☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10
12
(Fri)

柴崎 友香 / 河出書房新社(2006/03/04)
Amazonランキング:95330位
Amazonおすすめ度:



 ちょっと身勝手な男の子の横恋慕。いつでもどこでも寝てしまうマイペースな女の子。関西弁でリアルなワカモノの恋愛の一風景を描いた短編2編。


「次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?」は、東京へ旅行へ行こうとするカップルの車に、友人男二人が便乗してしまう話です。
 小林は、ルリちゃんと話をしたいがために、無理やり友人の「コロ助」を引き連れて、恵太とルリちゃんの車に乗り込んだ。進路変更、アレが食べたいだの、コロ助に迷惑をかけるだの、最初から我侭ばかりでドライブを邪魔する小林にイライラすることこの上なし。誰の目に見ても分かるくらい、ルリちゃんの機嫌をとろうとするが、ルリちゃんは、そんな小林には興味を示さず、恵太にめろめろという感じである。挙句に自分勝手な小林に「そんな人嫌い」と一撃。
 大阪から東京までのドライブという短い時間で、彼らの恋愛や、小林くんの将来への迷いなどが詰まっているという青春な一遍です。

 「エブリバデイ・ラブズ・サンシャイン」は、失恋を気に寝てすごすようになった女子大生の話です。
 工藤さんは、花田君という男の子に失恋してしまった現実から目をそらすように、寝てすごすようになった。久しぶりに大学に出てきた彼女だが、気がつくとすぐに眠りに落ちてしまう。寝ないと今年の抱負を掲げたにもかかわらず、寝る。これもまた、こちらがイライラするように何処でも、どんなときでも寝てしまうのです。そんな超マイペースな彼女も新しい恋を見つけます…。
スポンサーサイト

コメント

 

こんばんは。トラバありがとうございます。
なかなか最近PCをひらけず・・・。
この本もずいぶん前に読んでいますね。
懐かしいです。

 

会話のセンスと空気感がよかったですね。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/230-c9eb5a41

次の町まで、きみはどんな歌をうたうの 柴崎友香 

どこかで真夜中に、ぼくは何度目かの失恋をした。 大阪発東京、カップルと男2人。それぞれの思いを乗せたドライブ旅行のゆくえは。 変わ...
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。