☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08
15
(Tue)

「捩れ屋敷の利鈍」 


森 博嗣 / 講談社(2002/01)
Amazonランキング:108,725位
Amazonおすすめ度:


 Vシリーズ第8作目は、「講談社ノベルズ20周年書き下ろしのスペシャル版」ということで、今までとは異なった風合いでした。
主に出てくるのは、保呂草潤平と、なんとS&Mシリーズの西之園萌絵だからです。
 S&Mシリーズから、20作品近く延々と読み続けてきた読者であり、かつ、推理云々だけでなくてキャラクターに思い入れがある人にとっては楽しい1冊なのではないでしょうか?
しばらく萌絵の出てくる作品に触れていなかったので、懐かしさが・・・。犀川先生のやる気のなさもひさしぶりです。
 こういう前シリーズの人物がひょっこり現れたり(漫画でも良くありますね)、つながりがある作品がつぼにはまるタイプです。

 保呂草潤平は、美術品鑑定士・秋野秀和として熊野御堂家のパーティに招かれる。(←秋野さんについては1巻参照。)これもまた、Vシリーズ5作目「魔剣天翔」と、6作目「恋恋蓮歩の演習」に出てきた関根朔太氏の「エンジェル・マヌーバ」と呼ばれる秘宝。
パーティで念願の秘宝を目にできるということで、保呂草は来訪した。
そこに、熊野御堂氏のネット友達である(えーと;;)西之園萌絵も、これまただまして連れてきた国枝桃子とともに参加していたのである。
萌絵はエンジェル・マヌーバではなく、もうひとつの披露される予定のもの、熊野御堂氏が趣味で作らせた建築物を目的として来ていた。
 その建物は、巨大な「メビウスの輪」。コンクリートで作られているが、紙のメビウスの輪と同じく、ねじれているのだ。中に入ってすすむこともできる壮大な建築物である。
中は幾重にも部屋で区切られ、部屋に二つしかないドアの片方のドアをロックしない限り、もう一方は開かないという特殊なつくりをしていた。
つまり、一度入ったら、輪を一周しなければ出られないのである。
 この「捩れ屋敷」に、秘宝「エンジェル・マヌーバ」が安置されている。
 事件はこの捩れ屋敷にて起こる。パーティの翌朝、捩れ屋敷の中で男性が殺害されているのが発見される。同時に、近くの作業小屋のなかで熊野御堂氏も殺害されて発見された。
捩れ屋敷は、鍵の性質上、犯人が中にいなければならないはずなのに、中を探った萌絵たちは発見できなかった。小屋のほうは、ドアは開かない構造。どちらも「密室」状態だった。
そのうえ、柱からとりはずせないとされた「エンジェル・マヌーバ」も忽然と姿を消していたのである。
 萌絵は、どうやって密室が作られたのか推理することになる。

 
 本自体は短いですが、なかなかおもしろい作品でした。ただ、頭の中で空間図形を描けない私には、なかなか想像のつきにくい話でしたが・・・。
メビウスの輪は分かるのですが、それが建築物になったときの部屋の中の状態や、ロックの仕組みがうまく描けない。
もうひとつの舞台「小屋」のトリックも頭に映像がでてきませんでした。
致命的です。

 秘宝についての顛末がおもしろかったなと感じます。
シリーズを読んでいれば分かるとおり、保呂草はエンジェルマヌーバを狙い続けてきた大泥棒。
今回は、萌絵がしてやられたことになりますね!
 その保呂草さんも、最後に紅子に会ったときに、西之園嬢に関する「情報」を聞いて愕然とするのですが。


 時系列から行けば、どうでしょう。Vシリーズは、保呂草や紅子が20代後半~30歳くらいの作品ですよね、多分。
紅子さんの息子「へっくん」は小学6年生くらいのはず。捩れ~では、萌絵が大学院なので、S&Mよりはすすんでいる。
そうすると、へっくんこと犀川先生の年齢を考えると(年齢なんて知らないけれど)、いつものVシリーズの20年以上は後ということになりますよね。
保呂草さんがお年をとられた雰囲気をかもしだしていないあたりが素敵ですが、確実に50~60歳くらいと考えられそうです。

 先日会った魅力的で危険な女性と、自分の焦がれる人の息子がつながりがあったなんて驚きですよね。はい。私達もおどろきですよ。
 
 こういう「遊び」のような要素を楽しむのも素敵な作品でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/128-b4491221

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。