☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07
30
(Mon)

江國 香織 / 光文社(2007/06)
Amazonランキング:630位
Amazonおすすめ度:



江國香織さんの最新文庫の「思いわずらうことなく愉しく生きよ」です。

 3姉妹のそれぞれの結婚・恋愛を描いた作品です。
次女の治子は外資系企業で働くキャリアウーマン。仕事もさることながら恋愛にも力を注いでいて、売れないライターの熊木と同棲している。熊木の存在がとても大切で好きで好きでたまらないという感じであるが、熊木のプロポーズは断り続けている。結婚そのものに興味がない(仕事の邪魔だからとかいう理由ではない)。
 三女の育子は、自動車教習所で働いている。決まった恋人というものがなく、色々な男性と付き合い、肉体関係を持っている。それは友情のひとつ。愛情はなく、愛情やそのようなものにあまり期待を抱いていない。昔から男女の関係にとても興味を持って、考えて、行動してみた結果という感じ。三人の中で一番母親や父親と連絡をとっている。
 そして、長女の麻子は結婚七年目で、夫から暴力を受けている。夫は少しでも気に入らないこと、自分の思い通りのことをしなかったとき、激高し、麻子に暴力を振るう。殴られたり、首を絞められたりするが人にばれるほどの暴力は振るわない。暴力を振るわれる恐怖よりも、夫に見放される恐怖のほうが勝るという悪循環に陥っている。

 江國さんの長編は、ちょっと風変わりな価値観をもった女性が出てくるような気がします。とてもマイペース。この作品の3人も、すこし変わっているそれぞれ違っているタイプの女性です。
 ドメスティック・バイオレンスという江國さんにしては、とても読むのにパワーのいる題材が使われているのが特徴でしょうか。DVという思い問題の行く末が気になってしまい、読むのが少しつらいけれど読まずにはいられないという感じでした。
 
DVは普通の人から見たら、なぜ逃げないのだと疑問を持ってしまいますが、この本の麻子のように普通の世界からかけ離れた、二人だけの恐怖の世界に生きてしまっているのかもしれません。暴力を振るわれるという事実だけ見れば、そのような人間とは離れて当然なのですが、当人たちにとっては互いを失うことが恐怖。夫は相手が自分の思い通りにならないことが恐怖。妻は夫に嫌われないよう、自ら夫が望むであろう枠組みにはまっていく。読んでいる側にとっては、早く「正気」に戻ってくれと願うばかりでした。
 麻子の家庭事情が目立ってしまいますが、他の二人もそれぞれの問題を抱えています。治子は熊木との仲に暗雲が、育子は、初めて手順をおっていく付き合いをしていくようになります。二人の行く末も気になる話です。

 
スポンサーサイト

コメント

 

>石田さま
確かに麻子は「まとも」になっていく感じがしますね。
いつもは歪んだまま流れていくかんじですね。
江國さんはほとんど無条件に購入します☆

 

江國香織さん、大好きです。
歪んだ登場人物をまっすぐに書いているところが。
珍しく、登場人物がまともになっていくお話な気が☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/212-348efe71

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。