☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11
30
(Fri)

「海」 

小川洋子さんの深い文章が味わえる七編の短編集。


小川 洋子 / 新潮社(2006/10/28)
Amazonランキング:154454位
Amazonおすすめ度:



よくミステリーばかり読んでいて、他にはなにか読まないのか、恋愛小説は読まないのかと聞かれます。恋愛小説・・・たとえば、高校生の”純愛”ものや、壮絶な愛だとか、不倫だとかの本はあまり手に取りません。じゃぁ何を読んでいるかと聞かれて考えてこんでしまいます。たとえば、この小川洋子さんの作品は「THE恋愛小説」ではありませんよね。本を読むのは好きですが、なにに分類されるのかいまいち分かりません。確かに「ミステリー」「歴史」「恋愛」だと分かりやすい区分だけど、それだけじゃないでしょう。

 小川さんの書く話は不思議です。現実的な場面のように見えて、どこかでふっと幻想的で、秘密めいた世界が現れる。周りは学校や仕事がある、普通の世界のようなのに、その主人公のいる場所だけが、どこか違う異国のようで、切り取られているような感じがする。「バタフライ和文タイプ事務所」などはその典型かもしれない。タイプライターを打つ仕事の女性と、タイプライターの備品を管理する謎めいた男性の話で、とても淫靡な感じだ。それにしても、タイプライターが小川さんの話にはよく出てくる。
 
 かと思えば、とても暖かい話もある。「缶入りドロップ」なんかは、とても短くて単純な話なんだけど、ほっとしてなんだかいい。失語症?の少女と男性のやりとりがかたられる外国の童話のような「ひよこトラック」や、ガイドの母を見守る息子の話である「ガイド」も暖かい話だ。赤の他人の死を見取るという、なんともやるせない終わり方をする「風薫るウィーンの旅6日間」も好きだ。

 どの話もいいなぁと思える話ばかりです。
短時間で軽く読書で一息したい方にオススメです。
<収録作品>

風薫るウィーンの旅六日間
バタフライ和文タイプ事務所
銀色のかぎ針
缶入りドロップ
ひよこトラック
ガイド
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/247-d49a3b2b

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。