☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09
30
(Sun)

映画「かもめ食堂」 


/ バップ(2006/09/27)
Amazonランキング:61位
Amazonおすすめ度:



 群ようこさん原作の「かもめ食堂」の言わずと知れた映画です。

 フィンランドで食堂を営むサチエ(小林聡美)。素朴な日本の食事を出す、身近な食堂を目指し、お客さんはさっぱりだけれどのんびり構えてやっている。日本かぶれのトンミ君に「ガッチャマン」の歌を教えるべく、歌詞を聞いたことで知り合ったミドリさん(片桐はいり)や、鞄を空港でなくしてしまい、途方にくれるマサコさん(もたいまさこ)らが加わり、かもめ食堂もにぎやかになっていきます。
 彼女達のスロウライフも見ものですが、やはり「かもめ食堂」のメニューが心を躍らせます。コーヒーやシナモンロールは、すぐにでもコーヒーを入れたくなります。そして、オーソドックスなおにぎり!明日のお昼はおにぎりにしようと思ってしまいます。素朴だけれど、間違いなく美味しそうな食事が出てくるので、おなかがすいてしまう映画でもあります。
 美味しそうな食事に、フィンランドののんびりした雰囲気や、かもめ食堂のインテリア、お客さんが徐々に増えていく微笑ましさ。とても心が和む映画です。

 小説の登場人物がそのまま映像になったといってもいいほどのベストなキャスティングだと思います。さばさばしたサチエも、せっかちなミドリも、どこか貫禄のあるマサコもぴったり。トンミ君をはじめ、近所のおばさん3人組や、夫に逃げられた女性など脇役もいい味が出ています。小説に出てこなかったのはマルックさん。サチエに美味しいコーヒーの淹れかたを伝授するも、店に忍び込んで昔の自分のコーヒーメーカーを持ち出そうとしたおじさんです。原作にも泥棒は出てきましたが、こちらのほうがいろいろな事情を持っていますね。

 同じスタッフで作られる映画「めがね」も是非見てみたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/231-357d88be

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。