☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01
08
(Mon)

「地下鉄に乗って」 


浅田 次郎 / 講談社
Amazonランキング:4618位
Amazonおすすめ度:



 最近映画になった「地下鉄に乗って」の原作です。
いつも映画より先に小説を読んでしまって、めんどうになって映画を見ないのですが、これは見てみたいですね。(←オジサン俳優の中で堤真一が結構好き。)

 いつもの地下鉄の駅を降りると、昭和39年の日本だった。
これは、主人公である真次が、過去にタイムスリップしながら憎んでいる父の過去を知っていく話です。
 真次の父・小沼佐吉は他人を蹴落としながら突き進んだ実業家。家族をもいたわらない傍若無人な態度。真次はそんな父の元から逃げ、家業は弟に任せ、いまは小さな会社のサラリーマンです。
 家族に暗い影を落としていたのは、そんな父と争い、結果、高校生で地下鉄に投身自殺を遂げた兄の存在でした。

 タイムスリップといっても、どうやって戻るか…という問題にはなりません。地下鉄の階段さえあればすぐに現代に戻ります。
最初は兄が死んだ昭和39年。兄の死の真相を知りたくて、過去への入り口に向かう真次ですが、その度に時代はどんどんさかのぼり、戦後直後、戦時中へと向かいます。
みち子と共に出向いた過去で、アムールという青年と、お時という女性に出会います。それは真次の父・佐吉と、みち子の母親でした。

 過去と現代を行き来し、アムールの生き様をさかのぼる中で、真次は知らなかった父の素顔を見ます。
そして、その先待ち受けている、真次とみち子の秘密と運命。
特に、みち子が最期、自分と母親と、恋人を秤にかけたところは衝撃でした。
家族の関係や愛情が悲しいけれど暖かく書かれた作品でした。
スポンサーサイト

コメント

よかったです☆ 

>猫まんま様

こんばんは。
リンクありがとうございます。
面白かったということで、よかったです(^^)
書いた甲斐がありました。

面白かったです。 

早速購入して読んでみました。
とても面白かったです。
ステキな情報ありがとうございます。

いつか、出来るだけ近いうちに(自信は無いですが)うちでも書いてみたいです。

ありがとうございます 

早速リンクさせていただきました。
これからよろしくお願いします。

 

こんばんは。
浅田さんは人情系、日本歴史系、中国歴史系・・・といろいろな雰囲気の作品があっていいですよね。
新撰組関係はまだ読んだことがないので読んでみたいです♪

こちらこそ、ぜひリンクお願いします(^^)

こんばんは 

浅田さんは新選組関係以外買ったことが無かったんですが、これは面白そうですね。特に文庫だし、購入してみようかと思います。

こちらにリンクさせていただいても宜しいですか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/165-fca585d1

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。