☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03
06
(Mon)

「家守綺譚」  


梨木 香歩 / 新潮社(2004/01)
Amazonランキング:5,541位
Amazonおすすめ度:



 文筆家の綿貫征四郎氏。
かつかつの暮らしの中、親友だった人の実家の管理人を、住み込みですることになった。親友・高堂は学生時代、ボートに乗ったまま行方が分からなくなっていた。
 屋敷の庭は植物であふれかえっている。
ある雨の夜、床の間に飾られた掛け軸の中から高堂がボートに乗ってひょっこり現れた。それ以来、こっちの世界ではない世界からちょくちょく顔を出すようになる。
 勇敢な飼い犬・ゴロー。隣のおかみさん。たまに現れる異型の者たち。四季の織り成す植物たち。そして高堂。
それらのものと関わりながら家守としての、ゆったりとした時間がすぎていく。

 話はひとつの植物をテーマにした短編で構成されている。
一つ一つ短く、とてもたくさんの話があるように見えるが、すべてちゃんとつながっている。
 明治や大正という時代だろうか?
しめっぽい、しっとりとした日本の世界観を感じた。植物や四季の移ろい。心を持った(ように感じられる)植物、河童や小鬼、龍などの異形の者。高堂が住んでいると思われる、神々しい日常とはかけ離れた世界。
今の日本では感じられない(昔感じていたかどうか知らないけれど)世界がそこにはあって、とても落ち着く文章だった。
 梨木さんの本は、「からくりからくさ」を以前読んだ事がある。
りかさんという日本人形を扱った、現実のようで、すこし現実ではないような妖しい雰囲気の漂う、日本を感じる作品だった。
今まで他の作品を読もうかと考えていなかったけれど、今思えば大変好きな世界観を書いている作家さんなのではないかと思う。
また、なにか探して読んでみたい。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/107-f8421b2a

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。