☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09
27
(Sun)

「中庭の出来事」 


恩田 陸
Amazonランキング:46869位
Amazonおすすめ度:



 これは難しい話でした。小説を読むときは、いくら謎があったとしても、出てくる登場人物なり話の筋などをしっかり追いながら読めるものですが、ふわふわと何が起こっているのか、誰なのか、どこに行き着く話なのかがつかめないまま読まなくてはいけない不思議さがありました。入れ子の箱をどんどん重ねたり、また開けて散らかして・・・を繰り返しているような印象です。

 話は「中庭にて」という章と、「旅人たち」という章と、『中庭の出来事』という台本の3つのが入れ替わりに現れます。簡単に説明すると、この「中庭の出来事」という小説の中の「現実」の中に『中庭の出来事』という劇中劇があり、その中に『告白』という劇中劇中劇があるという形になっています。
 女優が脚本家を殺す事件、女優の目の前で女優がなくなる事件、脚本家が自宅で死亡していた事件、オフィスビルの中庭で若い女性が心臓麻痺で亡くなった事件・・・。たくさんの事件が、「現実」「中庭の出来事」「告白」のなかに現れ、どれがどの事件なのか、こんがらがってしまいます。
 
 これが、なんの説明もなく始まるためなにが起こっているのかわからない。何度も繰り返し現れるキーワードや話(とれたボタン、紅茶のスプーン、ビルの間で突然死した若い女性など)に惑わされ、次第にでてくる登場人物の「名前」にしがみついて・・・。その上で、劇中劇中劇・・・という構造が分かってくるのです。しかし、分かったとたん、手からするっと逃げて、わからなくなるような難しさがあります。だから詳しいことはかけないです。

ラストに、あぁ、これらは劇だったのだ、こちらの人々が「現実」だったのだと納得しそうになるのに、彼らもまた劇の中に閉じ込められてしまう。劇というもの、「見られる」ということをつきつめた結果できた、非常に難しく、凄い作品です。時間を置いて、もう一度読んでみたいと思います。
スポンサーサイト
2009.09
20
(Sun)

「赤い指」 


東野 圭吾
Amazonランキング:51位
Amazonおすすめ度:



 東野圭吾さんの作品にも「刑事もの」があったんですね。この「赤い指」で7作目になるようです。機能していない家族から生み出された事件という、最近よく起こっているように見える犯罪を反映した作品になっています。
 
 サラリーマンの前原昭夫は、妻と中学生の息子と、アルツハイマーの母親と暮らしている。妻は姑を昔から敬遠しており、介護は一切せず、昭夫の妹に任せている。息子はいじめに会っており、家ではゲームばかりをし、臆病なのに不都合なことがあると暴れて手を焼き、昭夫はかかわらないようになっていた。
 ある日、その息子が小学生の女の子を殺してしまったのである。警察に届けたら昭夫を刺すとまで言って息子をかばおうとする妻におされ、家族は遺体を公園に捨て、殺人を隠すことを決意する。警察に万が一疑われた場合にと、非常に姑息な決断をする。

 刑事の松宮は、少女の殺人事件で、旧知の加賀恭一郎と組んで捜査に当たることになった。松宮は、上司から「加賀の捜査をしっかり見ておくように」といわれていた。加賀は松宮が気にしないところを気にかけており、前原という何の変哲もない一家に目をつける。

 警察の捜査を欺こうと画策し、嘘を塗り重ねていく前原家。その家族の不完全さもあわせて非常にふがいなさを感じる。加賀は、事件を隠そうとしている嘘の過ちに、犯人自身から気がついてほしいと、手をうつ。典型的な、冷え切った普通の家庭に隠された重大な悲しい事実に非常に驚かされる。

 一方で加賀と家族についても描かれている。松宮はおじであり、癌で入院している加賀の父親を見舞っている。一度も見舞いに訪れない加賀に反発を覚えている。この加賀の行動にも秘密が隠されている。

 そんなに長くない話なのですが、しっかりとした内容になっています。アリバイ崩しとはまたちがう、面白さがありました。

 
2009.09
08
(Tue)

「美丘」 


石田 衣良
Amazonランキング:34235位
Amazonおすすめ度:



石田衣良さんの本はそういえば1冊くらいしか読んだことがない。
「美しい子ども」を読んで面白かった記憶があるのですが、なかなか出てくる人物が「THEワカモノ」だったりして、ちょっと敬遠していました。
で、この本は家にあって、「病気で主人公が死ぬ典型的な話だけど面白い」という感想を聞いて、手ごろな重さ(笑)だったので借りて帰りました。

 大学生の「僕」が、「美丘」という女の子に出会い、恋をして、そして美丘が病気で去っていくまでの濃く、短い時間を述懐している話です。発言も、行動も、性に関しても自由奔放な美丘。優等生で美女のお嬢様と付き合うも、この女の子に心を奪われ、のめりこんでしまいます。
しかし、彼女は「ヤコブ病」を患っており、付き合い始めてすぐに発症してしまうのです。
ヤコブ病はBSEのように脳がスポンジ状になり、当然、体の機能、思考までもがじわじわと蝕まれ、最後には死にいたる謎の恐ろしい病。その病の中、残された時間を全力で愛し合おうと苦難する二人の姿が描かれています。 
 美丘は、弱々しく儚い美少女タイプではないので、あからさまなお涙頂戴な話ではない。前向きだけど、当然弱いところもある、破天荒だけど好感を持てそうなタイプ。一生懸命、とにかく二人はこぼれる時間を生きたという愛情が描かれているのですが、恋愛小説をあまり読まないので受け止め方がよくわからない(笑)。やはり、高校生くらいの若い人に書かれた話でしょうか?
 「僕」は若くして、おぼれるほど愛する人を手に入れた途端失った喪失感から抜け出せないようである。今後どうやっていきていくのだろうというのが気になってしまうのでした。
 
2009.09
03
(Thu)

「片眼の猿―One-eyed monkeys 」 



 勝手に想像したものだから、書かれていない事実に驚かされる本を続けて1冊読みました。

盗聴専門の企業スパイの三梨は、楽器メーカーのライバル会社調査をするために企業にもぐりこんでいる。偶然、とある同じような境遇にある女性・冬絵と出会い、パートナーとして雇うことに。その調査中に殺人事件に遭遇してしまう。殺人事件を調べるうちに、冬絵の秘密や、探偵社通しのしがらみが見えてきて・・・と、結構ハードボイルドな感じの話です。
ただ、三梨のすんでいるアパートには、老夫婦や、知的障害を持つがトランプ芸に長けた男、双子の子どもなどユニークな仲間が住んでおり、無骨だけど明るい人間関係が描かれたりもしています。

 「片眼の猿」とは、99匹の片目の猿の中に1匹だけ両目を持つ猿がいたが、最終的には「正常」な両目の猿は片眼をつぶしてしまう―という話の一説に出てくる話。
三梨も冬絵もなんらかのハンディキャップや悩みを持っていることがうかがえ、それもラストで一気に明かされ、驚きを与えます。
 

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。