☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05
29
(Tue)

大崎 善生 / 新潮社
Amazonランキング:137095位
Amazonおすすめ度:



■キャトルセプタンブル
■容認できない海に、やがて君は沈む
■ドイツイエロー
■いつか、マヨール広場で

 恋愛を終えて、沈んだ後、いかに立ち直るかは人それぞれ違います。母親の昔の悲恋を想うことで浄化されたり、やけに陽気な父に励まされたことで前向きになれたり。逆に昔の恋人の面影をいつまでも追い続けたり・・・・。
この本には、喪失に遭遇した若い女の子の短編が4つ収められています。4作とも海外の情景が出てくることくらいで、まったくつながりのない話ですが、4つとも淡々としています。
 私は前半の2作が好きでした。どちらも、恋愛に敗れた少女が親の恋愛経験や考えを力に前向きになる話で、恋愛話に親というと変な感じがしますが、悪いかんじではありませんでした。
 大崎さんの本は、海外がよく出てきます。東欧のどこか切ない情景の街の風景。なぜそのような題材が多いのかは分かりません。そのためか、文章が淡々としているせいか、とても透明な水のような、印象を持ちます。
 あとは、そうですね、表紙の写真がとてもきれいです。いつもながら表紙で惹かれてしまいます。今回は「ドイツイエロー」ということででしょうか。外国の公園?の黄色い写真の装丁です。(ドイツイエローはグッピーの品種らしいですが)
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/175-672b0bb2

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。