☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05
30
(Tue)

「不思議図書館」 


寺山 修司 / 角川書店(2005/03)
Amazonランキング:123,522位
Amazonおすすめ度:



「寺山修司」という名前は聞いたことがあるけれど、具体的になにをしていた人なのか全く知らない。
それなのになぜ、この本を手にしたかというと、それは「表紙」である。やっぱり。
私の好きな装丁家、鈴木成一氏の手がけた表紙で、テレビの特集番組で紹介されていた。
少女モデルのhanae*が和装した、ふんわりした感じの表紙である。自体もくるんとしているところがあっておもしろい。

 本屋に行くと「家出のすすめ」「書を捨てよ、町へ出よう」「ポケットに名言を」など、おもしろそうなタイトルが並んでいた。
「不思議図書館」を手にしたのは、不思議な本を紹介しているというのに惹かれたからだ。

 中には、ロボットや魔術師、怪物、少女、などなど、アンダーグラウンドな、出会うことがなかったであろう文献が詰まっていた。
以下に紹介する項目ごとに、おもしろく、謎めいた書誌を紹介しながら、小林修司なりの見解も添えていく。たとえ、その本を手にしていなくても、簡単に流し読みしたように楽しむことができる不思議な本だった。
目次を見ても分かるように、少々内容は闇の雰囲気を漂わせている。変った特徴を持つ人間や、変った性癖なども紹介されているため、なんだか秘密の世界を覗き見しているような感覚に陥った。
海外の作品が多く、一体どこでこのような本達と出会えたのだろうと感動すら覚える。詳しく読みたくても見つからなさそうな本もたくさんある。似たような本はヴィレヴァンに並んでいそうだ。
「読書が好き」とよく言っているが、ここまでの探究心は持ち合わせていなかった。世の中には知らない本やテーマがたくさんあるみたいだ。

 
1◎市街魔術師の肖像
2◎ロボットと友達になる本
3◎書物の迷路あそび
4◎犬に読ませる本
5◎ひげのある女の実話画報
6◎フェチズムの宇宙誌
7◎大男を愛するための図鑑
8◎古雑誌の中の怪物たち
9◎推理小説ファンのための書誌
10◎賭博に関するおかしな本
11◎変った殺人のための大全科
12◎だまし絵の美術史
13◎食べ方を読む書物
14◎サディズム画集の中の馬男たち
15◎ドラゴンの謎を解く画報
16◎ナチュラル・マジックはあなたの魔法
17◎吸血鬼に関する文献資料
18◎歌うゴリラのシャンソン読本
19◎ポオの謎をとく書誌狩猟
20◎あゝ懐かしの少女雑誌の面影
21◎切り裂きジャックのナイフ入門
22◎千夜一夜の百科事典
http://book.blogmura.com/rpc/trackback/542
http://book.blogmura.com/rpc/trackback/541
http://book.blogmura.com/rpc/trackback/38100
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/115-5fb4a402

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。