☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05
14
(Mon)

アガサ クリスティー, Agatha Christie, 矢沢 聖子 / 早川書房(2003/10)
Amazonランキング:111066位
Amazonおすすめ度:



 アガサ・クリスティと探偵・エルキュール・ポワロのデビュー作である「スタイルズ荘の怪事件」です。
クリスティは中学のころ好きだったのですが、よくよく考えるとあまり作品を読んでいません。
「そして誰もいなくなった」を先日読んだので、今回は最初の作品を読んでみることにしました。

 内容はこのような感じです。
 ヘイスティングスは旧友の招きでスタイルズ荘に招かれます。しかし、屋敷の女主人の不信感を抱かせる新しい主人が、周囲の反感を買い、そのおかげで屋敷の中は張り詰めた空気になっていました。
ヘイスティングスが招かれてしばらくたったある晩、女主人は何者かによって毒殺されてしまいます。
その捜査を、ベルギーから亡命し、偶々近くに住んでいたエリキュール・ポワロが探ることになります。
ポワロは元警察の私立探偵で、ヘイスティングスの親友でもあります。
遺産をめぐり怪しい人物は此処彼処に。誰が老女を殺害したのか・・・・・・?

 屋敷に遺産という推理小説の典型でありきたりなんじゃ・・・と思ったらそんなことはありません。
クリスティの作品は誰がやったのか、気になって引き込まれてしまいます。
コミカルなポワロと、負けず嫌いのヘイスティングスのコンビも面白い。ポワロに認められるべく知恵を絞ったり、ポワロにそれくらい気づくだろうと子馬鹿にされていらだったりするヘイスティングスにはちょっと驚きましたが。
 舞台が非常にダイナミックなオリエント急行などと比べたら、基本という感じですが面白かったでし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/192-7ba3a4da

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。