☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08
29
(Fri)

「マークスの山」 


高村 薫
Amazonランキング:57338位
Amazonおすすめ度:



マークスの山(下) 講談社文庫


 合田雄一郎刑事シリーズの1作目で直木賞をとった作品。

 南アルプスの山中で心中した親子が発見され、奇跡的に幼い男の子が生還した。しかし、彼の心の中には「暗い山」が影を落とし、重度の精神障害を残すこととなる。
 一方、近くの工事現場では、酒に酔った精神を病んでいた作業者が登山者を殴り殺す事件が発生。凶器のあった場所など不可解な点が多い中、捜査は打ち切られてしまう。 

 この16年後、刑事の合田雄一郎は、東京で起こる連続殺人事件の捜査に当たる。
公務員、元暴力団員・・・。どちらも鋭利な刃物のようなもので突き刺されて死んでいた。
なかなか被害者の関係が見出せない。

 この連続殺人犯こそが、心中して生還した少年・水沢裕之。彼は重度の精神障害を負っており、健忘症を患い、「暗い山」が心を覆いつくす。「暗い山」の間は、心の中にいる残酷な人格が彼を攻め立てる。 水沢は、とある事件で刑務所から出所した後、頭の中の声「マークス」の言うとおりに大金を得る計画に着手し、殺人を繰り返していく。

 水沢が青年になってから、残虐な人格を持ち、殺人を犯していく様子が描かれるため、犯人は分かりますが、被害者がなぜ被害者になってしまったのか、その背景が分からない。最初は合田ら、警察が、犯人である水沢までどうやってたどり着くのかを読んでいく。そのうち徐々に、水沢が標的とした被害者達の接点や過去の秘密が明らかになり、「16年前」の南アルプスへと回帰していく構造。「マークス」の名前も大きな意味があったこともわかり、非常にスリリング。
 また、警察内部の描写も緻密で、警察や地検の軋轢や横槍もそうであるし、個々の捜査員の周りを出し抜こうとしたりする心理戦が濃密。警察のちょっとした捜査の怠慢が、どんどん明らかになってあせっていく様子も面白い。

 今まで読んだ「照柿」や「李歐」では、工場の描写が凄かったけれど、今回は「山」の、何かを飲み込みそうな重い感じの書き方が凄い。本当に女性が書いたのだろうかといつも驚いてしまう。
 ラストの終焉に向かう部分がスピード感や捜査員の最後の意気込みがあるのと、哀しい殺人者の最後がとても悲しいのに、自然がとても雄大で美しいという対比が、あっさりしてるラストだけど印象的だった。
スポンサーサイト
2008.08
23
(Sat)

「夜明けの街で」 

 不倫はやっても、離婚しちゃぁいけないよ。痛い目にあうよという警鐘をあなたに・・。

東野 圭吾
Amazonランキング:2421位
Amazonおすすめ度:



 実家に帰ると、棚に東野圭吾さんの本が溢れていた。読書が苦手な人ものめりこめる凄い人だ。未読の本がたくさんあったが、「幻夜」など時間がかかりそうなものが多かったため、すぐに読めそうな「夜明けの街で」を手にとった。
 この本は不倫の話である。不倫の話はいろんな作家が書いており、特に女性作家の書く恋愛小説といえば不倫なんじゃないかってくらい不倫の話が出てくるのは気のせいだろうか?
 東野圭吾さんが書くと不倫はどう描かれるのか、興味は引かれる。

 サラリーマンの渡辺は妻と幼稚園の娘を持つ男で、不倫などをやる奴は馬鹿だと思っていた。が、派遣で入ってきた、少し気の強い秋葉に惹かれてしまい、気づいたときには「不倫の関係」になっていた。渡辺は、毎週木曜日の逢瀬や、土日・クリスマスなどの記念日に会うための口実を友人の手をかりながら苦心して作っていく。「
 友人の新谷が不倫はしても離婚はやめろと諭していたが、渡辺の心は、女ではなく「娘の母親」でしかない妻より、秋葉と一緒にいたいと強く思うようになる。
 ところが、秋葉にとある疑惑があることが分かる。秋葉が学生の頃に母親が自殺しており、そのあとに秋葉の家で父親の秘書で不倫相手だったといわれる女が刺殺されたという。しかも、時効を迎える今年、秋葉が容疑者とまだ疑ってかかる者もいることがわかる。時効の日を迎えればすべて真実が分かるという秋葉。結婚を迫ってきている秋葉であるが、殺人犯かもしれない秋葉を渡辺は選ぶことができるのか、ゆれまくる。そんな話だ。

 このように、不倫相手が殺人犯かもしれないという、あっさりしたミステリの要素を入れて、男性の視点で不倫を描いている。
 不倫をする。最初は体の関係だけで、お互いに割り切ればいい。妻にばれなければいい。それが、気がつけば不倫相手のほうに傾いている。なぜなら妻は、恋人ではなく、娘を持った母親であり、ときめく部分がないのだ。「家庭を大切にして、私は大丈夫・・・」という女性も、気を許すと、結婚を迫ってくる。不倫を続けても、やめても地獄である。特に男性に関しては、慰謝料などの経済的な打撃も避けられない。いつまでも恋愛する気持ちを忘れないのは、なかなかロマンがあるかもしれないが、現実的にはなんとも恐ろしい行為なのだよ、と「番外編 新谷君の話」も含めて伝わってくる。それにしても女というのは恐ろしい。

 この前に読んだ「イニシエーション・ラブ」も、女が強かで、最後にミステリ的などんでん返しがあるという話だったな・・・。
2008.08
17
(Sun)

「イニシエーション・ラブ」 

気を抜いて読んだら気がつかない、トリックがしこまれた恋愛小説。



 なんてことのない青春恋愛小説・・・。しかし、帯に書かれているとおり、最後の行で単純な話ではなかったことが分かる仕掛けになっている、面白い形式の本である。
 また、時代が90年代初頭であり、時代を髣髴させるキーワードが満載である。そのころは子供だったので懐かしくはないけれど、携帯がない時代の固定電話での恋愛は大変そうだ。

 SideAでは、静岡の大学生鈴木は、偶々誘われた合コンで成岡繭子という女の子に好意を持つ。鈴木は数学科に通う、優秀だが無口で地味なタイプ。もちろん彼女がいたことはない。グループでテニスや海水浴に行く中で、成岡さんとだんだん距離が近づいていき・・・とうとう電話やデートにこぎつける。マユはおくてな鈴木をさりげなくサポート。鈴木夕樹の「夕」をカタカナ読みして「たっくん」と呼ぶことに。女性と付き合うのがはじめての鈴木くんの甘く、ドキドキの恋愛が進んでいく。
 
 SideBでは、静岡の大学を卒業し、ギフト会社に就職した鈴木。東京に数年配属されることになり、恋人のマユと離れることになる。はじめは毎週のように静岡に帰っていた鈴木だったが、慣れない社会人生活にストレスを感じる。そんな中、同じ課の石丸さんという美女に好意を抱かれ、ダメだと分かりながらも、だんだん惹かれていく鈴木・・・。そんな中、マユが妊娠していることが分かる。

 一見、ごくごく普通でありがちな恋愛小説。しかし、普通の恋愛うぶな鈴木が、数年たってから、甘い恋愛を終える・・・という単純な話ではないのである。その仕掛けは、最後の1行に隠されていると帯には書かれている。確かに、最後の1行を読めば、なるほど!となるはずだ。ただ、中身を少し慎重に読んでいけば、最後にたどり着く前に、この本のトリックとやらに気がつくことはできる。(SideBのはじめのほうで私は気がついた。推理小説じゃいつも見破れないけれど、今回は楽勝。。)

 このトリックに気がついたら、この単純な恋愛小説に「女の強かさ」を感じずにはいられない、男性にはちょっとホラーなお話に変わることだろう・・・。

 
続きを読む »
2008.08
09
(Sat)

DVDを見ました 


久しぶりにDVDを借りてみることにしました。あまり見ないけれど、圧倒的に邦画が多いです。
洋画はダイナミックすぎ(アメリカのとか)て苦手・・だと思います。

魍魎の匣 スタンダード・エディション


 まず1本目は「魍魎の匣」です。京極夏彦さんの原作はばっちり読んでいて、見てみたかったのですが、ウブメの夏の気分(?)じゃなかったから、こっちを借りました。ストーリーは、万人に幾分か分かりやすいようなライトな内容になっていて、原作の内容が分厚すぎる分、ちょっと物足りなかったけれど、原作を忠実にすると大変なことになるからこの辺が妥当だと思う。
 キャスティングがいいですよね。京極堂×堤真一、榎木津×阿部寛、関口×椎名桔平。いいおっさんぞろいです。阿部寛のえのさんがお洒落でかっこよいところがいい。久保竣公氏が私のイメージではミッチーだったのですが(笑)、 宮藤官九郎でしたね。ヤナ感じが出ていました。
 それにしても、谷村美月さんの四肢切られた状態が恐ろしくリアルでした。乱歩の「芋虫」を思い出したよ。

ストロベリーショートケイクス


 二本目は「ストロベリーショートケイクス」。ずいぶん前に話題になっていたような気がする1作。恋愛も人生もなかなか上手くいかなくて悩む4人の女性の話でした。
 惨めな恋愛ばかりでなかなか彼氏ができない、フリーターの里子(池脇千鶴)。神様に彼氏ができるように頼んでいるけれど、バイト先(デリヘルの電話番)の店長に言い寄られたりしてうまくいかない。一人の男を思い続けている、デリへル嬢の秋代(中村優子)は、なぜか棺桶に寝ている変な女。たくさんお金をためているが、意外にも学生時代の腐れ縁の菊池氏(安藤政信)にひそかに思いを寄せている。
 OLのちひろ(中越典子)、とイラストレーターの塔子(岩瀬塔子)はルームシェアをしている。ちひろは女を磨くのに余念がなく、占い・風水なんでも取り入れて恋愛にすべてをささげている、女が一番嫌う女の典型。恋人(加瀬亮)ができるが・・・。塔子は創作はもちろん、ちひろや、絵を大切に扱わない出版社、そして過去の恋人など色々なことにストレスを感じ、過食症になっている。

 リアルな女の生態という感じで、色々と大胆な映像が多かった。色々と。
 イラストレーターの塔子は原作者の魚喃キリコが演じていて、クールなおねえさんで、しかも痛々しい演技が物凄く上手くて驚きました。なんだか、心をえぐるられるような切ない体験を面々がおうけれど、最後は爽やかでよかったです。池脇さんに和みます。
 

めがね(3枚組)


 3本目は「かもめ食堂」の監督による「めがね」

 かもめ食堂では、憧れのスロー空間・生活を提供してくれた小林聡美さん。今回は、逆に心を溶かされる側になっていました。
 与論島に、目的は分からないが一人休暇にやってきたタエコ(小林聡美)。ユージ(光石研)が営むハマダという民宿にやってくる。島では美味しい食事を作るユージのほかに、カキ氷をふるまうサクラ(もたいまさこ)やブラブラしている教師のハルナ(市川実日子)らと出会う。しかし、島のペースについていけない。皆で食事をすることも、一人で食事をする都会の常識から考えると面倒だし、朝早くからサクラを筆頭に行われている「メルシー体操」も変だ。それに、この島には「観光」するところがなかった。ココに来る人は誰もが「タソガレに来る」のだという。3人は口々にタソガレは得意だというが、タエコにはその感覚が分からない。他人が笑顔で干渉してきて、そしてやることがないことに耐えられず、一時ハマダを離れるが・・・。
 青い海と青い空、美味しいものを食べてのんびりする。そして、ただ何かを思う。ただそれだけが、時間と目的に追われる都会では忘れられがちなのだ。スローが善とは限らないけれど、これくらいのゆとりを持って生きれたらなとは思う。落ち着く映画です。
 もたいまさこさんが味があってよすぎる。貫禄があるのにやさしい笑みがたまりません。本日再び登場の加瀬亮さんも途中参加ですが、ロブスターの食いっぷりと、ビールの飲みっぷりが素敵でした。タエコとどんな関係なのかは謎でしたが。生徒?

 スローライフって、現代しかない概念だろうな。昔の生活がスローライフというものだったんじゃないかと思ったけれど、昔は、もっと生と死が直結した中で生産活動していただろうし、国家の搾取もひどかっただろうから、今望まれるスローライフとは違うものなんだと思う。
 これは、最低限が満たされて、満たされすぎてから現れた概念なんだろうな。
衣食住にプラスして色々な物欲が満たされて溢れかえって、追いかけては得て、作り出し、また追い求める。そんな生きることを考えていくと本当は要らない部分をなくして、もっと急がず、必要なところだけでのんびりしていいじゃないか。精神的にも、肉体的にも、環境的にも負荷が少ない暮らしをしようよ・・・と。
 憧れるけれど、その境地に行き着くには色々棄てなければいけないものがいっぱいあって、なかなか難しいものです。
 日本がそんな人ばっかりになることはないでしょうね。
(経済とまっちゃうし。どうなるんだろう、そうなったら。そういう学問はあるんだろうか?)
2008.08
08
(Fri)

「火車」 

カード破産が潰した二人の女性の人生を追うサスペンス


宮部 みゆき
Amazonランキング:1276位
Amazonおすすめ度:



 刑事の本間が、親戚の若い男性から消えた婚約者を探して欲しいと頼まれる。その女性には、カード破産の来歴があることが分かり、それを聞いた所、失踪したというのだ。本間はその女性・関根彰子は、徹底的に姿を消していた。
 破産時に関わった弁護士を訪ね、本間の探している彰子の写真を見せたところ、別人であることが分かった。自己破産をした本物の彰子はどこへいったのか?そして、関根彰子として生きていたと思われる女は何者で、何処へ行ってしまったのか?
 さらに調べていくうちに、二人の女性に襲い掛かった、借金の脅威と、それに潰されてしまった人生が判明していく。女性の失踪となりすましを追うミステリアスな展開と、カード破産という社会の闇を描いた、なかなか勉強になる・・・といったらおかしいけれど、メッセージが含まれた作品である。

 私はクレジットカードを4枚持っている。ポイントがたまるからお得な感じがしてしまう。非接触・鉄道系のカードは、切符売り場でのわずらわしさをなくしてくれて便利であるし、なかなかスマートな感じがする。まだ使っていないけれど、携帯電話の「おさいふケータイ」の機能もおもしろそうだ。この非接触決済ができる機能がパソコンについていたりするから驚きである。
  しかし、当たり前であるけれど、クレジットカードは危険を孕んでいる。他人による使用もそうであるけれど、使いすぎてしまうほうが恐ろしい。クレジットカードにはキャッシングという機能があり、さも、銀行預金から引き出しているような印象があるが、これは明らかに借金なのだ。たとえ3万の借金でも、収入と支出がほぼ同じような生活ならば、すぐに返済がきつくなる。そして気がついたらどんどん条件の悪い金融業者から金を借り・・・・。

 この話には2人の女性が出てくるが、どちらも借金で苦労した女性だ。片方は、借金してまでも色々なものを買うことで心の隙間を埋めていた。その借金が膨れ上がりカード破産に追い込まれた経験を持っている。もう一人は、親の残した借金の取立てで、何度も幸せを潰され、ぼろぼろになった女性だ。どこまでも憑りつく借金地獄から抜け出すためには、別人になるしかないと道を踏み外してしまうのだ。

 自己破産をしたら、持っている資産を取り上げられた後は、手続きを踏めば借金は帳消しになるという。(10年は次の破産はできない) 借りたものは返すのが当たり前と考えると、自己破産して逃げるのは姑息だと思う。しかし、払う必要のない利息や、払う義務のない親の借金を取り立てられたりする状況は確かにおかしい。「借金」「カード破産」は、いろんな側面から見なくてはいけないことを知った。

 この本はミステリで、謎を追っていく過程もおもしろいけれど、なんだか非常に勉強になった気がする。クレジットカードや借金についてはなんとなく知っているくらいで、詳しいことはわかっていなかったと思う。この話は平成になったばかりの、クレジットカードが普及始めた頃。今は、もう簡単に流れを失いそうな決済方法が溢れているからこそ、親の金を見境なく使いがちな最近の若い人たちには、こういう実態と知識を教えておかないと、みんなが不幸になってしまうなと思った。
2008.08
07
(Thu)

「まほろ駅前多田便利軒」 


三浦 しをん
Amazonランキング:84823位
Amazonおすすめ度:



 直木賞を受賞した三浦しをんさんの「まほろ駅前多田便利軒」を、ようやく図書館で発見し読んでみた。「直木賞」ときくと重々しいが、非常に、それも拍子抜けするくらいライトな口当たり(?)の本だった。
 
 便利屋を営む多田の元に、高校の同級生だった行天が転がり込んでくる。ぶっきらぼうな多田も職業が怪しいが、行天は風貌もさることながら、仕事も帰る家さえもなく、この上なく怪しい。高校のときは全く喋らない変人だった行天は、意外にも喋るときはたくさん喋る。行動はぼーっとしていたり、危険も冒すほどハチャメチャであるが、意外に気を使っていることもある。
 この二人が便利屋の仕事を通して、色々な人の問題や事件に出会っていく様子が、短編の連作の形で書かれている。棄てられた犬の引き取り先を探したり、小学生の送り迎えの仕事から小学生を使った麻薬密売を知ってしまったり、風俗嬢の男女のいざこざに巻き込まれたりする。
 便利屋という雑務と探偵的な事件が起こるところがおもしろく、男と男の友情が美しい話であるが、家族の愛情の話も大きな要素になっている。多田は子供を亡くし、離婚した過去を持ち、行天は体外受精により同性愛の女性の子供の「親」になったようである。家族という面で二人とも寂しい経験を持っている。行天は謎だったけれど、多田がひたすら真実に向き合うことができずに破滅を招いてしまったと自分を責めている心情などはうまいなぁと思った。

 この話は、キャラクターがつぼにはまる人も多いかもしれない。飄々と常識とズレて生きる行天のような男は実際にいたら大変だけれど、好かれるタイプのキャラクターである。
 でも、もしかしたら男性にはおもしろくないのかもしれない。よく、異性が描く異性は同性から見ると「いないよ、そんなやつ!」みたいになるように思うが、離れても最後は元に戻ってくる男の友情なんてそうそうないのではないかと思うのだ。べつにBLではないけれど、男と男の距離がちょっと近い雰囲気を感じられないこともない。
 
 
 直木賞の重みを一切感じず、らく~に楽しめる1冊です。
2008.08
02
(Sat)

「スカイ・イクリプス」 

『綺麗だ。
 濁ったものはここにはない。
 なにもかも、消えてしまったから。
 美しい。
 空しかない。』

 

森博嗣
Amazonランキング:196位
Amazonおすすめ度:



 「スカイ・クロラ」シリーズ5巻の番外編。8つの短編が収録されている。シリーズの登場人物が出てきたり、誰か分からないパイロットの話であったりする。最後のほうはシリーズでわいた謎をクリアにしてくれそうで、いっそう混乱したりするようなとびっきりの話があったりもする。終わって寂しかったところにうれしい1冊である。

ジャイロスコープ Gyroscope
ナイン・ライブス Nine Lives
ワニング・ムーン Waning Moon
スピッツ・ファイア Spit Fire
ハート・ドレイン Heart Drain
アース・ボーン Earth Born
ドール・グローリィ Doll of Glory
スカイ・アッシュ Ash on the Sky

 ずっと文庫版で5冊買っていたけれど、今回は待つことができずに、ハードカバーで。もともと鈴木成一デザイン室による装丁のハードカバーが欲しかったけれど、お金がなかったのだ。あまりにも空の写真が綺麗だから、いっそ8,000円出して5冊のBOXを買ってもいいかも。
 文庫版は、すべてハードにあわせた1色使いのシンプル版。今売られているのは映画版の表紙になっている。

 スカイクロラシリーズはこれで終わり。世界観も、話も、謎も、すべて深くて面白かった。どうしても謎を知りたくて、この本を読んだ後、もう一度5冊とも読んだ。色々考えて何か書こうかと思っていたけれどやめました。クリアに書かれていないということは、そういう余韻を残して読む作品だということだろう。真相については、mix●などで議論されていて、成程と思うものもいくつかあったので、それで充分ということにした。
 今日公開の映画でも何か分かるのかもしれないけれど、映画は興行収入が上がらないから多くの人にわかりやすくなっているイメージがあって、分かりやすい違うストーリーになっているような気がする。でも飛行機が空を飛んでいるシーンは、体験がないので想像がつかなかったところも多いから、映像で見てみたい。

 全部読んだ感想を、別に1度かいておこうかとも思う。今はぐるぐるといろんなことを考えているところだから、またそのうちアップしよう。誰も読まなくてもね。
続きを読む »
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。