☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11
03
(Fri)

「となり町戦争」 


三崎 亜記 / 集英社
Amazonランキング:6,884位
Amazonおすすめ度:



 町の広報誌に「となり町との戦争のお知らせ」の文字。
しかし、日々の生活は変らず、戦争のにおいはない。
 ところが、北原のもとに「戦時特別偵察業務従事者」の召集令状が町役場から届けられる。
 広報誌には「戦死者」の文字。
 「戦争による健全な街づくりを!」のスローガン。
 いったいどこで戦争が行われているのか興味を持った北原は任務に就くことに決めた。
 役場の「総務課となり町戦争係」の香西さんと偽装夫婦となり、隣町に潜入する・・・・・・。


 「第17回小説すばる新人賞受賞作」ということで、なかなか話題にあがっていた本です。
 戦争が国家ではなく、町単位で、しかも「となり町が相手」という設定というところが、興味をそそられました。
 
 国家対国家の戦争を、そのまま町単位に落とし込んで、
「もし地球が100人の村だったら」のように、数字を身近にして戦争を実感させる話の流れかな、と思っていましたが、そうではありませんでした。

 普通の民間人が殺し合いをするような、悲惨な戦闘はなく、
読み進めても、読み進めても、戦争の実体がなかなか見えてこない。
自分の知らないところで何らかの戦闘があり、人が死んでいく・・・。
自分が偵察という形で戦争に加担していても、恐怖や危機感はまったくかんじられず、ちょっとしたスパイゲームのような感覚しか持つことができない。
 普段マスメディアで世界の戦闘を知っても、となりで核実験が起こっても、実感や恐怖は生活の意識レベルまで及んできません。
それが、となり町との戦争という、身近であるはずの生活圏でさえ、リアルな感覚を持てないということを描いた作品でした。

 (疲れているときに読んだので、真面目に戦争と絡めて考えることができなかったのですが)
戦争の進め方に細かくルールが定められている「お役所」仕事の押し出し方や、最後がなぜか恋愛で終わってしまったところに荒っぽさもありましたが、今までに見たことのない切り口の作品でおもしかったです。

■□ちなみに。
 表紙ですが、私の好きな鈴木成一デザイン室によるものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/150-828929dd

となり町戦争 

となり町戦争となり町戦争(-まちせんそう)とは、三崎亜記の小説、またはそれを原作とした2007年公開予定の日本映画。および同年5月上演予定の演劇/舞台。小説三
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。