☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05
23
(Tue)

角田 光代, 佐内 正史 / 集英社(2005/11/18)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:


 この本は、めずらしく中身も見ず、後ろの解説も見ず、角田光代の本であること、表紙の写真の雰囲気、帯に書かれた「OFFタイムに読みたい本」を見て買いました。
中を見てみると、短編とそれにあう写真が添えられた本でした。
それにすら気づかずに買っていました・・・。

 写真の舞台は「東京」でした。佐内正史というカメラマンの写真でした。
1年をかけて、角田光代と、佐内正史が東京を巡った結果にできあがった作品でした。
東京出身でも、在住でもないので、たいした感慨が東京にはないのです。むしろ、めざましてれびなどで当たり前のように流れる東京の情報を見て、反発を覚えてしまうくらいですが・・・。
だから写真を見て「東京」を感じ取ることは難しかった。全体的にすこし、寂しい感じのする写真でした。


 短編はほとんど3~4ページ程度。間に関連した写真が入ります。写真は最後あたり以外は白黒でした。
主人公になっているのは若い女性。なんでもない思考と場面なので読んだらすぐに忘れてしまう。この作品がよかった、というのもない。
幸せな気分になるないようでも、癒しの内容でもない。むしろぼんやりとしていたり、ドライであったりしてすぐに結論も泣く終わってしまう内容。
 では、おもしろくないのか?と問われると、おもしろくないわけではない。
角田さんの書く文章は感想が付けづらい。けっして嫌いな雰囲気ではない。

 帯に書いてあることではないけれど、寝る前に、すこしだけ読む量にはちょうどいいかもしれません。

 
ファインダー
 まわる季節
 プラットホーム
 世界の終わり
 夜景
 父と歩いた日
 おだやかな楽園
 押し入れ
 レッスン 
 上等なカーテン
 スカイマンション403
 光の柱に
 ジュテーム
 金色の道
 見なかった記憶
 東京
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/121-02d963e2

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。