☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05
07
(Sun)

「半落ち」 


横山 秀夫 / 講談社(2005/09)
Amazonランキング:91位
Amazonおすすめ度:


寺尾聡主演の映画がおもしろそうだなと感じたので購入して読んでみました。
アルツハイマーの妻を「楽にする」ために殺害するという痛ましい事件。
殺害後自首するまでの空白の2日間。
その間梶は何を思い、何をしていたのか。
感動的であるとよく紹介されているため、作品全体そういう雰囲気かと思っていました。
 話は、刑事である志木のから始まり、検察、報道記者、弁護士、裁判官、そして刑務所官吏の視点で進んでいきます。

 凶悪事件の捜査であわただしい中、事件は起こった。W県警教養課次席・梶聡一郎警部が、妻を殺害したのである。アルツハイマーだった梶の妻は、死んだ息子の命日まで忘れてしまい、母親でなくなってしまった自分自身を憂い、梶に殺してくれと懇願。梶は妻を不憫に思い、とうとう扼殺してしまったということだった。
 警察側はマスコミ対策に追われ、また、すぐ梶は自白し「落ちる」と考えられていた。殺害時の状況や後悔の念は正直に話した梶。しかし、殺害から自白までの空白の2日間について問われると、梶は口を閉ざしてしまった。「半落ち」である。
 そこからは、梶に捜査から裁判までに関わる者達の空白の2日間の真実が追われる。なぜ梶はそのまま自殺しなかったのか?自首するまで妻の遺体を置いたまま何をしていたのか?
 そして、2日の間歌舞伎町へ行ったことが明らかになる。しかし、梶は口を閉ざし、警察上部はその事実をもみ消そうとする。梶は誰に会いに、何をしに歌舞伎町へ行ったのか?
 それに付随して噴出する、警察内部の体制批判や、警察と検察の対立関係などが描かれていく。
 
 アルツハイマーという問題や、妻を手にかけるという重々しいテーマについて、そして梶が「誰のために」自殺せずに生きているのかについての描写は最後のほうだけで、ちょっと物足りない気もします。
 なぜ梶が生きようとしたのか、その理由はなるほど!と思いましたが、後に書く理由によりあまり感動できず…(残念)
 それより、前半、延々描かれているのは、警察の内部の腐った体制や、警察vs検察、それに抗えない人々の姿。少々堅い内容が続きます。関わった人たちの、梶が誰のために生きているのか知りたいという感情、真実を知りたいが、それゆえに彼を死なせてはいけないという感情についてはおもしろいと感じました。

 最後の「本書は二〇〇二年に…」のページは先に見てはいけません!(笑) そこに真実のヒントとなるとしか思えない注釈がついてますから。私、そこ、先に見てしまいましたから…。
 志木和正の章 (W県警本部捜査一課警視)梶の空白の2日間について真実を追おうとするが、圧力を掛けられ、結局「死に場所を探していた」という捏造証言に屈することとなる。その後も、真実を気にかける。
 佐瀬銛男の章 (W地方検察庁検事)警察が空白の2日間の証言を捏造していると踏み、警察に挑もうとする。しかし、こちらも圧力や警察の先回りにあい、やむなく断念。
 中尾洋平の章 (東洋新聞記者) 警察対検察の対立関係を確信し、梶の東京行きの真実を追おうとするが、先走りしすぎたため、記事は失敗。
 植村 学の章 (弁護士) 梶の弁護にあたることになる。2日間の謎、梶が待つ謎の便り。真実を知ろうとするが、梶の命守るために深追いしないこととなる。
 藤林圭吾の章 (W地裁裁判官) 捏造証言に気づき、真実に迫ろうとする。しかし・・。
 古賀誠司の章 (M刑務所刑務官)梶の収容されている刑務所で、「自殺可能性あり」の梶を見張る。今までの犯罪者にないタイプの梶が何のために生きているのか疑問を持つ。そして志木と出逢い、真実に立ち会うこととなる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/118-5508e977

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。