☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004.11
30
(Tue)

「流星ワゴン」 


重松 清 / 講談社(2005/02)
Amazonランキング:6,456位
Amazonおすすめ度:


「きよしこ」の重松さんの作品で、日本石油の看板チックな表紙が気になって買いました。

 主人公は、永田という男性。
家庭は崩壊寸前。妻はテレクラで男と不倫を重ね、息子は中学受験に失敗し家庭内暴力をふるう。
永田自身も会社からリストラされ、小遣いほしさに、ガンで余命いくばくもない父親を訪ねていくようになっていた。
そんな駄目男が「死にたい」と漠然と考えていたとき、「オデッセイ」に乗った、幽霊親子があらわれた。
オデッセイというところがリアル(笑)
その父子は5年前に交通事故で死亡した幽霊。彼らは「たいせつな場所」へ連れて行くと言った。
そして、タイムマシーンのように、永田を過去のあらゆる後悔のポイントへと連れて行く・・・。

 どこで道を間違ったか分からない。ソレに気づいたときはもう遅く、変えることは出来ない。
このオデッセイで過去に戻ってもソレは同じ。見つけても何も変えられない。
これからどう生きるかにかかっている。誰もが持ってる葛藤じゃないかなと思う。

 この物語には3組の「父と子」が出てきます。
ひとつは、永田と息子。
ひとつは、永田とその父親(チュウさん)。
そして、幽霊の橋本と息子。
彼らそれぞれがわだかまりを持ってていたり、分かり合えないところがあった。
物語の中で全て解決はしなかったけれど、最後にいい方向に迎えているのは確か。
特に、チュウさんが息子への思いを爆発させるところと、橋本さんと息子の絆が現われる場面には本当に感動しました。

 私は、父にも息子にもなれませんが、父と息子って、娘とはなにか違う絆があったりするんでしょうか。親子の関係の難しさとおもしろさが描かれていました。
親が自分の年に何を考えていたか、私が子どもを持ったときに、子どもの年で何を考えていたのか、考えるのって中々おもしろそうですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/18-4a9c3d71

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。