☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08
30
(Wed)

「ラッシュライフ」 


伊坂 幸太郎 / 新潮社(2005/04)
Amazonランキング:4,534位
Amazonおすすめ度:



 賢い泥棒黒澤は今日もうまく盗みに入ったつもりだった。
 リストラされて再就職先を探す豊田は拳銃を手に入れた。
 京子は不倫相手の妻を殺しに行く途中に動くバラバラ死体に出会った。
 父親の自殺を引きずる河原崎は自分の信じる「神」の解体に立ち会う。

 一見関係のない4者の物語。
 

 推理小説といえば、犯人や、その犯行の方法がどうだったのか、警察や探偵といった探偵役が暴いていくのが普通だ、と思います。
けれど伊坂さんのはちょっと違う。まぁ、まだ3作しか読んでいないのですが。だから、この作品は違うという言い方にしておきます。
 この作品は、主だった登場人物がいて、大きなひとつの事件を解いて行くという形ではありませんでした。
もちろん、話の中心を掠める主だった謎や事件があって、それが最後に分かるようなカタチですが、それを隠しているのは、物語全体の構造なのです。
この作品にはたくさんの、一見互いに関係のない人々が出てきます。彼らの中には、大きな犯罪に関わるものもいれば、軽犯罪を犯すものも入る。犯罪には関わっていないものもいる。
それらがどこかで少し接点を持ってきます。その少しの接点が話をおもしろくさせるのですが、最後の最後で、こうだと決めてかかっていたことが覆されてしまうのです。
この作品の場合はそれが「時系列」でした。事件の謎の真実と、話し全体の構造の真実。それがパズルみたいにパタパタと分かるすっきり感がたまらない作品です。

 それにしても、伊坂さんの作品に出てくるワルモノはなんてかっこよいのだろう。
この作品だったら、泥棒の黒澤。泥臭い泥棒ではなくて、クールで淡々としていて頭が良い。
「グラスホッパー」にも誰だかいたような気がするし、「陽気なギャング」は全員そうだった。
泥棒に入られるのは嫌だけれど、伊坂さんが書く泥棒にはどきっとしてしまう。


 最後まで読んでいると、この4者の起こす事柄の時系列が分からなくなってきます。
平行して描かれているようにも見えた話ですが、最後のほうで日がずれていることに気がつきます。
これはトータルで5日間の話なのです。
 この時系列の並びは、何気なく出てくる街中の外国人と、リストラおじさん豊田の会話のなかで簡単に並べることができます。
二人が2度目に出会った日を起点とすると、「3日前」に「力」が書かれた。これは塚本によるもの。
「2日前」には「夜」が書かれた。これは黒澤。「昨日」は「心」が書かれた。これは京子。そして「今日」の朝、「無色」が書かれた。これが豊田だ。

 これから考えると
「4日前」
 河原崎は、宗教団体の幹部である塚本に呼び出されて、「神」である高橋の解体に立ち会うように誘われる。
「3日前」
 河原崎は塚本と神の解体をあるアパートの一室で実行する。解体される死体を描く河原崎は、死体が高橋ではなく、塚本にはめられたと気がつき、塚本を殺害する。
「2日前」
 河原崎は、殺した塚本を生きているように見せかけてアパートの一室から連れ出す。
その隣人の黒澤は、死体を運んでいるとは気づかず、ドアを開けるのを手伝う。その際、「宝くじ」をひろう。
黒澤は「舟木」という男の家に盗みに入り、まんまと20万円せしめるが、帰りに強盗をする変った老夫婦に巻き上げられてしまう。
老夫婦は、トランクで高橋とされていたバラバラ死体を運ぶ河原崎に会っている。
黒澤は家でたまたま泥棒に入られるが、それは同級生の佐々岡だった。
「昨日」
 朝、佐々岡は、妻の京子に別れを告げ、黒澤は京子にいたずら電話をかけ、宝くじはそこにいた野良犬に託された。
妻の京子は、夫を殺す必要がなくなり、不倫相手の妻を殺すための拳銃を取りに行くが、コインロッカーの鍵を落としてしまう。
夜、恋人が車で人をひき殺し、それを運ぶ。しかし、死体が勝手に外に出たり、途中でバラバラ死体に変ったりする。
結局、自分のほうが、恋人とその妻に殺されかけていたことを知る。
「今日」
 狂乱した京子は、野良犬をはさみで殺そうとするが、しがない男に止められてしまう。
 犬の命を助けた豊田は、コインロッカーの鍵を拾うが、そこには拳銃が入っていた。
拳銃で郵便局に強盗に入るも失敗。親父狩りの若者を撃ち、リストラの原因となった上司・舟木を殺すことを決心する。
しかし、舟木の家に入ったところ、妙に落ち着いた泥棒がおり、舟木は気絶していた。
泥棒が逃げた後、金のことで慌てふためく舟木を見て、殺す気力を失う。
夜、撃った若者の仲間に襲われているところを、赤い帽子の若者に助けられる。
彼は、バラバラ死体と、自分の殺した男の死体を運んでいるという。
 ラスト
 豊田のもとに、画商の戸田が現れ、「賭け」をはじめる・・・・・。
 そして、豊田の犬が持っていたのは「宝くじ」だと外国人女性に教えてもらい・・・。

 かなり大雑把に書きましたが、流れはこんなかんじでしょう。
黒澤、京子、豊田がそれぞれおこす主な事件は、一日ずつずれていて、その全日に、河原崎の姿やバラバラ死体が関わってきていたのだ。

うーん。よく考え付くなぁ~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/132-67bbf9f7

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。