☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10
25
(Thu)

松尾 スズキ / 文藝春秋(2007/08)
Amazonランキング:1048位
Amazonおすすめ度:



 オーバードーズで精神病院に送り込まれた明日香の、自分と向き合う怒涛の14日間。


 劇団・大人計画の松尾スズキ氏による小説です。芥川賞候補作でもあったそうです。内田有紀主演で映画かもされるようです。(最近見もしないのにエンターテイメント関係のよく読んでるなぁ)

 薬の大量摂取(オーバードーズ)で死にかけた明日香が担ぎ込まれたのは精神病院。目を覚ましたら手足を拘束され、「クワイエットルーム」という特別病室に入れられていた。冷たいナースに、拒食・過食・自傷などの複雑な状態の患者達。私は正常でこんなところにいる必要はない!という明日香だが、恋人の鉄夫に迎えに来てもらえず、しばらく入院する羽目に。

 奇想天外な発想をする松尾スズキ氏のことである。冒頭の明日香の夢がはちゃめちゃだったり、精神的に弱い人達の話であるので、どんなエキセントリックな話になるのかと不安な読み出しだったのですが、全然違いました。終わり方がすっきりした決別というかんじで、とても気持ちのよい話でした。
 
最初は、様々なぶっとんだ患者たちがコミカルに登場してきます。明日香は自分は正常で、違う違うという思いが強まるのですが、束縛の強い病院、迎えに来てくれない恋人の鉄夫やとんでもない親切をしてくれる友人のコモノ君という「外」の世界の人との接触を通して、自分が不安定であることに気がつき始めます。
 そして、盗み癖のある西野という患者により鉄夫からの決別の手紙を読まれてしまうことで、自分が過去や現在の自分から逃げて、異常な方法で深みにはまってしまったことを漸く自覚するのです。

 退院して、鉄夫や、仲良くなった患者たち、そしてクワイエットルームと完全に関係を断ち切ることで、ようやくもとの道に戻って新しく進みだすラストが好きです。なんとも荒療治な出直しでしたが、今っぽくて非常におもしろい作品でした。
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/237-3b9a5365

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。