☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.09
22
(Thu)

「空港にて」  


村上 龍 / 文芸春秋(2005/05)
Amazonランキング:1,495位
Amazonおすすめ度:



コンビニにて
居酒屋にて
公園にて
カラオケルームにて
披露宴会場にて
クリスマス
駅前にて    
空港にて

 村上龍の作品は高校のときに何作か読みました。
ほとんどが風俗というかアンダーグラウンドで、初心な(笑)私にはかなり衝撃的な内容のものでした。
あとは「69」を読んだことがあるくらいです。
この短編は、最近何人かの短編を読んだ中で一番よかったと思います。

「空港にては僕にとって最高の短編小説です。」
 解説でも語られていました。
この短編集は、ひとつは「海外に出て行く人」の小説です。
以前は未知の世界を知る行為だった海外旅行。
現代の出発は閉塞して充実感を得られない日本社会からの脱却を意味しているといいます。
 もうひとつは、「希望のようなもの」を書いた小説です。
今の文学に必要なのは、退廃、絶望を描くことではなく、希望だと。
普通の希望ではなく、個人特有の、小さくても多くてもいい、希望。
社会の有様をよく見ている人なんだと思いました。

「コンビニにて」は目眩がしそうなほど、本当に些細な一瞬の情景描写が細かくておどろきました。
「公園にて」の主婦たちの交錯する思考と行動。あまりにもリアルで、おそろしい場だ、と感じました。
一番よかったのは「空港にて」です。
すべてをあきらめてきた女性と、背中を押してくれる男性。
最後の4行にものすごく大きな「希望」を感じて私は、すごく、ほっとしました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/13-bda57dfb

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。