☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08
27
(Mon)

「チルドレン」 


伊坂 幸太郎 / 講談社(2007/05/15)
Amazonランキング:658位
Amazonおすすめ度:



 自分独自のルールでずんずん突き進む陣内。ゆっていることはめちゃくちゃだけれど、最終的には彼の言ったとおり。そして不思議とうまくいく…。厄介だけど憎めない、陣内をめぐる5つの小事件。

 やっぱり伊坂さんの描く話はカッコいい。子どもがちょっと素行が悪くて強い子に惹かれるような感じ。そして、シャープな文章も好きです。
 本作の中心人物、陣内は、最初から破天荒な人物。「パンク」では、銀行強盗で人質となった彼。そもそも時間外に無理やり入ったことが悪かったのだが、人質にされているにも関わらず、しゃべったり、犯人を挑発したり、挙句の果てに歌いだす始末。その歌ったビートルズの歌はとんでもなくうまい。そんな陣内の人柄と、突飛な行動が、一緒に人質になった友人の鴨居、事件を発端に仲間になった、盲目の永瀬や、その彼女優子、家裁調査官の後輩・武藤と、彼らの視点から描かれます。
 最初は自分勝手さにいらっときてしまう陣内ですが、話を読んでいくうちに、陣内がなにを言ってくれるのか、どうやって解決してくれるのか楽しみになってくるから不思議です。
陣内は、大学を卒業した後は家裁調査官になり、これもまた独自なやり方で少年たちの更生をかけて「奇跡」を起こします。彼の言葉は失礼で粗暴ですが、それは悪意がなく、本心からいった言葉。不思議な魅力が彼にはあります。
 また、少年非行と、その更生というテーマがですが、説教じみていたり、分かったふりをしていない印象があって、よかったです。色々調べてかかれたんだろうなぁと思います。
 少年の心をほぐしていく過程や、ちょっとしたハプニングに、ミステリー作家ならではのトリックが効いていておもしろいです。そしてなかなか温かい結末を迎えるので素敵な話になっています。

スポンサーサイト

コメント

 

先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/222-1dae4eb6

チルドレン 伊坂幸太郎 

独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、 なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の数々―。 何気...
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。