☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03
17
(Sat)

『ぬるい眠り』 


江國 香織 / 新潮社(2007/02)
Amazonランキング:159位
Amazonおすすめ度:



 ラブ・ミー・テンダー
 ぬるい眠り
 放物線
 災難の顛末
 とろとろ
 夜と妻と洗剤
 清水夫妻
 ケイトウの赤、やなぎの緑
 奇妙な場所


 江國香織さんの久しぶりの短編小説集です。
名作の「きらきらひかる」の十年後を描いた「ケイトウの赤、やなぎの緑」が収められているので、すぐに買いました。(いや、収められてなくても買っていましたが。)
 ちなみと朗という夫婦、同性愛者のちなみの弟。ちなみと夫の朗が出会った「奇妙なサロン」。そこにいるのが徐々に睦月と笑子であること、ちなみの弟が紺くんの新しい恋人であることが分かってきます。
分かりやすい完結をしなかった物語は、その後の彼らがどうしているのか気になってしまいます。
だからちょっとうれしい作品でした。

 他には「江國香織とっておき作品集」に収録されていたものが5作。これらの多くが初期の作品になります。
 蚤に悩まされるうちに、恋人にも愛しい猫にも愛着を抱けなくなった女性を描いた「災難の顛末」は、なぜか印象的でした。
 江國さんはこういう短編が、ちょっとずれた不思議な世界があって好きです。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして 

>カナさま
はじめまして。
江國さんは、典型的な不倫のお話などよりも、
こういう余韻を楽しむ短編のほうが好きです。
よくわからないですが、なにか、いいんですよね(^^)

はじめまして。 

この本読みたかったんですが、
レビュー見ていて、やっぱり読みたくなってきました。
私も、江國さんのずれた世界感が好きです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/181-f1450288

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。