さんによる痛快な人生相談と、作家いしいしんじさんとの下町対話集

町田 康, いしい しんじ / 角川書店(2006/03)
Amazonランキング:69336位
Amazonおすすめ度:



 町田康さんは、「パンク侍斬られて候」の書評を見て読みたいと思った。それで、読んでみたけれど、とてもぶっ飛んでいてついていくのが精一杯というようなパワーのある本だった。それ以来、読むのに力がいるような気がして、本の前を通ってもしばし考えて、今日はやめておこうと手に取らずにいる。
 この本を借りたのは、いしいしんじさんとの本であることで目に留まったからだ。いしいしんじというと、ほっこりしたイラストに暖かい童話を書く作家で、そんな人と、パンク作家の接点とは一体・・・!と気になってしまったのだ。

 この本の前半は、毎日新聞の連載で、「どうにかなる人生」という人生相談の、町田康の回答が載っている。恋愛や家族、仕事、性格、生き方など様々な、なぜわざわざ町田康に・・・、という質問が寄せられている。町田康さんは自分体験や見知ったことを語り、意外に真面目にいいことが書いてあったり、逆になんの解決にもなっていなかったり、ときにはぶっとんだ回答を寄せていてとてもおもしろい。かたっくるしい言い回しでだーーーーっと畳み掛けるような文体もおもしろい。

 後半が、町田康といしいしんじの対談「苦悩の珍道中」である。
いしいしんじさんがどういう人か知らなかったので、なぜこの2人なのかと思ってしまったが、読んでいてすぐにこの2人の空気が合っているなと思った。写真が掲載されていて、サングラスの怪しい風体の町田さんと、どこにでもいそうなおじさんのいしいさんが立っていた。二人とも下町の雰囲気をたくさん持った人だった。二人とも大阪の下町で育っていたらしい。
 浅草や丸の内、お台場と、東京の街をとぼとぼ歩きながらの対談は、とても味があっておもしろい。
続きを読む »
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。