☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02
25
(Sun)

原 倫太郎, 原 游 / マガジンハウス(2006/11/22)
Amazonランキング:972位
Amazonおすすめ度:



 昔話を英語翻訳機にかけて、そこからさらに日本語翻訳機にかけるとどうなってしまうのだろうか?という素朴な(?)疑問を実行した本です。
 すごい本を貸してもらいました。
とにかくシュール。シュールすぎて笑いが止まらない。
よくこんなことを思いついたものだと感心せずにいられない。
コレを読んだらなぜか、あぁ馬鹿みたいと幸せな気分になれますよ。

 タイトルからおかしい。
 
 「一寸法師 → A little law mentor →少量法律助言者」
 
   かっこいいけれど、あまり実力はなさそうです。

 「かぐや姫 →As soon as it smelled,princess →
  それが匂いをかがれるとすぐに、プリンセス」


   なんか、嫌。

 「桃たろう→  Peach Taro →モモタロイモ」

   親父ギャグ級。


 一寸法師はいつでも半狂乱だし、かぐや姫はお尻からやってきたらしいし、桃太郎は餃子を持って怪物ハントに。
わけが分かりません。

 コンピュータの翻訳機はクソまじめに、直球の直訳しかできないので、ニュアンスや例外を考えてくれません。おかげで、変なところで単語の意味が切られてぜんぜん違う表現になったり、「むかしむかし…」が「古代です。」なんてストレートすぎる表現になったり。実におかしいのです。
  おなじみのお話が、時に激しく、時にSFチックに、そして笑うしかない状況に。なにこれ?と何度も英訳と原文を読み返しては「え~!!」と驚かされます。

 表題の「Remix」が心憎いですね。
絵も、原文と翻訳文ではちょっと違います。
翻訳のほうは、めちゃくちゃになった珍訳ワールドを見事に絵で表していて、ニヤリとしてしまいます。
 お気に入りのフレーズがいくつか見つかると思うので、
息抜きに呼んでみてはどうでしょうか。
難しい人でなければプレゼントにもいいかもしれないですね。
お気に入りフレーズ集ー。
全部日本語書いてしまうと面白くないので英語だけのも書いてみます。
答えは本を見てくださいね。

<一寸法師>

"Whether they're some years has passed."

"any time collaboration“

「ドルスピナー」

<かぐや姫>

「原告たちに会う気は毛頭ありません。」

「無期限にさようなら。エネルギッシュ…」

<桃太郎>

「かつて某所に生きていました」

"Conceited youngster"

「エネルギッシュな外観でもどった」
スポンサーサイト

コメント

 

お久しぶりです。
たしかに、すでに発見されていた方にとっては、ちと悔しい本ですね(^^;)
絵はきれいではないですが、POPで面白いですよ。

夜逃げされたのですね。あらたにリンクお願いいたします。
忙しくてなかなか更新できませんが、
これからもよろしくお願いいたします。

こんばんは、引っ越しました 

こんばんは。普段一人で翻訳して遊んでいましたが、まさか同じ考えで出版されている本があるとは…。本文への関心は薄いのですが、絵は見てみたいです。

ところでご連絡が遅くなりましたが、まんまのブログは夜逃げしました(笑)。
諸般の事情で急遽引越しを敢行しましたためにお粗末なブログになってしまいましたが、これから少しずつまとめていきます。
内容に変更がありませんので、現在のままリンクをさせていただけたら嬉しいのですが…。不都合がございましたら、コメントにてご連絡ください。

新アドレスは http://nekomanma250.blog94.fc2.com/ です。
今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/177-72031cfe

一寸法師 

一寸法師一寸法師(いっすんぼうし)は、日本の説話|伽話の一つ。現在伝わっている話は御伽草子に掲載されたものが元となっている。あらすじ現在一般に知られている一寸法師のあらすじは、以下のようなものである。: 子供のない老夫婦が子供を恵んでくだ
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。