☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.09
26
(Mon)

「しゃばけ」 

  

畠中 恵 / 新潮社(2004/03)
Amazonランキング:5,133位
Amazonおすすめ度:


 主人公は江戸有数の廻船問屋の一人息子一太郎。
 彼の周りで起こる殺人事件と、彼自身の生い立ちのなぞ、そして妖怪たちのファンタジーです。
 一太郎は幼少のころから体が弱い「箱入り息子」。そんな自分に葛藤を抱いている。
彼を幼いころから見守る使用人の佐助と仁吉は、実は「犬神」「白沢」と呼ばれる妖怪。
その他、屏風除きや、鳴家などの数々の妖怪が一太郎の周りにいて、悪戯をしたり、彼を助けたりしている。
ストーリーは、一太郎の家業である薬問屋を狙った謎の連続殺人事件と、それとともに徐々にわかる一太郎のと妖怪のつながり。
なかなか面白く読めました。
 そうなんだけど、読んだ"時期”が悪かったのです。丁度「京極夏彦」の怪談ミステリーにはまっていたので、すごく物足りなく感じてしまいました。
宮部みゆきの時代小説もしかりですが、こう、言葉の使い方、台詞、雰囲気、時代背景にふたつとも「重み」があって、深刻さや暗さも持ち合わせた上で「妖」がでてくる。
それに対して、「しゃばけ」は、台詞とかもう少し踏み込みがほしい感じです。
まぁ、この大御所と比べるほうが間違ってるんですが!
 ファンタジーとして読むには、明るくて楽しい本でした。
続編も何冊か出ているそうなので、機会があったら読みます。

 私は、あんまり読んだ本を酷評したりするのは嫌いです。読んだ本の感想を見たときに、ほかの人が批判していたらがっかりします。だから、よっぽど稚拙で退屈な本じゃない限り批評は控えたいなと思う今日この頃です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/11-bfe6decc

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。