☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.07
12
(Tue)

「巷説百物語」  


京極 夏彦 / 角川書店(2003/06)
Amazonランキング:3,395位
Amazonおすすめ度:


ミステリー大好きなのに、実は読んだことなかった京極作品。
夏の100冊にもあるということで読んでみました。
500ページもあって読み応え抜群!(といっても一日で読了・・・。)

小豆洗いに柳女・・・・。
「百物語」ということで、妖怪の話かと思いきや違いました。
(そいや、私は小学校のとき妖怪大辞典という怪しい本をよんでおりました;;;)
妖怪の仕業に見せかけて、人間の問題を、裏で公にせずに解決していくという、まさに「必殺仕事人」のような小説でした。
御行乞食・小股潜りの又市、山猫廻しのおぎん、事触れの治平という小悪党一味と、考物(作家)の百助が、悪事を闇に葬っていきます。

妖怪が最初から存在のではなく、人がそう思うから存在する。
どの話も人間の悲しい一面、ゆがんだ一面が描かれていました。
だから、すべてが丸く、ハッピーエンドに終わるわけではありませんでした。
なんだか、夢枕獏の「陰陽師」に書かれてることと、本質は一緒かなと感じました。

時代物のミステリーっていいですね。
平安時代の「陰陽師」、江戸時代の京極夏彦と宮部みゆきの作品。
どれもツボにはまっています。
現代のミステリーもおもしろいけど、時代モノのほうが人間のいいところ・わるいところがストレートに伝わってくる感じがします。

今度は又市が出てくるシリーズの「続巷説百物語」「嗤う伊右衛門」をよみたいですね。
後巷説のほうが有名でおもしろそうだし。
あと、「姑獲鳥の夏」!こちらは映画で公開されるそうですが、京極堂という人が事件を解決していく話ということですごく気になります。

・・・・。でもこんなのばっかりで、本棚がなんだかダークになっていきそうです・・・。
なにかもっと別のジャンルのよい話教えてください。

♪BGM♪ 矢井田瞳 孤独なカウボーイ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/24-882073a9

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。