☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02
22
(Wed)

「博士の愛した数式」 


小川 洋子 / 新潮社(2005/11/26)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:




 この話は、80分しか記憶の持たない博士と、家政婦と、その息子の愛情あふれる、温かな物語だ。
 彼女は、これまで9人も辞めていった問題の家に家政婦として派遣された。家主の老婦人は、離れに住む義弟の面倒をみよという。
 義弟である男性は、昔大学教授で数学の博士だった。交通事故の後遺症で、記憶が80分しかもたなくなってしまい、以来、数学雑誌の懸賞を解くなどして細々と暮らしてきた。彼のスーツにはたくさんのメモ書きの紙が留められている。そうしないと何をしていたかスッパリ忘れてしまうからだ。その姿は異様にも見える。
 彼女は、彼女自身のことでさえすぐに忘れ、仕事に没頭する博士への対応を苦慮しながらも、博士について様々な発見をし、だんだん理解するようになる。
 博士のコミュニケーションの架け橋になる話題は「数字」である。誕生日、靴のサイズ、電話番号・・・。相手にそれらの数字を尋ね、その数にまつわることをつぶやく。それが彼なりの場の持ち方だ。彼女は、博士が説明する、数の魅惑に、最初は戸惑いながらも引き込まれていく。博士の書く数字、説明はとてもわかりやすく、安心するようなものなのである。
 その博士に魅入られたのは家政婦だけではない。家政婦の小学生の息子もである。息子を一人で留守番とは何事かと、家に連れてきなさいと言った博士。博士は子どもには強い愛情を示すようだった。
 博士は息子を「ルート」と呼んだ。
 息子の頭のてっぺんがルート記号のように平らだったからだ。
「これを使えば、無限の数字にも、目に見えない数字にも、ちゃんとした身分を与えることができる」
 
 博士、家政婦さん、そしてルート。穏やかだったり、楽しかったり、悲しかったりする3人のささやかな日々が描かれている作品だ。 
  
 こんなに暖かい話はひさしぶりに読みました。
何が暖かいんだろう。
小川さんの作品の雰囲気からかな。
博士の言葉も、家政婦さんの理解しようとする姿勢も、しっかりしたルートも。全部暖かい。

 目を引くのが博士の境遇。
80分たつとリセット。事故の日までの記憶でストップ。
80分の中で、考え、見聞きし、出会ったもの全てが失われる。
その瞬間に見るのが「僕の記憶は80分しかもたない」という宣告のメモ用紙。80分たつごとに、博士はその恐ろしい絶望感と戦わなければならない。数式だけが時間の中をそのまま移動できる。でも博士の記憶や体験は80分向こうには移動できないのだ。
本当にあるのか分からない病気だけれど、なんて悲しい病気なんだろうと思いました。

 「数字」「数学」は不得意でした。学年があがるごとにそれは顕著になりました。基本問題や計算はできても、パズルのような応用問題がでるとおしまいです。考えられない。センスがないんだと言ってごまかしていました。素数、友愛数、ルート、双子素数・・・。博士が説明し、家政婦さんが見るその数字たちは、とてもおもしろいものでした。話の雰囲気に流されているのかもしれませんが、冷たい、無味乾燥な数字があたたかく、かわいらしいものに感じられるのです。不思議でした。
 
 悲しい病気が元に作られた出逢い。博士は自分たち3人で蓄積した時間は覚えていないけれど、たしかにそこには愛と呼ばれるようなものがある。本当に素敵な話だと思います。  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/102-7bffae7b

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。