☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08
25
(Thu)

「続巷説百物語」 


京極 夏彦 / 角川書店(2005/02/24)
Amazonランキング:4,686位
Amazonおすすめ度:


巷説百物語に続く第2弾。第百三十回直木賞を受賞 。

 御行の又市・おぎん・治平の一味と、考物の百介の暗躍。
個々は違う問題を追っているようでも、全てつながっているという、深い構造の話になっています。
前章に出てきた人が出てきたり、諸悪の根源に当たり者が現れたり。
おぎんの過去や、もっと深くかかわってくる小悪党も登場して、いろいろな裏話が出てきます。
仕掛けもダイナミック。
前作の事件のすぐあとに起こる事件などもあって、時系列をたどるのもおもしろそう。

 最後のほうは、6年の空白を飛んで、その後の話、結末が書かれています。
百介が、日のあたる世界と、影の世界のどっちつかずの立場から、ようやく離れる決心をつけます。
6年間に何があったかは、詳しく書かれていないので、かなり気になります(^^;)
なんだか寂しくなる結末です。
(後巷説~もあるらしいので、そこで少しはわかるかなぁ?百介が語る昔話らしい)

 ただ、760ページ近くあるので、時間がある時に読みましょう!
新幹線の中で読み始め、気になって、鹿児島ついてからも読んでたくらい。
わくわくします。
気になって寝られないって・・・。はまります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/19-f6ecc46e

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。