☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01
19
(Sat)

「ナ・バ・テア」  


森 博嗣 / 中央公論新社(2005/11)
Amazonランキング:2753位
Amazonおすすめ度:



「スカイ・クロラ」シリーズの2巻目の「ナ・バ・テア」です。

 「none but air」、つまり「空気しかない」ということでしょうか。

 このシリーズは、1作目「スカイ・クロラ」がシリーズの中で一番最後になるもので、2作目からは過去に何があったのか探っていく形になる。それでなくとも、設定が現代社会ではないにもかかわらず、余計な説明が一切ないため、設定やことの真相をより知りたくなってしまう。秘密めいた作品だ。結末を最初に与えられしまうと、その結末に向けて、主人公がどういう道を辿っていくのかとても気になる。最初に読んだラストに繋がる内容を拾っていきながら読むのはとても楽しい。でも、森博嗣さんの作品だから詳しい真相なんて結局分からないまま終わってしまうんだろうなと思う。もちろん、時系列に順番にこの2作目の「ナ・バテア」から読むのも悪くないと思うけれど、どっちがよかったかはもう試すことはできない。
 また、そういう内容もいいけれど、シンプルで研ぎ澄まされた世界観がこの作品の好きなところ。

 あらすじはみなまで書いてもおもしろくないので、適当に。

 主人公の「僕」は、永遠を生きる子ども“キルドレ”で、飛行機に乗り飛ぶためにだけ生きていると思っている。新しいチームに配属された僕。そのチームには尊敬されている「ティーチャ」と呼ばれる飛行士がいた。僕は彼と一緒に飛べることになった。
 この主人公の「僕」は徐々に女性であること、そして、1巻目で登場した草薙水素であることが分かってくる。この「ナ・バテア」は草薙が飛行士として飛んでいたころ、それも若くて頭角を現し始めるころの話だ。


↑鈴木成一デザイン室による装丁<ハードカバー>

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/260-50684a60

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。