☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07
20
(Fri)

「青列車の秘密」 


アガサ・クリスティー, 青木 久恵 / 早川書房(2004/07/15)
Amazonランキング:4736位
Amazonおすすめ度:



 
 アメリカ人の富豪オールディン氏は、娘のために「火の心臓」というルビーを手に入れます。ルビーの受け渡しをめぐる数人の名前が伏せられた怪しい人物たちの動きから話は始まり、ちょっとスリラー。
 オールディンの娘、ルース・ケタリングは、父親の勧めで夫のデリクと離婚することに決めます。一方のデリクは、ミレーユという女性と愛人関係にありますが、財政的に危機的な状況にあり、離婚はあまり望まれるものではありません。いっそルースが今死んでくれれば莫大な遺産が転がり込むのに…と考えてしまいます。

 イギリスのセント・メアリ・ミード村では、とある老婦人が亡くなり、キャサリンという世話をしてきたコンパニオンに遺産をすべて相続するという大ニュースが起こります。慎ましく暮らしてきたキャサリンは、村を出て、知らなかった世界を見てみることに決めます。遺産の一部をどうにかして掠め取ろうという欲望が見えていましたが、彼女は親類誘いを受けて、リヴィエラに向かいます。

 キャサリンは、ブルートレインの中で、見知らぬ貴婦人と言葉を交わしました。婦人は今からリヴィエラへ恋人に会いに行くこと、夫とは離婚調停中であること、恋人のことは父親が認めていないことなどを話しました。
 翌朝、キャサリンはその貴婦人-ルース・ケタリング-が客室内で殺されていたことを知らされます。

 同じ列車には、偶然夫のデリクやミレーユがのっていました。警察の聞きこみからデリクに疑いがかかります。しかし、ルビー「火の心臓」が失踪していたことからも、他にも疑わしい人物が何人か現れます。
 痴情のもつれか、秘宝をめぐった犯罪なのか。
 同じ電車に乗り、オールディンから依頼を受けて調べているポワロは、意外な人物を犯人だと考えます。


 

スポンサーサイト

コメント

 

はじめまして、こんにちわ。
こんな簡単な記事ですが、読んでいただくきっかけになってうれしいです。
たまにクリスティなど海外の古典的なミステリを読みたくなる波がやってきます。
たくさん作品があるので、気長に全部読めたらなぁとおもいます。

 

こんにちは。 この記事を読ませていただいて、アガサ・クリスティーやエラリー・クイーンに夢中だった日々のこと、思い出しました。 ポワロのキャラが強烈で、それがやけに印象に残っています。 この作品は読んだことない(多分。 忘れてるだけかも?)のですが、またクリスティー作品を読んでみたくなりました。 紹介してくれてありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/210-40b43859

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。