☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11
16
(Fri)

「ホテルカクタス」 

ホテルカクタスという名前のふるいアパートに暮らす「きゅうり」と「帽子」と「数字の2」の友情のものがたり


江國 香織 / 集英社(2004/06/17)
Amazonランキング:69505位
Amazonおすすめ度:



 最近の4040にしては珍しい、秋の「和やかな」読書の時間にぴったりの本です。
この本の主人公は人間ではありません。きゅうりと帽子と数字の2という生物であり、モノであり、概念です。これらが同じアパートで暮らし、仕事をし、語らい、友情を育んでいるという変わった作品です。隣人のいさかいから出発した彼らの関係は、きゅうりの部屋にあつまり、お酒を飲みながら(2は下戸なのでグレープフルーツジュース)話をしあう仲になります。お互いのことを語り合ったり、故郷や家族の話や、眠れない夜、揃って旅に出たり、ちょっぴり苦い恋愛をしたりするというユニークな内容。

 きゅうりの中には食べられてしまうものはいないの?2の部屋にあるいすや毛布たちには人格はないの?などなど、設定の細かいところを疑問にもち、詰めていくとダメですよ。

 おもしろいのは、きゅうりや帽子や数字の2に与えられたキャラクターだとおもいます。
 「きゅうり」は運動が大好きで、とても健康的です。青々とした体を持ち、細かいことは気にせず、大胆でおおらかな性格の持ち主です。ガソリンスタンドで働く(!)若者です。そして故郷(南のきゅうり畑)や家族・親戚たちをとても愛しています。
 「帽子」は古い帽子で、中年から初老という感じでしょう。旅をしてきたのでしょう。豊富な人生経験を持ち、少し偏屈で、ばくちと酒とタバコが好き。とても汚いお部屋ですが、多くのカメを飼って暮らしています。
 「数字の2」は真面目で几帳面、神経質だけど、実は少し寂しがりやな青年です。役場で働いていて勤勉です。数字の14を父に、7を母に持ち、割り算で生まれ、兄弟たちもみんな2です。
 
 なんとなく、きゅうりや帽子や2というモノたちが、ひとだったならば、こういう性格をしていそうだと感じずにいられない。とてもうまく人格が与えられているなぁと感動してしまいました。

 江國香織さんはどちらかというと恋愛小説が有名なのですが、絵本やその翻訳なども書かれています。子どもももちろんですが、大人が楽しめる作品もあると思います。この「ホテルカクタス」は絵本ではありませんが、絵本みたいな感覚を味わえます。挿絵があるのですが、アパートの風景ばかりで、そこにきゅうりや帽子や2の姿はありません。もしかすると、人間の住んでいるアパートで、知らない間にきゅうりや帽子や2が仲良くなっているのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/243-adae7249

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。