☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.09
27
(Tue)

「怪談集 花月夜綺譚」 


岩井 志麻子, 山崎 洋子, 花衣 沙久羅, 藤 水名子, 加門 七海, 藤木 稟, 島村 洋子, 森 奈津子, 恩田 陸, 霜島 ケイ / ホーム社(2004/08)
Amazonランキング:106,236位
Amazonおすすめ度:


 女流作家の書き下ろしの怪談集。白く透けた紙の装丁に、月と蝙蝠。
私の好きな雰囲気の表紙だったので借りてみました。

 江戸時代あたりを舞台にした浪人や町人の話。明治、大正のノスタルジックというか、今にも椎名林檎か東京事変の曲かけたくなるような雰囲気で、おしとやか口調のお嬢様やメイドの話。戦中の村の話……。
 どれも現代が舞台ではなく、どこか闇がある時代が舞台のお話ばかりでした。
あんまり怖くはないです。不気味だなという、よくある話です。
 
 女性の作品ばかりのアンソロジーはよくあるけれど、「怪談集」はあまり見かけないので、おもしろかったです。作品の温度も全体的に似ていて落ち着いていたのでよかったです。
東京事変が聞きたくなりましたが、友人に貸したままなので久しく聞けません。

☆文章を書く力がほしい。
 読んでいる本があると、結構その本の文体に影響されてしまいます。そういうことないですか?(誰に聞いているのか)
私のブログの文章も、落ち着いたり、常体だったり、若者ネット調(?)だったりころころ変わります。
今は森博嗣の「工学部・水柿教授の日常」をよんでいるのですが(紹介した日にその本を読んだとは限らないのです)、これは言葉のレトリック満載で、これいいかも、とまた影響されそうになってしまいます。(括弧書き突っ込みが多いのです)
 理想は「常体なのにやわらかい文章」なのですが、私が書くと固い報告書になってしまいます。あとは単語の選び方でしょうか。
あくまでも日記なら、書き散らかせばよいけれど、人に読まれているのでそれなりに読みやすく、おもしろい文章が書きたいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/10-3a32b204

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。