☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11
10
(Sat)

「沖で待つ」 

亡くなった同期と交わしていた約束を果たすために彼の部屋に侵入する・・・。会社の同期との友情を描く一作。


絲山 秋子 / 文藝春秋(2006/02/23)
Amazonランキング:39226位
Amazonおすすめ度:



 2006年の芥川賞受賞作「沖で待つ」です。
角田光代さんのような感じかなと思って借りてみました。なんでそう思ったんでしょう。お二人の年齢が近いせいかも知れないし、芥川・直木賞を受賞されているからかもしれません。近からず遠からずで似た雰囲気があるんじゃないかなぁと思うのですがどうでしょうか。

 表題作「沖で待つ」は住宅機器メーカーに勤める主人公の及川という女性と、牧原太という同期入社の二人の話。二人は恋愛関係にあるわけではないが、入社直後から二人で福岡配属になり、苦楽をともにしてきた仲である。太は上司と結婚をするが、及川に互いが死んだ場合、恥ずかしい痕跡を消すために、残ったほうが部屋に忍び込み、パソコンのデータを消そうという約束をする。
 冒頭で分かることであるが、太は何らかの理由で(後に分かる)なくなっており、久しぶりに彼のアパートが会った付近に立ち寄った及川が、彼との思い出を述懐するという内容。
 業務内容の書き方が、働いた人じゃないと分からないような描き方だと思ったら、糸山さんは住宅機器メーカーIに勤められていたそう。おそらく、実体験もこめられているんでしょう。
 
 もう一作「勤労感謝の日」は、勤労感謝の日嫌々見合いをさせられる36歳・失業中の女性の話。女性は36歳という年がネックでなかなか再就職にありつけていない。それまではバリバリ働いていた女性のようである。上司と喧嘩し、また交通事故に会い、人生ストップしてしまった状態だ。そんな彼女が見合いしたのは、不細工で自称会社大好き・できる男という興ざめな男だった。見合いを投げ出し、昔の後輩や行きつけの古い居酒屋の親父に愚痴る、そんなとある「勤労感謝の日」を描いた一作。なんだかうまくいかないし、ついてないけど、ここまできたんだし、まぁなんとかなるでしょうというなんとなく前向きな話でした。
 どちらも働くことがテーマにあって、働く泥臭さが出ていました。
沖で待つは本当に一所懸命働いてきた充実の日々を同期の存在を通してかみ締めている。私はまだ働き出して2年目で、本当にがむしゃらには働いてはいないと思うし、同期はいるけどともに戦うという感じではない。「一緒にがんばろ~ね~」くらいだし、みんな遅かれ早かれ転職してしまい、自分が一番やめずに残ってしまいそうな感じまでする。ずっと続けるのはしんどいとか、働かないでいる人生もむなしいとか色々うだうだ考えてしまう日曜日の晩ですが、こういう話を読むと、それこそ色々考えてしまいますね。まだまだスタートなんですよね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/241-bea7990f

果ての花火-銀座開花おもかげ草紙 

 「吉原手引草」で直木賞を受賞した著者の受賞後第1作。「銀座開化」シリーズの続編となる連作短編集である。  多くの幕臣が地方へ移り住むなか、宿敵を討つため東京・銀座に残った31歳で旧旗本の次男・久保田宗八郎が主人公。大名子息で洋行帰りの伊達男・戸田三...
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。