☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06
14
(Sun)


なかなか読書のペースが上がらないので、久しぶりに森博嗣さんの本を買ってみました。

 編集者が、今までに出された森さんの本から抜粋した文章に、森さんが写真を添えたというシンプルな本です。 抜粋されたものは、「S&M」「V」シリーズやいくつかの短編で出てきた、登場人物たちの思考や会話です。それは森博嗣さん自身の思考そのものです。

人間の思考、愛、孤独、社会、言葉、愚・・・そういうものの表現が、普段考えないようなことばかりで、研ぎ澄まされていて、潔さが心地がよい。些細なことに喜んだり苦しんだり、思考は浅いし、心も頭もぐちゃぐちゃ落ち着いていない自分は、ここまで冷静に物事を見ながら生きるなんてできないのですが、読んでいたら、その間だけは静まるような気がします。

 間違いなく、読む人によっては、意味が分からなかったり、詭弁だと感じたり評価は分かれるでしょう。私にしても、理解はできていないし、森さんの作品が好きだからこそ、こういう思考の文章が好きだと思っているだけであって、そういう文脈がなければ琴線にも触れないのだろうな。

 写真も素敵なんですね。そこにあるのは美しい風景ではなく、むしろ身近にある雑多な自然や、ガラクタだったりします。不思議なのは、街にごろごろ転がっている「形」がキレイに抜き取られているところで、風景としてしか世界を見ていない自分にとって、図形を見つけられる森さんの目は凄いなと思います。

 単に小説として50冊近く読んできましたが、もう一度読むことがあれば、深い台詞にもっと目を留めて読んでみたいものです。この本にのっているのはほんの一部でしかないのです。
スポンサーサイト
2009.06
09
(Tue)

「五郎治殿御始末」 


浅田 次郎
Amazonランキング:17921位
Amazonおすすめ度:



 時代が変わる。為政者や体制がまったく別のものになる。終戦がひとつの大きな区切りとすれば、その前の区切りは、徳川幕府の終焉と明治政府の始まりである。
 幕府から明治政府への変化は、政治体制だけでは簡単に語れない。人々の生き方や心のよりどころが変わり、生活の仕方も変わってしまった。その混乱の中の人々を、暖かく、面白く、そして悲しくもやさしく描いているのがこの作品です。

 主君に対する忠誠心を描いているのが『椿寺まで』『遠い砲音』。
『椿寺まで』は、商売人に引き取られて住み込みで働く少年が、親方に連れられて目的の分からない旅に出る。そこで少年は自分の出自を知ることになります。潔く商人になった武士が貫いている姿に、ついていこうと決意する少年を描いています。『遠い砲音』は、明治政府の軍隊に入った元武士が、行き場を失った殿様をどこまでも守り続けている姿が描かれています。

 また、江戸時代になかった制度に戸惑う武士たちの話は、現在の当たり前の制度に戸惑う人々が書かれていて、新鮮です。さきほどの『遠い砲音』ではまず時計が読むことができず、遅刻や大砲のうち間違いなど失敗を繰り返し、うまく順応したワカモノに冷たい目で見られるおじさんが「時間」の概念に四苦八苦する姿が面白いです。また、『西を向く侍』では天文方で太陰暦を定めてきた武士が政府から召されるのを待っていたが一向にその気配がない。明治政府が諸外国から取り入れた「太陽暦」に猛烈に反対し、正月が早く来たり、俸禄が調整されたり、民衆が混乱する政治をしてはならないと訴える。時間や暦は便利だけど、今までの習慣の変更を余儀なくされ、行動を区切られて生きにくくなってしまった当時の人々の姿が見えます。

 江戸時代が終わって特権を奪われて路頭に迷ったのが武士です。帯刀が禁止されて、人を切ることは、「罪」に変わってしまった。こうやって、あだ討ちが許された時代がおわり、あだを討てなくなってしまった武士の苦悩を描いたのが『柘榴坂の仇討』。井伊直弼の配下にあった元武士が、車引きとなった仇を見つけ対峙する話です。また、『箱館証文』は、戊辰戦争で命を「金」で売って、明治の世になってそのつけに振り回される4人の元武士が滑稽な話です。
 そして表題作「五郎治殿御始末」は、孫が、江戸時代の最後に生まれ、江戸時代を知る最後の世代と思われる曽祖父から、そのまた祖父の話を聞けたとしたら、こんな話なのではないか…と作られた話です。「孫」は浅田次郎さんご本人なのでしょう。
 曽祖父は、幼いころ、祖父の五郎治と新政府に制覇されてしまった国を出て、死に場所を探してさまよっていた。曽祖父は小さいながらも武士として、覚悟を決めていたが、知人の商人に自害を止められます。商人は、武士も商人もなく、人間として幼子の将来まで奪ってはならないと、命がけで武士だった五郎治に訴えます。商人の下で新しい人生を歩みだした曽祖父と、遠い地で最後まで武士を貫き通した五郎治の悲しい話ですが、どこか暖かい、これぞ「浅田節」で語られます。

 主君への忠誠や仇など、自分の生を捧げるもの(たとえそれが形骸化していたとしても)や、なに不自由なく馴染んでいた習慣を180度ひっくり返されるという体験は自分の身に置き換えると結構恐ろしいものです。それは、いい方向に変わるより、不都合であったり、恐怖を感じる方向に変わるのではという予感があるからでしょうか。
 現在の自分たちの習慣を、受け入れようと努力してきた過去の人々の姿を物語として見るのは、なにかいとおしいものを見ているようで心なしか暖かい気持ちになりますが、そこで失われた日本がたくさん存在するのだなと改めて思います。
 
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。