☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07
28
(Mon)

「町長選挙」 

あの奇怪な精神科医・伊良部シリーズ第3弾!!


奥田 英朗
Amazonランキング:9988位
Amazonおすすめ度:



 トンデモ精神科医・伊良部一郎と、不良看護師マユミ嬢、再び現る。
「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」に続いて第三弾は「町長選挙」だ。
 
 大病院院長の息子で、医学博士の肩書きを持つ伊良部。しかし、彼は医者とは思えない輩である。でっぷりと太っており、親の金をよく使うボンボン。仕事に対するやる気がなく、いつも患者を茶化している。子供のように駄々をこね、行動も常識ハズレなことをやってのける。
 そして必要のない注射をするのが大好き。
 
 そんな彼の元に、今回は、新聞社会長、IT社長、40代女優、若手の公務員が連れてこられては、災難に巻き込まれ、最後には、なぜかすっきりしていく・・・。タダのコメディではなく、意外にも社会の暗いところや、人間の悲しい性を描き出しているところもおもしろい。
カタルシス作用抜群の一冊である。

 □オーナー
 患者は、大日本新聞の会長であり、最大人気球団のオーナー・田辺満雄。通称「ナベマン」。明らかに、某Y新聞・某K球団のWさんのような人物である。そこまで似せていいのだろうか。
 高齢のナベマンは、球界再編でマスコミや世論というものに強いバッシングを受けており、それ自体はなんともないはずなのだが、閉所や暗所、フラッシュの光などに出会うとパニック状態に。そこで伊良部総合病院を紹介される。

□アンポンマン
 お次は、ITの最先端企業・ライブファストの社長・安保貴明。通称「アンポンマン」。明らかに、某L社の、ドラえもんみたいな名前の社長だった人をもじっている。本書ではアンパンマンをもじっている。だから、そこまで似せていいのか??
 ラジオ局の買収話で世間をにぎわせている安保は、ひらがなをかけなくなるという謎の事態に。本人はひらがなを書く必要はないと、気にしていないが、美人秘書が伊良部の元へ連れて行く。
 「レーシングカーで行動を走るのは危険だよ。性能、落としたら?」伊良部の一言であるが、安保は確かに理屈は間違ってはいないが、先を走りすぎていた。本書のアンポンマンは、ブレーキを少しかけたおかげで、事態が好転するようになっていった。
 本物はブレーキをかけられなかったようだ。今は何処にいってしまったんだろう。

□カリスマ家業
 こちらは40歳くらいのカリスマ女優・白木カオル。一般会社員の夫との間に娘がいる主婦である。東京歌劇団を退団後ずっと女優としてがんばり、とうとうこの年代になってブレークしたのだ。おそらく、黒××がモチーフであることはまちがいない。
 周囲は整形のオンパレード。彼女の自慢は整形ではない「自然」な美貌である。運動や食事、肌のコンディションには殊更気を使っているが、どうしてもかすかな皺ができては気になる。無理をしていないように見せるために、あえて普段は食べないお菓子や油モノをスタッフの目の前でほおばっては、異常なほどに運動をして取り戻そうとする。異常な執着を心配した社長は、スタッフの女の子のバンド仲間である看護婦が勤める医者にカオルを連れて行く。
 (ちなみに看護婦はマユミチャンである。彼女はパンクバンドでギターを弾いている。)

□町長選挙
 24歳の宮崎良平は公務員の研修として、東京の離れ小島・人口2000人の千寿島に来た。しかし底は、中央の常識が一切通じない、とんでもない町長選挙が行われていた。町長や土建会社を筆頭に、島を二分するこの選挙は、互いがなじりあい、そして買収の嵐。選挙で負けた陣営は次の選挙まで仕事がなく、給料も雲泥の差。選挙で勝った陣営は、予算をもぎ取り、本当に要るのか疑問がある施設を作るのである。
 良平もどっちにつくのかと毎日脅しを上司達から受けてまいってしまっている。
誰も正しいことを行わない。正しいことをすべきなのに、そっちのほうが悪者になる。どうにもできないこの状況に、2ヶ月の間の診療所のピンチヒッターとして伊良部が現れ・・・・。
  公務員の不正を小さなコミュニティでとことん描いていて、非常に腹立たしいが、最後は島民愛にあふれる悪くない終わり方だった。伊良部がめちゃくちゃするわりには、いい役割を果たしているという絶妙な一作。
スポンサーサイト
2008.07
25
(Fri)

「長い家の殺人」 



歌野 晶午
Amazonランキング:253198位
Amazonおすすめ度:



 著者である歌野さんの1988年に発表されたデビュー作品の改稿版。なんとなく購入してみた。最近の作品では『葉桜の季節に君を想うということ』という本があり、よく平積みされているが、まだ読んでいない。

 The推理小説。ハウダニットの世界。ちょっぴり館モノ。
 バンドのメンバーがコテージに、大学最後のライヴの合宿にやってきた。そのコテージは15の部屋にギリシャ文字の部屋番号がついている変わった建物だ。(森博嗣さんのGシリーズで読んだ記号だけ読めた。τとか、εとか。)そこで、メンバーの一人が失踪。どの部屋にもいない。翌朝町を探し、部屋に戻ると、メンバーの死体が忽然と現れていた。窓から目撃した人影や、荷物が捜査をかく乱させる。 悲劇はそれだけでは終わらず、第二の殺人が・・・。
 
 最近叙述トリックとか、設定やジャンルに凝ったもの、ちょっとやそっとじゃ分かるわけないじゃんというようなトリックの本が多かったけれど、久しぶりに推理小説ど真ん中の本を読んだような気がする。少しトリックが分かったけれど、誰が犯人かまではわからなかった。(←いつもそこまで真剣に考えない)。1988年という、昭和最後の若者を髣髴とさせる感じも新鮮だった。キーワードは「マリ」ちゃん。
冒頭にくる動機の思わせぶりな感じが、うぶな感じで可笑しい。
 
 この作品は、突如として現れる、メンバーの旧友が探偵役である。変人で、人が死んだというのにゲーム感覚なのであるが、頭が切れる。ワトソン君的なメンバーに何一つ告げずにさくっと事件を解決してしまうのである。じつ男は、信濃譲二氏というのだけれども、この後、彼が探偵であるシリーズとして何冊か続くらしいことがwikiで調べたところ分かった。
2008.07
19
(Sat)

「李欧 」 

22歳で出会った、大学生と殺し屋の15年越しの危険を孕んだ絆を描いたサスペンス


高村 薫
Amazonランキング:41174位
Amazonおすすめ度:



 李歐という男がいる。彼は「アジア一の投資家で、億万長者で、スパイで、ギャングで、殺し屋」である。容姿端麗で、美しい声で謡い・舞うこともできる。非常に危険で、不思議で、小説においては非常に魅惑的な男である。
 主人公の吉田一彰は、この李歐に「惚れた」。
 彼は大阪大学に通う大学生で、ナイトクラブなどでアルバイトをしている。普通の大学生のようだが、友人はおらず、女を渡り歩き、危険にも手を染めたりする陰のある青年だ。彼は6歳の頃、母親と大阪の工場がひしめく街に住んでいた。遊びに行っていた工場で働く韓国人が殺され、その直後に、母親は忽然と姿を消してしまったという過去を持つ。
 彼は、大学生になり、母の奇跡を辿って再び大阪に。母親が最後に一緒になったとされる趙文礼を発見するも、その趙を殺害する計画に巻き込まれ、趙ら5人が一彰の目の前で射殺される。
 その後、幼い頃に世話になった工場主の守山の元を訪れると、そこには5人を射殺した男が匿われていた。その男が李歐である。一彰とおなじ22歳の男は、いくつもの偽名を持ち、各方面から狙われる危険な男で、どの顔が本物か分からない。一彰が出会うはずのなかったような男である。一彰は李歐という存在に一気に惹き付けられてしまう。
 二人は「友人」になり、拳銃を貿易商の笹倉から大量に盗むことに成功。一緒にいこうと誘われた一彰であるが、李歐だけがシンガポールへ逃げることになる。いつか大陸に一彰を連れて行くという約束を残して。
 
 殺人教唆で服役したあと、一彰は守山工場で働くようになる。幼い頃にひきつけられた鉄を削って部品を作り上げる作業を毎日続けて堅実に働く。しかし、堅実に生きる一方で、危険な世界にも半分身をおいたままである。刑務所で知り合った組長の原口と男の関係と拳銃というつながりで逢瀬を重ねる。拳銃を解体し、部品を削り、修理する。鉄を削る作業―それが部品でも、拳銃でも―にのめりこんでいく。
 そして、もう二度と会うことでないであろう、李歐のことを幾度も考える。時折耳に挟む、投資家として活躍しつつ、様々な組織から狙われ、いくつも名前を変え代役を立て、死んでは新たな名前で生き返り、本当の姿は見せないという李歐。本当に李歐という、あの清清しく妖艶な男は存在していたのだろうか。李歐と大陸に行くという、叶わない夢を抱きつつ、一彰はどこか空虚な人生を歩んでいる。

 李歐については、冒頭で登場する以外は、一彰が思いを馳せ、警察や側近、テレビの噂でしか一彰や読者の前には現れない。詳しくかかれないからこそなのか、非常に魅力的に見えてしまう。(実際にいたら危険すぎて関わりたくはないけれど。)
 一彰は、手に入れたささやかな幸せや、関係してきた人間を、李歐という男に関わったことから失うことになる。その上で、この2人は再会するのであるが、危険な世界と断絶することなく、巻き込んでしまった果ての再会は、非常に身勝手な感じもするのだけど、なぜかラストは清清しいから不思議。
 鉄工所の情景や拳銃、暴力団、マフィアなど、非常に硬質で男臭い題材であるにも関わらず、二人をつなぐ桜の情景が美しい。女性が書いたものだからなのだろうか?
 描写が細かく、登場人物にどんどん味が出てくる、面白い本だった。
2008.07
13
(Sun)

「きいろいゾウ」 


西 加奈子
Amazonランキング:74339位
Amazonおすすめ度:



 
 夫婦は東京から田舎に引っ越してきた。お互いのことを「ツマ」「ムコ」と呼び合う。夫は武辜歩、妻は妻利愛子という冗談のような名前だからである。
 二人の毎日は非常にゆったりしている。風呂で茹で上がったカニ。ふらりとやってくる野良犬のカンユさん。チャックが開けっ放しのおじいさん・アレチさんと、その妻の認知症のセイカさん。登校拒否の小学生大地くんと、大地君に恋する洋子ちゃん。道端にある、誰のものかわからないお墓。
 ユニークな隣人や動物達がゆったりとした毎日を、ささやかに彩っていて優しい気持ちにさせる。

  「きいろいゾウ」は途中途中で織り込まれる絵本(絵はない)。病気で入院している女の子のところに、月と仲のよい空を飛べる不思議なゾウが現れ、世界を見せてあげるという内容だ。
 ツマは、小学生の頃、心臓を患い入院していた時に、この絵本に出会った。この黄色いゾウの存在が彼女を救っていた。その過去のせいか、不思議な感覚の持ち主で、自然のもの達と「会話」ができたり、みなの見えないモノが見えたりする。そして、満月を見ると心が張り裂けそうになる。
 言いたいことが言えない。遠慮しているのではなく、伝える言葉がない。それで葛藤し、不安定になるツマ。小説家であるムコは毎晩日記を書いている。書斎に入っている間何を考えているのか、日記には何を書いているのかツマは知らない。
 一方、ムコはツマが小学生の頃、心臓を患い、入院していたことを知らなかった。何を抱え込んでいるのか分からないツマを支えきれず、ツマが遠くに行ってしまうのではと不安になるムコ。
 お互いに知らないことがある、でもそっとしておこう・・・。そうしている間にどんどんしっくりいかなくなってしまい、二人の平穏だった毎日に変化が訪れる。
 ムコがツマの「きいろいゾウ」のような存在になる。そうなるまでに互いの精神的な壁を乗り越えていく。夫婦の倦怠でも、不倫による関係の崩壊でもなく、絆を書いた作品だった。

 実際の夫婦が、このようなふわふわとした精神世界で暮らしているのか、倦怠感にまみれて不満の中で暮らしているのか、恋だの快楽だのを外に求める人が多いのかどうか、夫婦になったことがないから分からない。多くの人は、ツマとムコのように互いの絆というものを深く見出すことはなさそうだ。離婚という行動を起こす人もそこら中にいるわけではないだろう。少しの不満と、普段は気づかない安心のなかで、死ぬまで一緒にいることが多いんじゃぁないだろうか。

 最初のほうの田舎の書き方がよかったと思う。静かな田舎は、この本のゆうとおり、都会とは違うにぎやかさがある。確かにそうだ。夏の夜などは、何種類もの虫や蛙の声で溢れている。にぎやかでもあるけれど、夜は少々怖いような気がする。たとえば大雨の雨音や、雷や、濁流の音など、外の闇を想像してしまうといっそう恐ろしい。
 都会の夜で怖いのは人間だ。自然で恐ろしいのは地震くらいなもので、家の中にいても外の喧騒が聞こえてくるし、安心できないこともあるだろう。誰もが関係ないようで油断ならない存在だ。まったく嫌なところに来てしまったもんだとよく思う。
 
2008.07
07
(Mon)

恵文社 vol.4 

 久しぶりに京都の恵文社さんに行ってきました。
余談ですが、行く前に三条の豆腐料理屋「豆屋源蔵」で、鴨川を見ながら、会席ランチを食べました。
納涼床は夜のみなのですが、窓に向かって座れるいいお席でした。
ちょっと多くて全部食べれなかったのが残念です。

 それから出町柳から叡山電鉄に乗って一乗寺へ。
5回か、6回目の訪問になると思います。
新しく並べられた本もたくさんある中、毎回、タイプ別の棚の位置は変わらず、ずっとひっそり並べられている本がたくさんあるところがいいですね。

 ある好きな棚があるのですが、そこに佐藤雅彦さんの本がたくさん並べられていました。「任意の点P」や「ピタゴラスイッチ」も気になったけど、今回は、「四国はどこまで入れ換え可能か」にしました。四国の位置にある島をいれても以外にしっくりいくという漫画を筆頭に、シュールな漫画がたくさん載っている本です。

四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫)


 リトルプレスや多くのアーティストのアドカード、豆本がいたるところに置いてあるこのお店。
仕事では、大量に刷っては捨てられる印刷物ばかりなので、こういうのを見ないと、紙のよさを忘れてしまいそう。手作り感溢れるこれらのちいさな印刷物がとても素敵で、今日は紙の雑貨をいくつか買ってみました。

○100%orangeのミニカード 30枚
これは恵文社限定。穴が開いていて、プレゼントに使えそうです。蔵書票にするには少し分厚すぎるのが残念。とってきたADカードとともにコルククボードに貼ることに。

IMG_0285.jpg


○「夜長堂」のレトロペーパーと、「Atelier.Sumire.Gingetsu」の「すみれノオトブック」
 生活館の展示になっていた夜長堂のペーパーを、前から気になっていたので買ってみました。東京タワーと、犬です。犬のほうはビタミンカラーが気に入りました。1枚ブックカバーにしてみたいと思います。
 すみれノオトブックは、何が入っているのか分からないけれどすごく気になったので、1,000円だし・・・と思い切って買ってみたのですが、買ってよかった!色々な紙が使われた手作りノートで、和紙やトレーシングペーパー、クラフト紙、グラフ用紙などなど、いい感じの紙がいっぱい使われていて、なぜか幸せな気分。しおりと、蔵書票、豆本、スミレの種のおまけつき。それ自体がスクラップBookのようですが、これでスクラップブックを作ってみたい。何を貼るんだか謎だけど。気に入った紙だとか、はがきだとか、貼っていくことにしようか。
IMG_0280.jpg


 25にもなって、子供の頃にシールやメモ帳を集めていた気分と同じですね。
まぁいいじゃないか。近頃はおもちゃも大人のほうが夢中なのだ。

 
2008.07
03
(Thu)

「もえない―Incombustibles」 


森 博嗣
Amazonランキング:60698位
Amazonおすすめ度:



 森博嗣さんのミステリ小説。
 ちなみに表紙は鈴木成一デザイン室のもの。

 高校生の淵田は、亡くなった同級生の杉山の父から、彼が持っていたという金属プレートを渡される。プレートには、なぜか淵田の名前が刻まれていた。さほど仲がよかったわけでもない杉山からの謎の遺品に戸惑う淵田は、以前、杉山から手紙を渡されたことを思い出す。
 手紙には「友人の姫野に、山岸小夜子という女に関わらないように伝えて欲しい」と書かれている。姫野は山岸とつきあっていたがすぐに別れており、二人は首をかしげる。そして、調べると山岸も亡くなってしまっているらしい。
 そんな中、姫野のガールフレンドの飛山と会うが、彼女は淵田と小学校で同じクラスだったという。しかし淵田はそれを覚えていなかった。なにか自分には欠落している記憶があるのではないかと彼は疑い始める。
 何故か気になって手繰り始めた杉山の交友関係と、淵田の過去の記憶とがクロスしたときに分かった真相は・・・という話だ。

 1行1行を改行して描かれる、記憶を極限まで辿ったり、犯人と攻防するシーンがこの作品にも登場する。登場するのが普通の高校生なので若々しいけれど(大金持ちや天才などは出てこない)、「カクレカラクリ」よりはかなり静かで落ち着いている作品だったと思う。

 森博嗣さんの小説では、記号論のようなテーマが語られることがある。
名前は人間が認識するためにつけるものだ。認識だけではなくて、時にその名前のために働いたり、人を傷つけたりもする、結構重い存在。人が死んでしまった場合、肉体は消えてしまうけれど、残るのは名前である。もちろん名前すら消えてしまうこともあるけれど。

 「もえない」は、間違っても「萌えない」ではないことがわかってほっとしている。

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。