☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04
29
(Wed)

「名探偵の掟」 

 「本格推理小説」を推理小説家自ら一刀両断、皮肉にも笑い飛ばす、痛快な1冊。

東野 圭吾
Amazonランキング:336位
Amazonおすすめ度:



 自称・頭脳明晰・博学多才・行動力抜群の名探偵、天下一大五郎と、某県警捜査一課警部の大河原番三の二人が次々に起こる「難事件」を解決していくミステリー。・・・という形で「本格推理小説」とは何かを追求していく短編集。非常に楽しい1冊です。

 アガサクリスティやクイーン、日本では松本清張に江戸川乱歩に始まり、西村京太郎・・・さまざまな「本格推理小説」が無数に存在します。
 本格推理小説「天下一シリーズ」の大河原も、天下一も本格推理小説「天下一シリーズ」の登場人物であることを自覚しており、時に触れては、こういう小説の定説にぼやきをいれてきます。話の冒頭から、大河原が自分は天下一の引き立て役であり、事件の真相はわかっているが知らない振りをして、わざと的外れな捜査をし、探偵を持ち上げるのは大変だなどと嘯いたりします。そして、「あなた、本当に密室事件なんて面白いんですかい」などと、本格推理小説のへんてこなパターンや設定を嘆きます。 それは下の目次を見てもらえば分かるように、事件の舞台や登場人物の関係が不自然さや、殺害方法・解決方法のまわりくどさへの疑問ばかり。どれも「確かに」とうなずいてしまうものばかりです。そして、探偵小説が用意できる意外性には何があるのかとことん突き詰めていくラストが用意されています。

  一つ一つの短編で、お決まりの事件が起こるわけですが、事件の解決よりも、その変な世界に突っ込みを入れることがメインなので登場人物の名前や、途中の細かい部分が面白いほど投げやりです。ただ、事件の真相は通常想定するような結果ではなく、ものすごく変な点をついてくるから驚きがあります。

 
プロローグ
第一章 密室宣言-トリックの王様
第二章 意外な犯人-フーダニット
第三章 屋敷を孤立させる理由(わけ)-閉ざされた空間 
第四章 最後の一言-ダイイングメッセージ
第五章 アリバイ宣言-時刻表トリック
第六章 『花のOL湯けむり温泉殺人事件』論-二時間ドラマ
第七章 切断の理由-バラバラ死体
第八章 トリックの正体-???
第九章 殺すなら今-童謡殺人
第十章 アンフェアの見本-ミステリのルール
第十一章 禁句-首なし死体
第十二章 凶器の話-殺人手段
エピローグ
最後の選択--名探偵のその後

 
 
 「毒笑小説」のシリーズに似た、東野さんの笑いの部分と、ミステリー作家としての思いが詰まった1冊。ミステリー好きの方は読んでみてはいかがでしょうか?

 ちなみに、ドラマ化されていると帯に書かれていたので、見てみました。やっぱり映像化はきついみたいですね。推理小説のセオリーにつっこみを入れる場面への流れが不自然だし、小説を読みながらこそ実感できる掟が多いのでドラマとしては少し微妙でした。
スポンサーサイト
2009.04
15
(Wed)


 考古学者の女性とFBI捜査官が、美術館襲撃事件を発端に「テンプル騎士団」が残したキリスト教の根本を揺るがす古文書を追うサスペンス。
 
 N.Yのメトロポリタン美術館に、「テンプル騎士団」のマントを身にまとい馬に乗った「騎士」4人が襲撃する。ヴァチカンの秘宝を無残に打ち壊し、ガードマンの首を刎ね、逃げ惑う人々を撃った。観客だった考古学者のテスは、一人の騎士が目立たない展示物である暗号機を大切に持ち去るのを目撃する。
 仕事に恵まれない考古学者であるテスは、暗号機のことを調べるうちに、テンプル騎士団が事件に関係していることを確信する。「テンプル騎士団」は13世紀のヨーロッパで、巡礼者を守るために働いていた騎士団であるが、徐々に力と富を蓄え、いつしか教会を脅かす存在になっていた。そのため、教会と王が手を組み、テンプル騎士団を迫害して滅ぼしてしまう。このテンプル騎士団は、キリスト教を揺るがすような大きな秘密や財宝を持っていたのではないかという説が一部の学者の中で語られていた。

 テスは、犯人はこの秘密を暴こうとしているのではないかと踏んでいる。その予測とおりに、秘密に魅入られ、重要な暗号文を手に入れている一人の男にテスは出会うことになる。
 考古学者としての一大発見を夢見るテスは、その危険な男にさらわれたり、秘密を暴こうとトルコに渡ろうとしたりと、危険を顧みず、事件に深入りしていく。事件について話を聞くうちに、美しいテスに個人的な好意を抱いてしまったFBI捜査官ライリーは、憎き犯人を追い、彼女を止めるべく一緒に歴史の謎を求める旅に出る。
 舞台はアメリカにとどまらず、暗号文の内容を追い、トルコにまで。騎士団の秘密は、キリスト教の存在と2千年にわたって築いてきた歴史を崩すような内容である。テスの学術的探究心と、キリスト教の「幻想」をぶち壊したい犯人と、教会を守ろうと暴走するヴァチカンと、犯人を逮捕したいFBIの思惑がぶつかる。果たして騎士団が残した謎とモノは何なのか?
 途中にテンプル騎士団が、この秘密を隠し、守ろうとする経緯が、騎士のマルタンの目で語られ、過酷な運命をたどった騎士団への理解と思い入れを作り出す。

 キリスト教をモチーフにした推理小説と聞くと、「ダヴィンチ・コード」があげられ、この作品も比較されてしまうことでしょう。かの作品に比べると、この作品は、事件のダイナミックさ、人間の絡み方、歴史の深みは劣ったように感じてしまいます。まず最初の犯罪が派手なわりに、最後は歴史の謎の探求に終始してしまうし、黒幕も案外あっさりしています。FBI捜査官と一般女性という組み合わせもあぁー・・・。
 真似して書かれているわけではないので、あとがきにも書かれているとおり、出る時期が「ダヴィンチ」の後ということで悪かったかもしれません。ただ、周囲で「ダヴィンチ」は難しくて分からなかったという声を多々聞きます。出てくる人物も、暗号もややこしいですし、教義や宗教とは何ぞやまで考えさせられるから重いんですね。
 「テンプル騎士団の古文書」はそういう方々にも楽に読めるような内容になっていると思います。
ドラマになっていそうな感じです。テンプル騎士団は名前は知っているけれど、功績までは知らない存在だったので、そういう歴史の面が軽くわかった点で面白かったです。
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。